長尾尾根 熊倉山北尾根 郡内図追加踏査

2017-06-21
梅雨の晴れ間を狙って、笹尾根北面の追加踏査に出向きました。

1-IMGP0129 (680x510)(長尾尾根、844AL南から浅間尾根、大岳山遠望。)

武蔵五日市駅より数馬行きバスで南郷下車。

2-IMGP0117 (680x509)

3-IMGP0118 (680x510)

熊倉林道始点の落合橋手前より一旦入渓。

4-IMGP0119 (680x510)

5-IMGP0120 (680x488)

水流を二度横切り、長尾尾根末端に取り付きます。
末端より良い踏み跡が続いていました。

6-IMGP0122 (680x510)

7-IMGP0125 (680x503)

上部にあるAL944地点南に伐採地があり、東面の展望が広がっていました。

8-IMGP0127 (680x510)(東側には、長大な万六尾根が横たわっていました。)

9-IMGP0130 (680x510)

最後は、笹尾根、熊倉山東の小ピークに出ました。

10-IMGP0131 (680x510)

笹尾根の熊倉山~栗坂峠区間が未踏査だったので、往復して調べました。

12-IMGP0137 (680x907)

熊倉山に戻り、北尾根を降ります。

13-IMGP0139 (907x680)

道型が末端の熊倉沢径路まで何とか続いていて、地図に載せられる可能性を感じました。

14-IMGP0142 (680x510)

15-IMGP0144 (680x510)(熊倉沢径路)

熊倉林道を進むと、入山した落合橋が見えてきました。

16-IMGP0147 (680x510)

笹尾根の連行峰~浅間尾根間の北面には、矢沢、熊倉沢などが流れる広大なエリアが広がるが、登山道は一切なく、縦走路から北面にエスケープ出来ない区間でした。
また熊倉沢や人気の軍刀利沢を登る際に、車でアプローチした場合の有効な下山路として、今回のルートはトポに記載されています。
自分も沢屋なので、下降路の詳細が登山地図に記載されていたら、役に立つと考えます。
長尾尾根は、本当に判り易く歩き易い径でしたが、都有林という事を踏まえて、記載方に注意を図って行きたいと思います。

どうぞお宜しく願い致します。
  ↓  ↓  ↓  ↓

にほんブログ村 アウトドアブログ ハイキングへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ



スポンサーサイト
tag :

群内図追加踏査 倉岳山北東尾根 高畑山北尾根 大桑山北尾根

2017-05-30
『甲斐郡内東部登山詳細図』追加踏査で、倉岳山~大桑山北面のバリエーションルートに出向きました。
(2017-5/29に実施。協力者 Sさん。)

1-IMG_1029 (680x510)

JR梁川駅より桂川を渡り倉岳山方面へ。

2-IMGP0075 (680x510)

3-IMGP0076 (680x510)

倉岳山登山口。

4-IMGP0077 (680x510)

35mで北東尾根入口へ。

5-IMGP0078 (680x510)

中部で小さな岩稜が出てきます。

6-IMGP0082 (680x510)

自然林の美しいルートでした。

7-IMGP0083 (680x510)

北西尾根と合流し倉岳山へ。

8-IMGP0087 (680x484)

9-IMGP0092 (680x510)

高畑山まで再踏査し、北尾根を調べるSさんと分かれ、大桑山へ。

10-IMGP0100 (680x510)

途中、秋合宿で調べた高取山方面と大月カントリーが眼下に見えました。

11-IMGP0102 (680x510)

12-IMGP0105 (680x510)

大桑山からは北尾根を降りました。

13-IMGP0107 (680x510)(獣ネットが続き、上~中部は判りやすかった。)

中部にある平坦地の美しい自然林が印象的でした。

14-IMGP0110 (680x510)

最下部が不明瞭ですが、この祠が取付きになります。

15-IMGP0111 (680x510)

鳥沢駅へは桂川の川床に下り、登り返して戻りました。

16-IMGP0114 16-(680x506)

17-IMGP0115 (680x491)

鳥沢駅でSさんと合流し、この日の踏査を終えました。

18-DSC_0254 (572x907)
(小篠のイトヒバ、Sさん撮影)

