『 西丹沢登山詳細図 追加踏査 袖平山北西尾根 北尾根  風巻ノ頭北尾根 』

2013-10-09
11月下旬発売予定の『西丹沢登山詳細図』の追加調査に出向きました。

11-IMGP2079.jpg(袖平山より大室山、富士山方面)

西丹沢登山詳細図の校正、編集も佳境を迎えています。

レイアウトを工夫した結果、本来解説文で隠れる筈だった袖平山西北面エリアが地図上に忽然と出現してしまいました。北尾根、北西尾根などの良きルートもあり、追加掲載すべく急遽現地踏査に赴きました。

朝、家を出て、入山口の神之川エビラ沢出合に向かいます。
今回はクライミング友達のHさんの御助力を頂きました。

1-IMGP2055.jpg(エビラ沢大滝(F1))

エビラ沢橋より右岸を少し入ると、入口があり、入山自粛要請の貼紙があります。

2-IMGP2056.jpg

すぐに木の梯子が現れます。

3-IMGP2057.jpg

ゴルジュ帯の高巻が終わると、トラバース径となります。暫くで沢から離れ、袖平山北西尾根の下部のコルに達しました。

5-IMGP2060.jpg

6-IMGP2061.jpg(北西尾根中間部)

9-IMGP2075.jpg(Hさん。御協力に感謝です。)

7-IMGP2067.jpg(美味しそうなきのこが顔を出していました。)

袖平山山頂に到着です。

10-IMGP2076.jpg

北尾根計測をお願いしたHさんと別れ、東海自然歩道経由で風巻ノ頭方面に向かいます。

12-IMGP2081.jpg(檜洞丸方面遠望)

風巻ノ頭からは北に延びる尾根に入りました。

13-IMGP2084.jpg

14-IMGP2086.jpg

急傾斜の悪い部分。

15-IMGP2088.jpg

途中、登りに使った北西尾根上部が見えました。

16-IMGP2092.jpg

振り返ると風巻ノ頭より下ってきた尾根も見えました。

17-IMGP2094.jpg

仕事道を下ってゆくと、エビラ沢に出合いました。

18-IMGP2095.jpg

右岸に渡り、朝の右岸道に合流し、エビラ沢橋に戻りました。

車を回収し、北尾根を調べて頂いたHさんと青根で合流、無事3本のルートを完全調査することが出来ました。


このエビラ沢右岸の径、エビラ沢を遡行した際の下山アプローチ用として多くの方に踏まれている重要な径ですが、通過自粛要請の看板が立てられています。

地図への掲載はそのような扱いとしての掲載とさせて頂く予定です(緊急時用としての掲載)。


西丹沢詳細図新発売まであと少しです。


どうぞ宜しくお願いします。
↓↓↓↓

にほんブログ村 アウトドアブログ ハイキングへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ




スポンサーサイト
tag :

『 西丹沢登山詳細図 初稿完成 』

2013-10-02
東丹沢登山詳細図の続編、『西丹沢登山詳細図』の初稿が上がりました。

図1

2-IMGP1984.jpg

東丹沢詳細図と同縮尺の1:16,500、北は道志川から南は御殿場線までの南北に広がるエリアを二枚に分け、それぞれを両面に印刷している東丹沢図と同じスタイルとなっています。

1-IMGP1995.jpg

西端は菰釣山から東端は袖平山、南では不老山西からシダンゴ山のエリア。

バリエーションルートも割と入っています。


東丹沢図と繋げて置いてみました。

4-IMGP1996.jpg

大きくて迫力があります。


この荒削りの原稿をミスの無いように、緻密な物へと仕上げていかなければ...


11/中旬発売予定目指して頑張っていきたいと思います。


どうぞ宜しくお願いします。
↓↓↓↓

にほんブログ村 アウトドアブログ ハイキングへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ



tag :

『 西丹沢登山詳細図 最終踏査 』

2013-08-29
『西丹沢登山詳細図』(晩秋発売予定)の最終踏査が終了しました。

30-1IMGP1884.jpg(第六天下方よりの展望)

今週前半の二日間、Mさん、Sさんの御協力を得て、箒沢権現山、ショチクボノ頭エリアの残っていたルート、
ヤブ沢ノ頭~穴山沢ノ頭近辺の未トレース部分、高松山、第六天付近の残っていたラインを踏査しました。

初日は、単独で一軒家避難小屋よりマスキ嵐沢右岸の尾根を調べました。

2-IMGP1837.jpg

小屋手前の橋左岸基部より踏跡を辿ります。

3-IMGP1838.jpg

出だしは傾斜がありました。

4-IMGP1839.jpg

傾斜が落ちた最初のピーク状にあった標柱。

5-IMGP1841.jpg

美しく癒される尾根でした。

6-1IMGP1844.jpg

7-IMGP1846.jpg

8-IMGP1847.jpg(畦ヶ丸)

9-IMGP1849.jpg(箒沢権現山と小コウゲ)

歩き易くなだらかな尾根が続き、最後は畦ヶ丸~箒沢権現山の稜線に合流します。

10-IMGP1850.jpg

11-IMGP1852.jpg(稜線より尾根上部を望む)

尾根接続部付近からは、富士山の好展望が広がります。

12-IMGP1854.jpg

稜線には珍客がいました。

13-IMGP1855.jpg

14-IMGP1856.jpg(権現山分岐三叉路と目印土管)

