FC2ブログ

白神岳 追良瀬川

2020-09-28
去年の赤石沢に続き、世界遺産 白神山地、追良瀬川の川旅に出掛けました。
(2020-9/22-24 同行者M野、N上氏。*津軽森林管理署長様に許可を得て入山しました。)

1-IMGP4934 (680x510)(五郎三郎沢出合の滝遠望)

五能線 白神岳登山口駅より陸奥岩崎駅へ。

2-IMGP4914 (680x489)

タクシーで追良瀬橋へ。

3-IMGP4916 (680x510)

追良瀬堰堤先からはいよいよ追良瀬川へ。

4-IMGP4918 (680x510)

5-IMGP4921 (680x510)

6-IMGP4924 (680x510)

股下までの徒渉を何度もまじえながら、広く嫋やかな川を進みました。

7-IMGP4929 (680x510)

8-IMGP4931 (680x503)

9-IMGP4933 (680x509)

初日は五郎三郎沢出合下手の幕場に泊まりました。

10-IMGP4935 (680x505)

翌日も良い天気で、早出しました。

11-IMGP4942 (680x510)

12-IMGP4946 (680x510)(人面岩)

途中、本流よりウズラ石沢に入り、白神岳を目指します。

13-IMGP4953 (680x510)

本来、二日目はウズラ沢中流域の幕場に泊まり、三日目に白神岳を目指す予定でしたが、入山直前で三日目の予報が悪天に変わり、どうしても晴れた山頂から日本海を望みたかったので、予定を変えてこの日に白神岳を目指して頑張りました。

14-IMGP4958 (680x509)

15-IMGP4959 (680x510)(最上部白神岳直下)

16-IMGP4963 (680x510)(藪漕ぎゼロで白神岳脇へ跳びだしました)

17-IMGP4966 (680x510)

19-IMGP4968 (680x510)

念願の日本海が望めました。

20-IMGP4980 (680x510)

改装された避難小屋には、登山道整備の方々8名に加え、高年者の団体8名が待機されていて、流石に入宿は断念しました。
テントを持たない(タープのみ)我々には山頂稜線でのビバークは厳しく、日本海に沈む夕日を肴に一献という夢を泣く泣く断念し、下山に移りました。

21-IMGP4976 (680x510)

23-IMGP4996 (680x510)

24-IMGP4997 (680x764)

25-IMGP5000 (680x504)

26-IMGP5001 (680x506)

27-IMGP5005 (680x510)

28-IMGP5010 (680x504)

29-IMGP5012 (680x508)

最終日は、沿岸をのんびり移動し、岩舘の渋い宿に泊まり、目の前にある漁港で鯵を釣ったりして過ごしました。
その翌日からは、森吉山 ノロ川 桃洞沢に行く予定でしたが、悪天の為、予定を切り上げて帰京しました。

30年前に、『 沢登り 入門とガイド 』( 吉川栄一著 山と渓谷社 1990年発刊 )という沢のガイド本に出合って以来、擦り切れるほど愛読し、この本に大きな影響を受け、沢の世界を広げてきましたが、白神 追良瀬川はその中でも最も憧れていた溪でした。
今回は、30年来の願望が実現した、念願中の念願の山行でした。
本書では、この沢について、『セカセカと遡る事はやめ、五日ほどかけて、のんびり過ごしながら遡ってほしい』と記されている。
本当はそうしたかったが、どっしりと構える事ができず、今回のように足早に駆け抜けてしまいました。
また再訪し、次は、この人類の遺産である素晴らしい森の中を、もっとゆったりと遡りたいと思います。

同行のN上氏、M野氏に感謝致します。

宜しくお願い致します。
  ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 アウトドアブログ ハイキングへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ



スポンサーサイト



tag :

『高尾の天狗とミドリの平日』(氷堂リョージ著)にて小仏峠、登山詳細図販売所が紹介されました。

2020-08-29
まんがライフ10月号(竹書房)『高尾の天狗とミドリの平日』(氷堂リョージ著)にて小仏峠、登山詳細図販売所が紹介されました。

図1 (680x455)

