『 東丹沢登山詳細図/改訂版 完成 』

2015-04-09
東丹沢登山詳細図/改訂版が完成しました。

1-IMGP6248 (680x510)

改訂版では、ルート数が10本増え、120ルート掲載されています。

2-IMGP6251 (680x510)(新たに加わった日高林道。)

3-IMGP6255 (680x510)(ウシロ沢径路。)

4-IMGP6256 (680x510)(煤ケ谷三峰東面に二本のルートを追加。)

今回、監修頂いた前田氏のご尽力により、山名、沢名、ピーク名等の地名が大幅に追加されました。

前田氏と調査に御協力下さった皆様に深く感謝致します。


4/12(日)に小仏峠で初売りを行います。

登山用品店では来週半ばより、書店では再来週より発売されます。

どうぞお宜しく願い致します。
  ↓  ↓  ↓  ↓

にほんブログ村 アウトドアブログ ハイキングへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ



スポンサーサイト
tag :

『 東丹沢詳細図踏査 寿岳東尾根 堂平 』

2014-07-29
表題の踏査、2014-7/17に実施。協力者、I さん、Tさん。

1-IMGP4253 (680x510)(寿岳)

2-IMGP4231 (680x510)(本間吊橋)

キュウハ沢出合、この手製道標が入口。

3-IMGP4233 (680x510)

快適な作業道が頂上下部まで続いていました。

4-IMGP4237 (680x510)(径は日高林道という名称)

5-IMGP4242 (680x510)(寿岳山頂付近)

6-IMGP4244 (680x510)(ルート上部)

7-IMGP4245 (680x510)(上部は両脇にあるガレ場が特徴)

8-IMGP4256 (680x510)(日高直下)

9-IMGP4258 (680x510)(主脈稜線に出る。)

10-IMGP4259 (680x510)(丹沢山)

11-IMGP4263 (680x510)(天王寺尾根を下山)

途中三手に分かれて調査しました。
自分は堂平方面へ。

12-IMGP4265 (680x510)

13-IMGP4269 (681x908)

14-IMGP4272 (680x862)(弁天大杉)

新しいルートと、従来の径の確認踏査もでき、有意義な一日となりました。

御二方、情報を頂いたMさんに深く感謝致します。


どうぞ宜しくお願いします。
↓↓↓↓

にほんブログ村 アウトドアブログ ハイキングへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ



tag :

『 東丹沢詳細図補足踏査 秋葉山 仏果山 高取山 』

2014-06-11
仏果山エリアの補足踏査に出向きました。

1-IMGP3893 (680x510)

本厚木より半原行きバスで細野橋下車。この日は曇り予報でしたが、バス停を降りると本振りの雨が...

2-IMGP3878 (680x510)

幸いにも屋根付きバス停で、濡れずに身支度を整えられました。

山ヒル対策を万全に臨みたかったが、忌避剤残量が殆ど無くなっていた事が発覚。

十分とは云えない処置のまま出発。

3-IMGP3880 (680x510)(半原越分岐のトイレ。急な腹痛に襲われ、これに救われる。もしこの先の山道脇でキジ打ちとなっていた事を考えると、ゾッとします。)

4-IMGP3882 (680x510)(秋葉山への登山口)

5-IMGP3884 (681x908)(佐久間東幹線No390鉄塔)

林道が横切ります。

6-IMGP3886 (680x510)

秋葉山に到着。

7-IMGP3889 (681x908)

8-IMGP3887 (680x510)(秋葉大権現記念碑)

ここで、ふと手元を見ると、山ヒルが...
この日初の出血です。

9-IMGP3890 (680x510)

稜線に到着。
良く整備された登山道でした。正式名は『扨首子作業路』。

10-IMGP3892 (681x908)

雨もやみ、暫くで仏果山に到着。

11-IMGP3904 (681x908)

山頂にある、高さ13mの展望塔に登り、行動食を摂ったり、身支度を整えます。

12-IMGP3898 (680x510)(展望塔より宮ケ瀬湖方面)

この高さなら安心して床で身支度が出来ます。

服や靴、スパッツを全て脱いで点検したところ、20数匹が取付いていました。

13-IMGP3901 (680x780)(全て成敗してます。)

途中より雨が上がり、暑さに我慢できず、Tシャツで行動していたのも迂闊でした。

やはり、雨の日は蛭の活性がMAXとなり、低木や草上まで活動の範囲を広げているのでしょう。

雨の日、雨後も合羽着用は必須と認識しました。


気を取り直し、高取山へ。

15-IMGP3910 (680x510)

ここにも展望塔があります。

16-IMGP3909 (681x908)

17-IMGP3913 (680x510)(宮ケ瀬湖方面)

19-IMGP3915 (680x510)(仏果山)

愛川ふれあいの村方面に下ります。

20-IMGP3917 (680x510)(分岐地点)

