長尾尾根 熊倉山北尾根 郡内図追加踏査

2017-06-21
梅雨の晴れ間を狙って、笹尾根北面の追加踏査に出向きました。

1-IMGP0129 (680x510)(長尾尾根、844AL南から浅間尾根、大岳山遠望。)

武蔵五日市駅より数馬行きバスで南郷下車。

2-IMGP0117 (680x509)

3-IMGP0118 (680x510)

熊倉林道始点の落合橋手前より一旦入渓。

4-IMGP0119 (680x510)

5-IMGP0120 (680x488)

水流を二度横切り、長尾尾根末端に取り付きます。
末端より良い踏み跡が続いていました。

6-IMGP0122 (680x510)

7-IMGP0125 (680x503)

上部にあるAL944地点南に伐採地があり、東面の展望が広がっていました。

8-IMGP0127 (680x510)(東側には、長大な万六尾根が横たわっていました。)

9-IMGP0130 (680x510)

最後は、笹尾根、熊倉山東の小ピークに出ました。

10-IMGP0131 (680x510)

笹尾根の熊倉山~栗坂峠区間が未踏査だったので、往復して調べました。

12-IMGP0137 (680x907)

熊倉山に戻り、北尾根を降ります。

13-IMGP0139 (907x680)

道型が末端の熊倉沢径路まで何とか続いていて、地図に載せられる可能性を感じました。

14-IMGP0142 (680x510)

15-IMGP0144 (680x510)(熊倉沢径路)

熊倉林道を進むと、入山した落合橋が見えてきました。

16-IMGP0147 (680x510)

笹尾根の連行峰~浅間尾根間の北面には、矢沢、熊倉沢などが流れる広大なエリアが広がるが、登山道は一切なく、縦走路から北面にエスケープ出来ない区間でした。
また熊倉沢や人気の軍刀利沢を登る際に、車でアプローチした場合の有効な下山路として、今回のルートはトポに記載されています。
自分も沢屋なので、下降路の詳細が登山地図に記載されていたら、役に立つと考えます。
長尾尾根は、本当に判り易く歩き易い径でしたが、都有林という事を踏まえて、記載方に注意を図って行きたいと思います。

どうぞお宜しく願い致します。
  ↓  ↓  ↓  ↓

にほんブログ村 アウトドアブログ ハイキングへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ



スポンサーサイト
tag :

『六甲山系登山詳細図/西編』 完成。展開店舗一覧

2017-06-15
2年半前に作成スタートした『六甲山系登山詳細図/西編』 が無事完成しました。

IMG_1071 (680x907)

西編はA全紙裏表両面印刷の縦使いで、須磨浦から六甲有馬ロープウェイ、山頂駅付近までの88コースが収録されています。

IMG_1072 (680x907)

連作である『東編』(六甲山、ロックガーデン、東おたふく山、甲山とその南北の山々を収録)も、西編の予想を超えた人気と予約状況を受けて当初9/1発売の予定を前倒しして、急遽7/1に発売が早まりました。

六甲両表紙画像 (680x587)

6/17(土)には、摩耶山掬星台にて、摩耶ロープウェイ 星の駅売店 MONTE 702さまの出店により、下記のイベントで初売り販売をさせて頂きます(雨天時中止)。(MONTE 702さま売店では常時販売です)

IMG_1032 (680x474)

6/15現時点での展開店舗一覧です。
今週末より、上記MONTE 702さまと、須磨浦、旗振茶屋さまで先行販売を行い、書店様は来週末以降より、登山用品店さまは7/1以降の発売となります。

『六甲山系登山詳細図』発売店舗(6/15現。以降増える予定です。)

(現地先)
摩耶ロープウェイ 星の駅売店 MONTE 702
須磨浦 旗振茶屋

(書店)

ジュンク堂書店 
三宮、神戸さんちか、三ノ宮駅前、住吉、芦屋、西宮、大阪、難波、京都、舞子、姫路、明石、梅田ヒルトンプラザ、あべのハルカス、高槻、藤沢、大宮、立川、池袋、松戸、盛岡、新潟