氷堂先生、ありがとうございました!
(*画像は先生の許可を得てUPさせて頂いてます。)

宜しくお願い致します。
  ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 アウトドアブログ ハイキングへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ



tag :

中津川 佐武流川 佐武流山

2020-08-21
十数年振りで、佐武流川を再訪した。(2020-8/19.20、同行者 M野氏、N上氏。)

1-IMGP4886 (680x510)(佐武流山)

秋山郷、切明の東電歩道からスタート。

2-IMGP4851 (680x510)

すぐに吊橋で、中津川を左岸へ。

3-IMGP4853 (680x489)

急坂を高差150mほど登ると水平歩道となります。

4-IMGP4860 (680x507)

小黒部とも呼ばれるこの径は、変化に富み、水平快適でわくわくする径路です。

5-IMGP4862 (680x499)(鳥甲山遠望)

6-IMGP4865 (680x510)

対岸正面に佐武流川が見える辺りで、本流川床を目指し下降します。

7-IMGP4866 (680x506)

佐武流川出合は意外と貧相です。ここから入渓。

8-IMGP4867 (680x510)

9-IMGP4871 (680x510)

溪魚も豊富です。

10-IMGP4869 (680x510)(M野氏。テンカラ)

1400mAL地点に幕営。
初日は小アクシデントがあり、自分は臥せってしまい、翌日の体調回復に努めました。

11-IMGP4873 (680x510)

N上氏が岩魚寿司3種(プレーン、漬け、昆布締め)と稲荷寿司を握ってくれ、絶品でした。

12-IMGP4874 (680x510)

翌朝も快晴。6:20にテン場を出発しました。

13-IMGP4878 (680x507)

14-IMGP4883 (680x510)

何とか体調も回復し、先週の不甲斐なさは挽回できたと思います。

15-IMGP4885 (680x510)

詰めは高差100m程、藪を漕ぎ、佐武流山北肩の稜線登山道に達しました。

16-IMGP4887 (680x510)

上信越国境稜線、白砂山が遠望出来ました。

17-IMGP4890 (680x510)(清津川源流部)

そして山頂へ。十数年前に佐武流川を遡行した際に、事情から断念せざるを得なかったピークで、感激でした。

18-IMGP4891 (680x510)

19-IMGP4896 (680x510)

下山路は長大で、辛めコースタイムで5時間。途中、西赤沢源頭で苗場山へのラインと分かれます。

20-IMGP4898 (680x510)

21-IMGP4899 (680x510)

ここからワルサ峰迄が、下山なのにアップダウンが連続し、暑く難儀しました。

22-IMGP4900 (680x510)

やっとで楢俣川に達し、横断。更に左岸を130mHも登り返し楢俣川林道へ。

23-IMGP4904 (680x510)

24-IMGP4908 (680x510)

更に林道を2時間以上歩き、17時40分に駐車スペースに帰着しました。
実に11時間半行動の一日でした。

25-IMGP4909 (680x510)

体力、脚力も多少戻りつつあると実感できた山行でしたが、本調子にはまだまだ程遠いです。
今週もお二人に感謝の山旅でした。

26-図1 (680x610)

(コースタイム)
8/19 切明 6:40-佐武流川出合 8:40-AL1400m幕場 12:30 (泊)。
8/20 幕場 6:20-稜線登山道 11:00-佐武流山往復 12:00-ワルサ峰 14:30-楢俣川横断点 16:10-切明 17:40.


宜しくお願い致します。
  ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 アウトドアブログ ハイキングへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ



tag :

片品川 根羽沢湯沢 鬼怒沼

2020-08-14
体力維持を兼ねて、今週から沢行を再開しています。
天候その他を考慮し、手頃な表題の沢に行ってきました。(2020-8/12.13、同行者 N上氏、M野氏。)

1-IMGP4836 (680x506)(鬼怒沼)

大清水より入山。

2-IMGP4807 (680x510)

入渓してすぐにF1、10mが現れ、左岸を高巻く。

3-IMGP4811 (680x510)

4-IMGP4813 (680x907)

5-IMGP4815 (680x505)