21-IMGP3919 (680x510)(宮ケ瀬ダム)

この下りは、登り降りを行って、綿密に踏査しました。


ふれあい村先の広場で休んでいると、猫が遊びに来ました。

22-IMGP3920 (681x908)

23-IMGP3923 (681x908)

最後は、野外センター前バス停に到着しました。

次のバスまで少しあったので、再度、体、荷物を総点検したところ、また10数匹を発見。成敗しました。

25-IMGP3927 (690x682)(合羽の裏側にまで。)

今回の調査は、一定の成果があるものでした。

山蛭生態の雨天時経験則を重ねることも出来ました。


東丹沢にもまた何度か再訪予定です。


(追記)

しかし、これで終わりでは無かった..

バス内で、首裏に違和感を感じ、指でシゴいたところ、指先が血でべっとりに...

更に、帰宅後ザックを裏返して点検すると、数匹が...

雨の日の仏果山、恐るべしです。

(忌避剤が十分あったなら、これほどには成らなかったと思います。皆さん蛭対策を万全にして、夏の仏果山を楽しんで下さい。)

どうぞ宜しくお願いします。
↓↓↓↓

にほんブログ村 アウトドアブログ ハイキングへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ



tag :

『 東丹沢詳細図踏査 大山三峰エリア 八丁経路 惣久経路 』

2014-05-19
先週、東丹沢図関連で、三峰山エリアの二つの径を調査しました。

1-IMGP3569 (680x510)(惣久経路、415m峰一帯に広がる美林)

2-IMGP3545 (680x510)(煤ケ谷バス停よりスタート)

3-IMGP3546 (683x910)(起点の水の尻橋)

4-IMGP3549 (680x510)(八丁経路入口)

5-IMGP3555 (680x907)(鹿柵デススター?)

6-IMGP3557 (680x907)(三峰縦走路)

7-IMGP3559 (680x510)(丹沢主脈方面)

8-IMGP3560 (680x510)

斜面崩壊標識南90m、崩壊部背側が惣久経路入口

9-IMGP3561 (680x510)

10-IMGP3564 (680x510)(惣久経路上部)

11-IMGP3568 (680x510)(下部415mピーク一帯は自然林の美林が広がる)

無事煤ケ谷に戻りました。

12-IMGP3576 (680x510)

丹沢のオーソリティー、M田氏に全面協力を頂いて、東丹沢図の踏査を行っています。

お力を頂いて、奥多摩西図との掛け持ちで行って行きます。


どうぞ宜しくお願いします。
↓↓↓↓

にほんブログ村 アウトドアブログ ハイキングへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ



tag :

『 大山古道 東丹沢詳細図補足踏査 』

2014-02-06
去る11月某日、西丹沢詳細図の営業活動で厚木方面に通っている際、
合間を縫って大山古道の踏査に行きました。

1-IMGP2583.jpg            (禊の大滝)

小仏峠での販売活動時に、ユーザーのかたから、東丹沢図に最近整備された大山古道を載せるべきとのご助言と資料を頂きました。丁度、前述のように厚木方面に日参していた時期でしたので、早速出向きました。

伊勢原発大山ケーブル行きバスに乗り、社務局入口バス停で降ります。
小橋を渡り、たけだ旅館脇の小径を小沢に沿って進みます。

2-IMGP2580.jpg            (地元の方々によって立派な道標が設置されています。)

3-IMGP2581.jpg

暫く行くと禊の大滝に着きました。

4-IMGP2582.jpg

この古道は県道秦野-大山線という由緒正しい道だったそうですが、いつの間にか忘れ去られた道となってしまったのでしょうか。

5-IMGP2584.jpg          (由来看板)

道は荒れ気味です。

6-IMGP2585.jpg

一瞬林道を横切ります。

7-IMGP2586.jpg

8-IMGP2588.jpg

この分岐上が道迷いし易い箇所でした。

9-IMGP2589.jpg

急登すると林道に出ます。分岐には石碑がありました。

10-IMGP2590.jpg

不動越までは舗装林道を進みます。

11-IMGP2592.jpg    (水呑み地蔵)

不動越に到着。

12-IMGP2593.jpg

縦走路を70m南下するとイオリ峠に。そこから才戸バス停方面に向かいます。

13-IMGP2595.jpg          (東京カントリーゴルフ場沿いの径を進む)

最後はネットを潜って車道に出ました。

14-IMGP2598.jpg

晩秋の清々しい午前を楽しんで、厚木方面への営業に向かいました。

15-IMGP2603.jpg

このコースは、次回改訂時(秋~冬ごろ)に掲載したいと思います。


どうぞ宜しくお願いします。
↓↓↓↓

にほんブログ村 アウトドアブログ ハイキングへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ



tag :
<< topページへこのページの先頭へ >> 次のページへ >>