FC2ブログ

朝日連峰縦走③ 3日目 大朝日岳~小朝日岳~鳥原山~朝日鉱泉

2020-10-27
....②より

1-IMGP5278 (680x510)(鳥原山より大朝日、小朝日)

翌朝は薄暗い5:20に大朝日岳避難小屋を出発。

2-IMGP5238 (680x510)

高曇りですが、見通しは最高でした。

3-IMGP5242 (680x505)(小朝日岳)

4-IMGP5245 (680x510)

紅葉が素晴らしかったです。

5-IMGP5249 (680x490)(黒俣沢.黒倉沢源頭の紅葉)

6-IMGP5253 (680x510)

小朝日岳に登り返すと、雄大な大朝日岳が眼前に。

7-IMGP5265 (680x510)

8-IMGP5267 (680x510)

小朝日岳から鳥原山までの紅葉も良かったです。

9-IMGP5272 (680x510)

10-IMGP5276 (680x334)

11-IMGP5279 (680x510)

鳥原山東には湿原帯が。

12-IMGP5285 (680x510)

13-IMGP5296 (680x504)

14-IMGP5304 (680x510)

15-IMGP5306 (680x510)

朝日鉱泉に到着。前日、大朝日岳山頂から予約していたタクシーが待っていました。

16-IMGP5305 (680x510)

鉱泉前広場から振り返ると、大朝日岳が大きく聳えていました。

17-図2 (680x614)

(コースタイム)
2020年
10/20 泡滝ダムⓅ 12:50 ‐ 大鳥池 タキタロウ山荘(避難小屋)16:15(泊)。
10/21 山荘4:45 - 以東岳8:40 - 西朝日岳14:30 - 大朝日岳避難小屋 16:00 - 大朝日岳往復 (泊)。
10/22 大朝日岳避難小屋5:15 - 小朝日岳 7:20 - 鳥原山 8:30 - 朝日鉱泉10:45。

朝日連峰は沢登りでは、手強い沢が多く、山スキーのフィールドとしても、最近まで余り紹介されていなかった為、なかなか訪れる機会がなかった。
数年前に割に手頃な、朝日俣沢の沢行を企てたが、実現に至らず、去年は、古寺から大朝日岳の山スキーを企てたが、これも実現できなかった。
今回はメインとなる部分を縦走でき、前述のルートを含め、周囲の山々と山域の概念も良くのみ込むことが出来たと思う。
先ず、次春には、古寺から大朝日避難小屋、大朝日岳、中岳周辺の大斜面、という夢の計画が実現できそうである。

大鳥池、以東岳に行こう、と誘ってくれたSさんに感謝、Mさんにも感謝の山旅でした。


宜しくお願い致します。
  ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 アウトドアブログ ハイキングへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ



スポンサーサイト



tag :

朝日連峰縦走② 2日目 大鳥池~以東岳~寒江山~大朝日岳

2020-10-25
...初日より続く。

1-IMGP5189 (680x510)(以東岳より大朝日岳へ続く縦走路)

二日目は3時半起床、4:40にヘッテンを点けてスタート。

2-IMGP5162 (680x540)

以東岳直登コースへ。

3-IMGP5165 (680x509)

4-IMGP5170 (680x510)

5-IMGP5174 (680x510)

標高1200m過ぎで森林限界となり、草原の登りとなります。

6-IMGP5175 (680x510)(化穴山 堂々たる容姿の山だが、登山道は一切ないという。)

以東岳避難小屋を過ぎ、

7-IMGP5185 (680x510)

以東岳山頂へ。

8-IMGP5187 (680x510)

9-1IMGP5192 (680x510)(大鳥池)

9-2IMGP5193 (680x510)

翌日予定のあるMさんと此処で別れた。
Mさんに山形駅までレンタカーを返しに行って貰い、誠にお世話になりました。

9-IMGP5191 (680x510)(Mさん。)

Mさんは、オツボ峰へと縦走し、大鳥池に下山されました。

10-IMGP5194 (680x510)(オツボ峰への稜線)

我々は大朝日岳を目指し、縦走継続します。

11-IMGP5188 (680x500)

12-IMGP5198 (680x510)(以東岳)

13-IMGP5200 (680x509)(ハクサンイチゲ)

14-IMG_3043 (680x510)

15-IMG_3045 (680x510)

16-IMG_3050 (680x510)

17-IMG_3052 (680x510)(通過した狐穴小屋を振り返る)

18-IMG_3061 (680x510)

19-IMG_3064 (680x510)(相模山。三面ダムへと長い尾根が続いています。)

20-IMGP5211 (680x503)

かなり歩き、西朝日岳から中岳へ。

21-IMGP5218 (680x510)

22-IMGP5220 (680x510)(祝瓶山。今度行きたい!)