F1の高巻き以降は快適で、ナメの連なる渓相が印象的でした。

6-IMGP4817 (680x510)

7-IMGP4818 (680x510)

日帰りの沢ですが、AL1450m付近の中間部で、幕営し、のんびり進みました。

8-IMGP4821 (680x502)

翌朝は7時過ぎに出発。

9-IMGP4822 (680x510)

10-IMGP4825 (680x510)

11-IMGP4826 (680x510)

12-IMGP4827 (680x907)

詰めが急で、最後は笹薮漕ぎもあり、不覚にも大バテして、仲間に迷惑を掛けてしまいました。

13-IMGP4830 (680x510)

14-IMGP4831 (680x496)

稜線からは物見山を迂回し、鬼怒沼方面への登山道へショートカットしました。

15-IMGP4832 (680x510)

そして鬼怒沼へ。

16-IMGP4835 (680x507)

17-IMGP4837 (680x507)(物見山)

18-IMGP4838 (680x505)(根無草山方面遠望)

19-IMGP4839 (680x510)(監視小屋)

20-IMGP4843 (680x510)

物見山経由、物見山新道で大清水へ下山します。

21-IMGP4845 (680x510)

22-IMGP4846 (680x510)(四郎岳)

23-IMGP4848 (680x510)(尾瀬、笠ヶ岳遠望)

先週、山に行った筈なのですが、調子が出ず、苦闘の登りとなってしまいました。
世情から調査山行も中断していて、山に登る絶対回数が減っているのもありますが、とにかく運動不足で、身体が弱っているようです。メンタルをリセットし、巻き返さねばと思っています。
同行のお二人に感謝です。

図1 (680x383)

(コースタイム)
8/12 大清水 9:30~湯沢入渓点10:30~AL1450m付近 13:00 (幕営)。
8/13 AL1450m付近 7:10~稜線10:20~鬼怒沼11:00-12:00~物見山 12:30~入渓点14:30~大清水15:30。

宜しくお願い致します。
  ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 アウトドアブログ ハイキングへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

tag :

妙高山

2020-08-10
先週、家族で妙高山に登りました。(2020/8/5に実施。)

1-IMGP4789 (680x510)(山頂より火打遠望)

燕温泉を5:20に出発。

2-IMGP4744 (680x510)

3-IMGP4746 (680x510)

4-IMGP4749 (680x449)

5-IMGP4753 (680x510)(六合目の天狗堂)

6-IMGP4756 (680x510)(光善寺池)

7-IMGP4762 (680x510)

8-IMGP4763 (680x509)(鎖場遠望)

9-IMGP4767 (680x907)(鎖場下端)

三田原方面、外輪山が見えました。

10-IMGP4769 (680x510)

11-IMGP4771 (680x510)

12-IMGP4776 (680x510)

13-IMGP4780 (680x510)(最高点、大神。)

三角点のある山頂へは5分ほど。

14-IMGP4781 (680x510)

ガスが切れて、頚城山塊の展望が広がっていました。

15-IMGP4785 (680x510)

16-IMGP4786 (680x510)

17-IMG_0757 (680x510)

山頂は天国で、暫しのんびりしていきました。

18-IMGP4791 (680x907)

下山は赤倉方面へ。

19-IMGP4792 (680x510)

20-IMGP4793 (680x507)(大谷ヒュッテ)

21-IMGP4798 (680x510)

スカイケーブル休業中(コロナ対策)の為、ゲレンデを下ります。

22-IMGP4799 (680x510)

良く来るゲレンデですが、雪が無いのも新鮮で悪くなかったです。

23-IMGP4801 (680x907)

今日のゴール、赤倉観光ホテルまであと僅か。

24-IMGP4804 (680x510)

26-IMG_0813 (680x508)

27-IMG_0816 (680x506)

28-IMG_0821 (680x510)

登り標高差1300m、降り1600mは良き鍛錬になりました。
天候にも恵まれ、家族での良き休暇となりました。

宜しくお願い致します。
  ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 アウトドアブログ ハイキングへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ


tag :
<< topページへこのページの先頭へ >> 次のページへ >>