fc2ブログ

毛勝三山縦走 ②

2022-05-21
29-IMG_1519 (680x510)(猫又谷を降る)

...①より続く。
二日目は3:30に起きて5:30に幕場を出ました。

13-IMG_1482 (680x510)

14-IMG_1484 (680x510)

15-IMG_1487 (680x510)

16-IMG_1489 (680x510)

17-IMG_1490 (680x510)

桃アセ山(2,023m)を過ぎ、更に2,151AL過ぎのコルからは急登となり、一気に毛勝山頂に達しました。

18-IMG_1494 (680x510)

毛勝谷(阿部木谷)が眼下に続いていました。

19-IMG_1495 (680x510)

20-IMG_1496 (680x510)(西北尾根と駒ヶ岳、僧ヶ岳)

21-IMG_1499 (680x415)

釜谷山を目指します。

22-IMG_1505 (680x510)

釜谷山は尖ったピークで、展望も最高でした。

23-IMG_1509 (680x383)

50分ほどで猫又山に到着。

24-IMG_1510 (680x510)

山頂には、谷から見上げると、猫の片耳のように見えた尖った岩がありました。

25-IMG_1511 (680x510)

26-IMG_1512 (680x510)

ブナクラ峠へと下ってゆく北方稜線と分かれて、大猫山方面の稜線を下降します。

27-IMG_1515 (680x907)

猫又谷源頭には雪が豊富にあり、状態の良い斜面を快適に降ってゆきました。

28-IMG_1517 (680x510)

29-IMG_1519 (680x510)

30-IMG_1520 (680x510)

31-IMG_1521 (680x510)

この一直線に長く延びる谷は、山スキーのルートでもあり、20年来狙っていた斜面でしたが、歩きでも楽しかったです。

32-IMG_1524 (680x510)

標高差で1,000m下ってやっと水流が現れました。

33-IMG_1525 (680x510)

最後は幾つかの堰堤を巻きながら左岸を下り、林道の終点付近に出て、猫又谷の下降は終わりました。

34-IMG_1527 (680x510)

ここからの林道が長く、二時間半掛かって第四発電所手前の分岐に帰着しました。

35-IMG_1528 (680x510)

36-図1 (680x493)

(コースタイム)
2022-5/17 片貝川第四発電所上10:30 - 西北尾根登山口11:20 - AL1900付近平地16:30(幕営)。
     5/18 幕場 5:30 - 毛勝山8:00 -釜谷山10:00 - 猫又山10:50 - 猫又谷下降点 11:30 -             林道終点14:00 - 第四発電所下分岐 16:00。

今回は、シーズン最後の雪山山行でした。
連休中は小仏峠に日参し、仕事に勤しんでおりました。
今回、前回山行から一ケ月空いた事もあり、身体は鈍り果てていて、難儀難儀でした。
とは云え、雪量やルートの状態はとても良く、天候にも恵まれ良き山行となりました。
今シーズンも、1月より多くの雪山に同行してくれたSさんに感謝致します。

宜しくお願い致します。
  ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 アウトドアブログ ハイキングへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ



スポンサーサイト



tag :

毛勝三山縦走 ①

2022-05-20
今シーズンの雪山納めに、毛勝三山を縦走しました。
(2022-5/17.18 同行Sさん)

1-IMG_1504 (680x510)

片貝川第四発電所付近より登ります。

2-IMG_1445 (680x510)

片貝山荘を過ぎ少しで、僧ケ岳東又コース登山口があり、

3-IMG_1446 (680x510)

IMG_1449 (680x510)

片貝川を橋で渡り、

IMG_1450 (680x510)

阿部木谷右岸を少し行くと、毛勝山西北尾根登山口です。

4-IMG_1451 (680x510)

末端部は特に急傾斜で、堪えます。

5-IMG_1453 (680x622)(イワウチワが切れ間なく咲いていて、心和ませてくれます。)

IMG_1452 (680x510)

このルートは、取り付きから山頂までの標高差が1,700m以上もあり、鈍っている身体には堪えました。

6-IMG_1456 (680x510)

この日は、標高1,900m付近の平地に幕営しました。

7-IMG_1457 (680x383)

8-IMG_1463 (680x507)

富山湾に沈む夕日がとても素晴らしかったです。

9-IMG_1464 (680x510)(駒ヶ岳 僧ヶ岳)

10-IMG_1466 (680x510)(北方稜線の向こうに初雪山や朝日岳、栂海新道の懐かしい山々)

11-IMG_1469 (680x510)

心洗われる夕陽でした。

12-IMG_1475 (680x510)

この日はここに幕営し、翌日の毛勝三山縦走に備えて鋭気を養いました。

二日目に続きます....