23-IMGP5221 (680x510)

金玉水で水を汲み、

24-IMGP5222 (680x510)

大朝日避難小屋に荷物を置き、

25-IMGP5223 (680x510)

大朝日岳山頂へ。

26-IMGP5230 (680x510)

奇跡的にガスの切れ間から辿ってきた山々が顔を出しました。

27-IMGP5229 (680x510)

12時間行動でしたが、何とか大朝日避難小屋まで辿り着けました。

三日目に続きます....

宜しくお願い致します。
  ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 アウトドアブログ ハイキングへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ




tag :

朝日連峰縦走① 初日 泡滝ダム~大鳥池

2020-10-24
東北 朝日連峰を縦走しました。(2020-10/20~22、同行者 Sさん、Mさん。)

1-IMGP5157 (680x510)(大鳥池暮色)

いつも踏査で御世話になっているSさん、Mさんと泡滝ダムを13時前にスタート。

2-IMGP5131 (675x907)

ガイドのSさんより、紅葉の朝日連峰に行こう、と誘われ、踏査メンバーのMさんにも御声掛けし、今回の山行が決まりました。

3-IMGP5132 (680x510)(Sさん)

4-IMGP5134 (680x510)

5-IMGP5141 (680x907)

6-IMGP5142 (680x505)

赤川右岸の登山道を進みます。

7-IMGP5143 (680x510)

紅葉が進んでいました。

8-IMGP5155 (680x510)

10-IMGP5158 (680x510)

夕刻に大鳥池に到着。

9-IMGP5156 (680x498)

避難小屋のタキタロウ山荘へ。

11-IMGP5159 (680x907)

12-IMGP5160 (680x510)

この日の利用者は我々のみで、鍋を囲み楽しく過ごしました。

二日目に続きます....


宜しくお願い致します。
  ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 アウトドアブログ ハイキングへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ



tag :

妙高山

2020-08-10
先週、家族で妙高山に登りました。(2020/8/5に実施。)

1-IMGP4789 (680x510)(山頂より火打遠望)

燕温泉を5:20に出発。

2-IMGP4744 (680x510)

3-IMGP4746 (680x510)

4-IMGP4749 (680x449)

5-IMGP4753 (680x510)(六合目の天狗堂)

6-IMGP4756 (680x510)(光善寺池)

7-IMGP4762 (680x510)

8-IMGP4763 (680x509)(鎖場遠望)

9-IMGP4767 (680x907)(鎖場下端)

三田原方面、外輪山が見えました。

10-IMGP4769 (680x510)

11-IMGP4771 (680x510)

12-IMGP4776 (680x510)

13-IMGP4780 (680x510)(最高点、大神。)

三角点のある山頂へは5分ほど。

14-IMGP4781 (680x510)

ガスが切れて、頚城山塊の展望が広がっていました。

15-IMGP4785 (680x510)

16-IMGP4786 (680x510)

17-IMG_0757 (680x510)

山頂は天国で、暫しのんびりしていきました。

18-IMGP4791 (680x907)

下山は赤倉方面へ。

19-IMGP4792 (680x510)

20-IMGP4793 (680x507)(大谷ヒュッテ)

21-IMGP4798 (680x510)

スカイケーブル休業中(コロナ対策)の為、ゲレンデを下ります。

22-IMGP4799 (680x510)

良く来るゲレンデですが、雪が無いのも新鮮で悪くなかったです。

23-IMGP4801 (680x907)

今日のゴール、赤倉観光ホテルまであと僅か。

24-IMGP4804 (680x510)

26-IMG_0813 (680x508)

27-IMG_0816 (680x506)

28-IMG_0821 (680x510)

登り標高差1300m、降り1600mは良き鍛錬になりました。
天候にも恵まれ、家族での良き休暇となりました。

宜しくお願い致します。
  ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 アウトドアブログ ハイキングへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ


tag :

奥多摩駅2F Port Okutama さまで奥多摩登山詳細図東西版の販売がスタート!

2020-07-23
奥多摩駅2F、 Port Okutama さまで奥多摩登山詳細図東西版の販売がスタートしました。

IMG_2983 (680x907)

写真はポート奥多摩の船越社長。社長は有名なギタリストでもあられます。店内は本格的なライブ空間も兼ね備えています。

IMG_2985 (680x506)

去年踏査時には、ほぼ毎週立ち寄らせて頂いてました。
こちらにはマウンガのお店もあり、この度はマウンガ遠藤社長より船越社長をご紹介頂きました。

IMG_2986 (680x503)

帰路は御岳駅で下車し、売店歩楽里道さまに新版西編をお届けし、マウンガ御嶽 遠藤社長の所にもお伺いさせて頂きました。

四連休初日のこの日、奥多摩地方は悪天化で、人も疎らでした。真逆なアナウンスが各高所より飛び交っており、私自身、皆様も混乱の渦中に居られると存じますが、もし奥多摩エリアに行かれた際は、上記店舗様に是非お立ち寄り下さい。

宜しくお願い致します。
  ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 アウトドアブログ ハイキングへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ



tag :
<< topページへこのページの先頭へ >> 次のページへ >>