丸善(丸善&ジュンク堂含)
梅田、丸ノ内、日本橋、川崎、津田沼、多摩センター、岡山、松本、札幌

紀伊國屋書店
神戸、梅田、グランフロント大阪、西神、加古川、川西、本町、高槻、京橋、新宿、横浜

ブックファースト
梅田2F、梅田3F、宝塚、西宮、西宮ガーデン、西宮エビスタ、六甲、阪神尼崎、なんばウォーク、野田アブラ、京都

くまざわ書店
尼崎、明石、加古川、天王寺、阿倍野、ポーズなんばウォーク、すみのどう、奈良、けいはんな、和歌山MIO、津久野、京都ポルタ、四条烏丸、桃山

喜久屋書店
神戸北町、北神戸、西神中央、神戸学園都市、名谷、阿倍野

大垣書店
神戸ハーバーランド、イオンモール京都

旭屋書店
なんばCITY、天王寺MIO

田村書店
千里中央、武庫川荘、猪名谷


アミーゴ書店六甲道、福家書店神戸、アシーネ新神戸、パルネット北鈴蘭台、宝塚書店、ブックランドサンクス宝塚ソリオ、井戸書店、オリオン書房ノルテ、書泉グランデ、八重洲ブックセンター本店、有隣堂横浜西口、厚木、

(登山用品店)

石井スポーツ
大阪、三ノ宮

好日山荘
神戸、グランフロント大阪、なんば、あべのハルカス、西宮山口、有馬、明石大久保、姫路、

モンベル
大阪駅前、阿倍野、なんばCITY、六甲、三宮、マリンピア神戸



先週は、神戸、大阪に滞在し、地道な営業活動を行って来ました。
お陰様で、多くの関西の店舗さまにご賛同を頂き、文字通り、ゼロからこの店舗網を構築させて頂く事が出来ました。

IMG_1034 (672x907)

7月頭には東編の発売も控えていますので、関西の皆様のお手元に六甲図がお届け出来やすいよう、引き続き営業に努めて参りたいと思います。

どうぞお宜しく願い致します。
  ↓  ↓  ↓  ↓

にほんブログ村 アウトドアブログ ハイキングへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ



tag :

群内図追加踏査 倉岳山北東尾根 高畑山北尾根 大桑山北尾根

2017-05-30
『甲斐郡内東部登山詳細図』追加踏査で、倉岳山~大桑山北面のバリエーションルートに出向きました。
(2017-5/29に実施。協力者 Sさん。)

1-IMG_1029 (680x510)

JR梁川駅より桂川を渡り倉岳山方面へ。

2-IMGP0075 (680x510)

3-IMGP0076 (680x510)

倉岳山登山口。

4-IMGP0077 (680x510)

35mで北東尾根入口へ。

5-IMGP0078 (680x510)

中部で小さな岩稜が出てきます。

6-IMGP0082 (680x510)

自然林の美しいルートでした。

7-IMGP0083 (680x510)

北西尾根と合流し倉岳山へ。

8-IMGP0087 (680x484)

9-IMGP0092 (680x510)

高畑山まで再踏査し、北尾根を調べるSさんと分かれ、大桑山へ。

10-IMGP0100 (680x510)

途中、秋合宿で調べた高取山方面と大月カントリーが眼下に見えました。

11-IMGP0102 (680x510)

12-IMGP0105 (680x510)

大桑山からは北尾根を降りました。

13-IMGP0107 (680x510)(獣ネットが続き、上~中部は判りやすかった。)

中部にある平坦地の美しい自然林が印象的でした。

14-IMGP0110 (680x510)

最下部が不明瞭ですが、この祠が取付きになります。

15-IMGP0111 (680x510)

鳥沢駅へは桂川の川床に下り、登り返して戻りました。

16-IMGP0114 16-(680x506)

17-IMGP0115 (680x491)

鳥沢駅でSさんと合流し、この日の踏査を終えました。

18-DSC_0254 (572x907)
(小篠のイトヒバ、Sさん撮影)

倉岳山北東尾根は明瞭なルートで悪場も無く、鳥沢駅から倉岳山への最短距離ルートでもり、有効な近道として地図に掲載できればと思いました。
大桑山北尾根も自然林が美しく、このエリア唯一の登路として紹介したいです。

お手伝い下さったSさんに感謝致します。

どうぞお宜しく願い致します。
  ↓  ↓  ↓  ↓

にほんブログ村 アウトドアブログ ハイキングへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ



tag :