宜しくお願い致します。
  ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 アウトドアブログ ハイキングへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ




tag :

岩手山

2021-09-06
この日は、朝五時半スタートで、馬返し口より岩手山へ。

20-IMGP7076 (680x529)

Sさんは4回も登っているそうで、この日はエリア内にある鞍掛山へ。

21-IMGP7055 (680x510)

22-IMGP7059 (680x510)

岩稜を辿る旧道を登ります。

23-IMGP7060 (680x498)

標高差が1,450mあり、山行三日目なので足どりは重めでした。

24-IMGP7064 (680x489)

25-IMGP7065 (680x510)

八合目避難小屋に到着。

26-IMGP7066 (680x499)

冷たい湧水に感謝。

27-IMGP7067 (680x506)

28-IMGP7070 (680x510)(不動平避難小屋)

29-IMGP7071 (680x510)

火口に到着。

30-IMGP7072 (680x510)

31-IMGP7075 (680x496)

そして山頂へ。

32-IMGP7077 (680x510)

岩手山山頂はガスに覆われる確率が高いそうですが、山頂からの見晴らしは良く、幸運でした。

33-IMGP7078 (680x510)

34-IMGP7085 (680x534)

下山は、膝を労わってゆっくりと下りました。

35-IMGP7087 (680x494)

36-IMGP7089 (680x506)

何とかコースタイム内で往復することができ、鞍掛町から戻ったSさんが迎えてくれました。

37-IMGP7092 (680x510)

図2 (680x447)

楽しく有意義な岩手遠征山行でした。
山域の概念も頭に入り、山スキールートの下見にもなりました。
強い山屋のお二人に、今回もお世話になり感謝でした。

(コースタイム)
2021-9/2 馬返し登山口 5:30~岩手山10:35-11:20~登山口 15:20。

宜しくお願い致します。
  ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 アウトドアブログ ハイキングへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ




tag :

栗駒山

2021-08-16
家族登山で栗駒山に登りました(2021-8/13)。

1-IMGP6893 (680x510)(名残ヶ原)

宮城側、いわかがみ平より中央コースで。

2-IMGP6861 (680x510)

雨中登山となりました。

3-IMGP6862 (680x510)

4-IMGP6865 (680x510)

5-IMGP6868 (680x510)

90分程で栗駒山山頂到着。

6-IMGP6871 (680x510)

産沼経由で須川温泉へ下山します。

7-IMGP6873 (680x510)

8-IMGP6876 (680x510)

9-IMGP6878 (680x510)(産沼)

10-IMGP6880 (680x510)

11-IMGP6881 (680x510)

12-IMGP6882 (680x510)

13-IMGP6883 (680x498)

14-IMGP6888 (680x510)

昭和湖経由の最短ルートの須川コースは、火山ガス噴出が続き、通行止めです。

15-IMGP6887 (680x510)

名残ヶ原、雨天のせいか情緒がありました。

16-IMGP6889 (680x510)

秣岳の稜線、今度縦走してみたいです。

18-IMGP6899 (680x496)

大日岩が見えると、須川温泉はまもなくです。

19-IMGP6901 (680x510)

17-IMGP6898 (680x510)

20-IMGP6900 (680x510)

雨の中の栗駒山でしたが、意外に風情があり楽しかったです。
宮城、岩手、秋田に跨る名峰だけあります。

今度は、紅葉期の良く晴れた日に再訪したいですね。

宜しくお願い致します。
  ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 アウトドアブログ ハイキングへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ



tag :

朝日連峰縦走③ 3日目 大朝日岳~小朝日岳~鳥原山~朝日鉱泉

2020-10-27
....②より

1-IMGP5278 (680x510)(鳥原山より大朝日、小朝日)

翌朝は薄暗い5:20に大朝日岳避難小屋を出発。

2-IMGP5238 (680x510)

高曇りですが、見通しは最高でした。

3-IMGP5242 (680x505)(小朝日岳)

4-IMGP5245 (680x510)

紅葉が素晴らしかったです。

5-IMGP5249 (680x490)(黒俣沢.黒倉沢源頭の紅葉)

6-IMGP5253 (680x510)

小朝日岳に登り返すと、雄大な大朝日岳が眼前に。

7-IMGP5265 (680x510)

8-IMGP5267 (680x510)

小朝日岳から鳥原山までの紅葉も良かったです。

9-IMGP5272 (680x510)

10-IMGP5276 (680x334)

11-IMGP5279 (680x510)

鳥原山東には湿原帯が。

12-IMGP5285 (680x510)

13-IMGP5296 (680x504)

14-IMGP5304 (680x510)

15-IMGP5306 (680x510)

朝日鉱泉に到着。前日、大朝日岳山頂から予約していたタクシーが待っていました。

16-IMGP5305 (680x510)

鉱泉前広場から振り返ると、大朝日岳が大きく聳えていました。

17-図2 (680x614)

(コースタイム)
2020年
10/20 泡滝ダムⓅ 12:50 ‐ 大鳥池 タキタロウ山荘(避難小屋)16:15(泊)。
10/21 山荘4:45 - 以東岳8:40 - 西朝日岳14:30 - 大朝日岳避難小屋 16:00 - 大朝日岳往復 (泊)。
10/22 大朝日岳避難小屋5:15 - 小朝日岳 7:20 - 鳥原山 8:30 - 朝日鉱泉10:45。

朝日連峰は沢登りでは、手強い沢が多く、山スキーのフィールドとしても、最近まで余り紹介されていなかった為、なかなか訪れる機会がなかった。
数年前に割に手頃な、朝日俣沢の沢行を企てたが、実現に至らず、去年は、古寺から大朝日岳の山スキーを企てたが、これも実現できなかった。
今回はメインとなる部分を縦走でき、前述のルートを含め、周囲の山々と山域の概念も良くのみ込むことが出来たと思う。
先ず、次春には、古寺から大朝日避難小屋、大朝日岳、中岳周辺の大斜面、という夢の計画が実現できそうである。

大鳥池、以東岳に行こう、と誘ってくれたSさんに感謝、Mさんにも感謝の山旅でした。


宜しくお願い致します。
  ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 アウトドアブログ ハイキングへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ



tag :
<< topページへこのページの先頭へ >> 次のページへ >>