奥多摩図追加調査 三ツドッケ 塩地谷右岸径

2017-02-02
奥多摩/西編追加調査で、三ツドッケに出向きました。2017-02/01に単独で実施。

1-IMG_0702 (680x501)

奥多摩駅0810発 鍾乳洞行きに乗りました。

2-IMG_0690 (680x486)

倉沢橋で下車。

3-IMG_0691 (680x510)

倉沢林道を魚留橋まで。

4-IMGP9547 (680x510)

この木段からこの日調べる、塩地谷右岸を辿る作業道に入ります。

5-IMG_0694 (680x510)

下部は急傾斜の九十九折ですが、整備され快適な径でした。

6-IMG_0695 (680x510)

塩地谷は、沢登り、釣りで人気の銘溪で、このような整備された径があれば安全に楽しむことが出来るでしょう。

7-IMG_0696 (680x508)

最後はヨコスズ尾根、1300AL地点の道標に繋がります。

8-IMGP9553 (680x510)

9-IMG_0698 (680x509)

一杯水避難小屋を通過して

10-IMG_0701 (680x501)(いつか泊まりたい魅力的な小屋です。)

三ツドッケ山頂へ。

11-IMG_0704 (680x509)(雲取山方面)

奥多摩随一と云われる大展望が広がっていました。

12-IMG_0703 (680x504)(鷹ノ巣山、富士山)

13-IMG_0705 (680x509)(蕨山、鳥首峠方面)

14-IMG_0708 (680x510)(川苔山、本仁田山、大岳山、御前山)

15-IMG_0713 (680x479)(国境稜線、苗場山も見えました)

16-IMG_0714 (680x510)

ヨコスズ尾根を再計測し下山。

末端西コースはモノレールが出来て、ルートが変わっていました。

17-IMGP9556 (680x510)

東日原14:55発のバスで帰路に就きました。

18-IMG_0716 (680x508)

色々な調査が控えていて大変ですが、コツコツと頑張りたいと思います。

どうぞお宜しく願い致します。
  ↓  ↓  ↓  ↓

にほんブログ村 アウトドアブログ ハイキングへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ



スポンサーサイト
tag :

甲斐郡内図 奥多摩図 踏査 槙寄山南面 大羽根山

2017-01-30
甲斐郡内図、奥多摩/西編の踏査で、表題のエリアに出向きました。
(2017-1/26に実施。協力者 Kさん、Uさん。)

1-1IMG_0683 (680x510)(大羽根山手前よりの御前山)

このエリアの踏査が急遽必要となり、3週前に出向く予定でしたが、雪が積もりそのタイミングでは断念し、満を持して雪の落ち着いた先週に出向きました。

1-IMGP9525 (680x510)

上野原から飯尾行きバスで扁盃下車、お二人は郷原下車で、計二本のルートを調べ、槙寄山を目指しました。

2-IMGP9526 (680x907)(扁盃ルートの登山口)

3-IMG_0672 (680x510)

途中でお二人と合流。

4-IMGP9532 (680x510)

槙寄山に到着。

5-IMG_0677 (680x510)

富士山、権現山が良く視えました。

6-IMG_0676 (680x510)

この辺りの笹尾根には雪が残っていました。

7-IMG_0678 (680x510)

数馬峠でお二人と別れ、大羽根山の尾根へ。

8-IMGP9544 (680x510)(シャッターポイント)

浅間尾根登山口バス停へ続くこの尾根コースは、東京都中央区の森として整備されたエリアを辿るもので、大半が自然林の中を歩く心地の良いコースでした。

9-IMG_0685 (680x510)(大羽根山)

奥多摩/西編、補足調査、あと1回出向き、入稿します。

お力添え下さったお二人に感謝致します。

どうぞお宜しく願い致します。
  ↓  ↓  ↓  ↓

にほんブログ村 アウトドアブログ ハイキングへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ



tag :

『奥多摩登山詳細図/東編』初売りイベント 5/21(土)に向け東編入荷!