洒水の滝、二十一世紀の森 箱根.湯河原登山詳細図踏査

2017-05-23
丹沢詳細図で監修を担当頂いている、前田京剛氏が作成されている 『 箱根.湯河原登山詳細図(仮称)』の踏査に参加してきました。

7-IMGP0067 (680x510)(二十一世紀の森、展望所より駿河湾、国府津方面遠望)

2-IMG_1017 (680x510)

山北駅より洒水の滝へ。そこから二十一世紀の森方面に向かいました。

1-IMGP0054 (680x907)(三段で落差130mもある洒水の滝)

IMGP0055 (680x510)

3-IMGP0057 (680x510)

このエリアだけで3度目となる踏査で、複雑な森内の遊歩道を手分けして調べました。

4-IMGP0061 (680x510)(Nさんと作者の前田教授)

5-IMGP0064 (680x495)

6-IMGP0066 (680x509)

8-IMGP0071 (680x503)

9-IMGP0072 (680x510)

山北駅前の『 ポッポ駅前屋 』さんで打上げてこの日の踏査を終えました。

10-IMG_1021 (680x477)

『 箱根.湯河原登山詳細図 』は、一年前より前田さんを中心に15名以上のかたの御協力で踏査が開始され、現在、約95%の踏査が終了し、2018年、1月の発売を目指して作成が進んでいます。
土日祭日の踏査なので、殆ど御協力出来ませんでしたが、駒ヶ岳エリアの最終踏査には是非参加したいと思っています。

前田さん、協力者の皆様に頭の下がる想いで、厚く御礼を申し上げます。

どうぞお宜しく願い致します。
  ↓  ↓  ↓  ↓

にほんブログ村 アウトドアブログ ハイキングへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ



tag :

奥只見 袖沢 ミチギノ沢

2017-05-19
今シーズン最後のBC山行、奥只見のいつもの沢で、釣り、山菜、テレマークスキーを楽しんできました。
(N上氏同行。2017-5/16-18 )

1-IMGP0022 (680x510)

アプローチは小豆温泉より黒檜沢沿いで。

2-IMGP0008 (680x510)

3-IMGP0007 (680x510)(ルート上にはイワウチワが至る所に咲き乱れていました。)

4-IMGP0010 (680x510)

5-IMGP0013 (680x510)

6-IMGP0014 (680x510)(三ッ岩岳避難小屋)

御神楽沢方面へミチギノ沢を下降。

7-IMGP0015 (680x510)

動画です。
↓        ↓       ↓        ↓
[広告] VPS


二俣上にベースを設営。

8-IMGP0021 (680x510)

スキーを滑らせて釣りに出向きました。

9-IMGP0024 (680x510)

10-IMGP0026 (680x510)

ベースに戻り、岩魚刺身、山菜天麩羅などを作ってゆったり過ごしました。

11-IMGP0032 (680x510)

未丈ヶ岳に沈む夕日が美しかった。

12-IMGP0034 (680x510)

翌日も早起きして、釣と山菜採り、スキーなどを楽しみました。

1-IMGP0039 (680x510)

2-IMGP0038 (680x510)

ベースに戻り、料理を楽しみました。

3-IMGP0040 (680x510)

4-IMGP0042 (679x735)

この日はイタリア料理にして頂きました。

5-IMGP0044 (680x510)

最終日はベースを撤収し、5:30には歩き出しました。

6-IMGP0046 (680x510)

7-IMGP0049 (680x510)

三日目は小雨交じりで寒かった。

8-IMGP0051 (680x510)

桧枝岐に立ち寄って、風呂に行き、断ち蕎麦を食べ、歌舞伎所を眺めて帰りました。

9-IMG_1006 (2) (680x508)

10-IMG_1007 (2) (667x907)

11-IMG_1010 (2) (680x491)

12-IMG_1012 (2) (680x493)

今シーズン最後のスキー山行は、自分の山のスタイルの原点と云える、雪上での沢生活を楽しむ事が出来ました。
夏の沢登りよりも好きなスタイルです。

来週より新たな山生活と前向きなライフスタイルをおくっていきたいと考えています。

どうぞ宜しくお願いします。
↓↓↓↓

にほんブログ村 スキースノボーブログ バックカントリーへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ



tag :
<< topページへこのページの先頭へ >> 次のページへ >>