旧登山道を下り(踏査済)、西沢本道にでて、下棚を往復しました。

1-IMGP1863.jpg

16-IMGP1858.jpg

そこから以前調べたルート経由で「ショチクボノ頭を目指します。

17-IMGP1866.jpg

ショチクボノ頭に到着です。

18-IMGP1870.jpg

19-IMGP1871.jpg

北に伸びる尾根を調べます。

20-IMGP1875.jpg

この鹿戸を通過した辺りから、バタバタしたルートになります。

21-IMGP1876.jpg

鹿柵を潜る部分。

22-IMGP1877.jpg

急な末端部は石堰下のこの踏跡が唯一の弱点でした。

23-IMGP1878.jpg

石堰下を飛び石で渡ります。(対岸より取り付き付近を望む)

24-IMGP1881.jpg

この地殻観測所が目印です。

25-IMGP1880.jpg

この日はSさん、Mさんも無事穴山沢頭近辺の踏査を終え、合流しました。

地元のSさんは帰宅し、Mさんと二人で常宿の落合館に泊まりました。


翌朝、落合館前にて。

30-01photo.jpg

去年暮れより10ヶ月にわたり本当にお世話になりました。


この日は高松山エリア、第六天付近の残っていた部分を三人で調べました。

30-IMGP1882.jpg

31-IMGP1888.jpg(尺里峠)

32-IMGP1894.jpg(第六天三角点)

33-IMGP1896.jpg(鉄塔田代幹線№375)

田代向手前の分岐。

34-IMGP1902.jpg

田代向のマス釣り場駐車場でSさんと合流して、この瞬間全ルートの踏査が終了しました。

35-IMGP1904.jpg


約10ヶ月間に亘った調査も無事終了し、あとは来週より編集に入ります。


御協力頂きました皆様方、本当にありがとうございました。



以降、またご報告させて頂きたいと思います。


どうぞ宜しくお願いします。
↓↓↓↓

にほんブログ村 アウトドアブログ ハイキングへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ



tag :

『 西丹沢8月調査-3 』

2013-08-29
八月初旬に行った西丹沢集中踏査三日目の模様です。

32-IMGP1595.jpg(仏岩と新青崩トンネル)

この日は玄倉ゲートから玄倉林道経由で雨山峠~雨山~檜岳~南東尾根経由~寄大橋の行程で、抜けていたパートを調べました。

玄倉ゲートよりスタート。

28-IMGP1587.jpg

29-IMGP1588.jpg

30-IMGP1591.jpg(昨年11月完成の新青崩トンネル)

31-IMGP1593.jpg(内部の様子。途中から旧トンネルに合流しているようです。)

33-IMGP1601.jpg(雨山峠への登山道分岐)

34-IMGP1602.jpg(立派な捲き道)

雨山峠が見えてきました。

35-IMGP1604.jpg

このような案内がされている登山道です。

36-IMGP1605.jpg

雨山まではひっそりとした径が続きます。ガスが掛かって幽玄な雰囲気でした。

37-IMGP1609.jpg

雨山到着です。

38-IMGP1610.jpg

暫く行くと南側に崩落帯が現れます。

39-IMGP1613.jpg

檜岳山頂。踏査で二回目の登頂です。

40-IMGP1615.jpg

下山は最短ルートの南東尾根を下ります。

41-IMGP1616.jpg(三月に来た時に比べブッシュが発達していました。)

このコル状から未トレースだった北側のトラバース径を調べます。

42-IMGP1617.jpg

43-IMGP1618.jpg(成長の森看板。この辺りのには山蛭がいました。)

44-IMGP1621.jpg


その後、雨山橋で御協力者Kさんのお車で、温泉まで送って頂きました。


温泉で高松山集中踏査の皆さんと合流、打上げて三日間の日程を終えました。


御協力頂いた皆様、ありがとうございました。



どうぞ宜しくお願いします。
↓↓↓↓

にほんブログ村 アウトドアブログ ハイキングへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ



tag :

『 西丹沢登山詳細図 8月度集中踏査-2 』

2013-08-13
西丹沢登山詳細図8月踏査の二日目です。

27-IMGP1586.jpg(イワタバコ 小川谷廊下右岸道)

この日は、小川谷渓谷道より東沢乗越~同角山稜~ユーシンの予定でスタートしました。

21-IMGP1573.jpg(夏季は小川谷への林道が車両通行禁止中です。)

玄倉川本流

22-IMGP1574.jpg

小川谷渓谷道分岐

23-IMGP1575.jpg

概ね快適なトラーバース径です。

24-IMGP1579.jpg

今から二十数年前、友人達と小川谷廊下を遡り、この径を下った記憶が蘇りました。

25-IMGP1580.jpg(東沢出合付近)

東沢よりは沢を遡るラインとなります。

26-IMGP1581.jpg

水量もそこそこあり、この日は一旦ここで打ち切りとしました。

自分的には、これは地図に載せてよいものか悩むところですが、後程、装備、心構えを整えて調査をしたいとは
感じているルートです。

次回は、三日目をUPします。


どうぞ宜しくお願いします。
↓↓↓↓

にほんブログ村 アウトドアブログ ハイキングへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ



tag :
<< topページへこのページの先頭へ >> 次のページへ >>