倉岳山北東尾根は明瞭なルートで悪場も無く、鳥沢駅から倉岳山への最短距離ルートでもり、有効な近道として地図に掲載できればと思いました。
大桑山北尾根も自然林が美しく、このエリア唯一の登路として紹介したいです。

お手伝い下さったSさんに感謝致します。

どうぞお宜しく願い致します。
  ↓  ↓  ↓  ↓

にほんブログ村 アウトドアブログ ハイキングへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ



tag :

甲斐郡内図踏査 根本山 秋葉山 上野原図書館 大ケヤキ

2017-03-10
この日は上野原市街地裏山の根本山、秋葉山を調べました。

1-IMGP9745 (680x510)

2-IMGP9732 (680x500)

3-IMGP9733 (680x507)

4-IMGP9735 (680x510)

この日はSさん、SMさんにお手伝いを頂きました。

5-IMGP9736 (680x510)

この一帯は、日大明誠高校の裏山になります。
懐かしの学園ドラマ「飛び出せ!青春」「われら青春!」で太陽学園としてロケされた高校です。

6-IMGP9740 (679x907)

裏山なので道が沢山あって、お二人がいてくれて助かりました。

7-IMGP9742 (680x510)

8-IMG_0814 (680x495)

踏査は午前で終わり、午後は上野原図書館でお二人にもご尽力頂き、地名、山名、由来などを調べ、大ケヤキも見て帰りました。

お二人に感謝です。

どうぞお宜しく願い致します。
  ↓  ↓  ↓  ↓

にほんブログ村 アウトドアブログ ハイキングへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ



tag :

甲斐郡内図踏査 権現山北尾根 麻生山南尾根

2017-02-09
1-IMG_0737 (680x510)

2-IMGP9575 (680x510)

3-IMG_0729 (680x510)

4-IMGP9578 (680x491)

5-IMGP9579 (680x510)

6-IMGP9583 (680x498)

7-IMGP9584 (680x510)

8-IMGP9586 (680x510)

9-IMG_0731 (680x486)

10-IMG_0733 (680x506)

11-IMG_0736 (680x501)

12-IMG_0732 (680x510)

13-IMG_0738 (680x505)

14-IMG_0740 (680x510)

15-IMGP9587 (680x510)

16-IMGP9588 (680x510)

17-IMGP9590 (680x510)

18-IMG_0742 (680x488)

19-IMGP9591 (680x510)

2017-2/8に実施。お二人に深く感謝。

どうぞお宜しく願い致します。
  ↓  ↓  ↓  ↓

にほんブログ村 アウトドアブログ ハイキングへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ



tag :

甲斐郡内図 踏査 大野貯水池 御春山 四方津御前山 栃穴御前山

2017-01-13
残っていた四方津駅周辺のエリアを、Nさん、Uさんにお手伝い頂き調べました。

1-IMGP9464 (680x497)(ハサミ岩より)

四方津駅よりスタート

2-IMGP9440 (680x510)

大野貯水池北岸を辿り

3-IMGP9442 (680x510)

4-IMGP9443 (680x499)

南米沢峠へ

5-IMGP9446 (680x510)

一度、空身で前回到達した綱ノ上御前山の稜線上ピークまでを往復。

御春山(おはんなやま)に到着。
風も無く穏やかでした。

8-IMGP9449 (680x510)

9-IMGP9455 (680x505)

コモアしおつの団地を抜けて四方津御前山に向かうお二人と別れて栃穴御前山へ向かいます。

10-IMGP9456 (680x510)

11-IMGP9457 (654x907)

径の入口

12-IMGP9458 (680x510)

急登の先、栃穴御前山に到着。

13-IMGP9459 (680x907)

稜線を鶴島御前山へ縦走。

14-IMGP9460 (680x480)

恐ろしい傾斜の下りがありました。

15-IMGP9461 (680x907)

鶴島御前山に無事到着。上野原に下山しました。

16-IMGP9466 (680x510)

四方津御前山班には、興味深い岩稜帯の通過などの成果があったそうでした。

17-四方津御前山東方の岩稜帯 (680x907)

お二人に感謝です。

どうぞお宜しく願い致します。
  ↓  ↓  ↓  ↓

にほんブログ村 アウトドアブログ ハイキングへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ



tag :
<< topページへこのページの先頭へ >> 次のページへ >>