2016-05-16
奥多摩/東編の初売り5/21土に向けて現物が入荷しました。

IMG_0294 (679x905)

御嶽駅前、売店「歩楽里道」様店頭にて10:00より、
小仏峠、9:30よりオープンです。

5-IMGP6669 (680x510)

書店他は5/下旬~発売予定です。

皆様、お越し下さい。


どうぞお宜しく願い致します。
  ↓  ↓  ↓  ↓

にほんブログ村 アウトドアブログ ハイキングへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ



tag :

『 奥多摩登山詳細図/東編 』 編集大詰め !

2016-04-15
奥多摩詳細図/東編、三稿ゲラが完成。5/中旬の発売に向けて編集も最終段階となっています。

IMG_0152 (452x913)

東編は1:16,500縮尺で、南北図を両面印刷。

IMG_0156 (682x850)

奥多摩/西編、奥武蔵図とピタリと接続しています。

IMG_0155 (680x510)

青梅線以北の、川苔山、棒ノ嶺、青梅丘陵等も今回収録されます。

IMG_0157 (675x900)

五日市、横沢入エリアも詳しく掲載されます。

IMG_0158 (680x488)

実は、今週中盤、別件もあり、岡山に行ってました。
仕事の合間に、岡山の有名なB級グルメを味わってっきました!

IMG_0142 (638x850)(天神そば)

IMG_0144 (680x510)(やまと ドミグラスかつ丼 ミニ)

IMG_0148 (680x510)(伊達そば 人気のセット ハーフ)

やはり、故郷の味は格別でした。


東編に御期待下さい!

どうぞお宜しく願い致します。
  ↓  ↓  ↓  ↓

にほんブログ村 アウトドアブログ ハイキングへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ



tag :

奥多摩/東編 青梅丘陵 補足踏査

2016-02-13
奥多摩/東編の補足踏査で、青梅丘陵南面他に出向きました。2016-2/10に実施。

1-IMGP7758 (680x510)

青梅駅でWさんと集合。梅岩寺から山越えし、黒沢川奥地左岸の尾根に向かうWさんと別れ、電車で日向和田駅へ。

2-IMGP7741 (680x492)

国道を上流に進みます。

3-IMGP7742 (680x491)(カーネルさん宅。カーネルロックはこの下です。)

踏切を越えて登山道へ。

4-IMGP7744 (680x510)

稜線南のトラバース道に出て、別な登山道を宮ノ平駅へと下ります。

5-IMGP7751 (680x504)(巨大な採石場)

6-IMGP7752 (680x510)

7-IMGP7753 (680x510)

8-IMGP7754 (680x501)

宮ノ平から別な径を登って再び稜線へ。

9-IMGP7755 (680x510)

10-IMGP7757 (680x510)

花見に絶好な場所があった。

11-IMGP7760 (680x510)

第四休憩所から再び下降。裏宿神社に出て再び稜線に登る。
登りはとても良い道で、地元NPOが整備しているという看板がありました。

12-IMGP7761 (680x500)

13-IMGP7763 (680x510)

14-IMGP7764 (680x510)

第三休憩所東の峠で一度北面の黒沢川の林道まで下り往復。

15-IMGP7766 (680x501)(整備されていた黒沢川奥地。WCもありました。)

峠から裏宿へと下山し、その後、現地某所での商用を済まし青梅駅でWさんと合流し、立川で歓談して有意義な一日を締めくくった。Wさんありがとうございました。

青梅丘陵は南側に青梅線が延び、沿線には住宅地も広く分布していて、それら各住宅地の北側はすぐ山になっていて、実に多くの登山道が稜線に接続しています。管理者が通行を禁止しているものも幾つかありますが(立札、ロープで警告)、公式の登山道として道標が立てられて整備されたものも数多くあり、東編にはそれらをきちんと表記したいと思います。
基点の永山公園から終点の榎峠までの一本道と、日向和田への下山道しか無いと思われている方も多く(一般的な登山地図での表記がそのようになっている)、青梅丘陵の楽しみ方に多様性が生まれればと感じています。

どうぞお宜しく願い致します。
  ↓  ↓  ↓  ↓

にほんブログ村 アウトドアブログ ハイキングへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ



tag :
<< topページへこのページの先頭へ >> 次のページへ >>