『山梨東部の山/東編』補足踏査 綱子 大平山

2017-10-02
『山梨東部の山/東編』補足踏査で 綱子 大平山に出向きました。

IMG_1192 (680x907)

IMG_1190 (680x907)(登山口 堰堤上を渡ります)

IMG_1193 (680x907)(急登区間)

IMG_1191 (680x510)(県界尾根に出ます)

小雨が降っていて、 山ヒルにやられました。このエリアにも山ヒルが居たのはショックでした。

『山梨東部の山/東編』は、11/15の発売に向けて、猛チャージ中です。

どうぞお宜しく願い致します。
  ↓  ↓  ↓  ↓

にほんブログ村 アウトドアブログ ハイキングへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ



スポンサーサイト
tag :

長尾尾根 熊倉山北尾根 郡内図追加踏査

2017-06-21
梅雨の晴れ間を狙って、笹尾根北面の追加踏査に出向きました。

1-IMGP0129 (680x510)(長尾尾根、844AL南から浅間尾根、大岳山遠望。)

武蔵五日市駅より数馬行きバスで南郷下車。

2-IMGP0117 (680x509)

3-IMGP0118 (680x510)

熊倉林道始点の落合橋手前より一旦入渓。

4-IMGP0119 (680x510)

5-IMGP0120 (680x488)

水流を二度横切り、長尾尾根末端に取り付きます。
末端より良い踏み跡が続いていました。

6-IMGP0122 (680x510)

7-IMGP0125 (680x503)

上部にあるAL944地点南に伐採地があり、東面の展望が広がっていました。

8-IMGP0127 (680x510)(東側には、長大な万六尾根が横たわっていました。)

9-IMGP0130 (680x510)

最後は、笹尾根、熊倉山東の小ピークに出ました。

10-IMGP0131 (680x510)

笹尾根の熊倉山~栗坂峠区間が未踏査だったので、往復して調べました。

12-IMGP0137 (680x907)

熊倉山に戻り、北尾根を降ります。

13-IMGP0139 (907x680)

道型が末端の熊倉沢径路まで何とか続いていて、地図に載せられる可能性を感じました。

14-IMGP0142 (680x510)

15-IMGP0144 (680x510)(熊倉沢径路)

熊倉林道を進むと、入山した落合橋が見えてきました。

16-IMGP0147 (680x510)

笹尾根の連行峰~浅間尾根間の北面には、矢沢、熊倉沢などが流れる広大なエリアが広がるが、登山道は一切なく、縦走路から北面にエスケープ出来ない区間でした。
また熊倉沢や人気の軍刀利沢を登る際に、車でアプローチした場合の有効な下山路として、今回のルートはトポに記載されています。
自分も沢屋なので、下降路の詳細が登山地図に記載されていたら、役に立つと考えます。
長尾尾根は、本当に判り易く歩き易い径でしたが、都有林という事を踏まえて、記載方に注意を図って行きたいと思います。

どうぞお宜しく願い致します。
  ↓  ↓  ↓  ↓

にほんブログ村 アウトドアブログ ハイキングへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ



tag :

群内図追加踏査 倉岳山北東尾根 高畑山北尾根 大桑山北尾根

2017-05-30
『甲斐郡内東部登山詳細図』追加踏査で、倉岳山~大桑山北面のバリエーションルートに出向きました。
(2017-5/29に実施。協力者 Sさん。)

1-IMG_1029 (680x510)

JR梁川駅より桂川を渡り倉岳山方面へ。

2-IMGP0075 (680x510)

3-IMGP0076 (680x510)

倉岳山登山口。

4-IMGP0077 (680x510)

35mで北東尾根入口へ。

5-IMGP0078 (680x510)

中部で小さな岩稜が出てきます。

6-IMGP0082 (680x510)

自然林の美しいルートでした。

7-IMGP0083 (680x510)

北西尾根と合流し倉岳山へ。

8-IMGP0087 (680x484)

9-IMGP0092 (680x510)

高畑山まで再踏査し、北尾根を調べるSさんと分かれ、大桑山へ。

10-IMGP0100 (680x510)

途中、秋合宿で調べた高取山方面と大月カントリーが眼下に見えました。

11-IMGP0102 (680x510)

12-IMGP0105 (680x510)

大桑山からは北尾根を降りました。

13-IMGP0107 (680x510)(獣ネットが続き、上~中部は判りやすかった。)

中部にある平坦地の美しい自然林が印象的でした。

14-IMGP0110 (680x510)

最下部が不明瞭ですが、この祠が取付きになります。

15-IMGP0111 (680x510)

鳥沢駅へは桂川の川床に下り、登り返して戻りました。

16-IMGP0114 16-(680x506)

17-IMGP0115 (680x491)

鳥沢駅でSさんと合流し、この日の踏査を終えました。

18-DSC_0254 (572x907)
(小篠のイトヒバ、Sさん撮影)

倉岳山北東尾根は明瞭なルートで悪場も無く、鳥沢駅から倉岳山への最短距離ルートでもり、有効な近道として地図に掲載できればと思いました。
大桑山北尾根も自然林が美しく、このエリア唯一の登路として紹介したいです。

お手伝い下さったSさんに感謝致します。

どうぞお宜しく願い致します。
  ↓  ↓  ↓  ↓

にほんブログ村 アウトドアブログ ハイキングへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ



tag :

甲斐郡内図踏査 根本山 秋葉山 上野原図書館 大ケヤキ

2017-03-10
この日は上野原市街地裏山の根本山、秋葉山を調べました。

1-IMGP9745 (680x510)

2-IMGP9732 (680x500)

3-IMGP9733 (680x507)

4-IMGP9735 (680x510)

この日はSさん、SMさんにお手伝いを頂きました。

5-IMGP9736 (680x510)

この一帯は、日大明誠高校の裏山になります。
懐かしの学園ドラマ「飛び出せ!青春」「われら青春!」で太陽学園としてロケされた高校です。

6-IMGP9740 (679x907)

裏山なので道が沢山あって、お二人がいてくれて助かりました。

7-IMGP9742 (680x510)

8-IMG_0814 (680x495)

踏査は午前で終わり、午後は上野原図書館でお二人にもご尽力頂き、地名、山名、由来などを調べ、大ケヤキも見て帰りました。

お二人に感謝です。

どうぞお宜しく願い致します。
  ↓  ↓  ↓  ↓

にほんブログ村 アウトドアブログ ハイキングへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ



tag :

甲斐郡内図踏査 権現山北尾根 麻生山南尾根

2017-02-09
1-IMG_0737 (680x510)

2-IMGP9575 (680x510)

3-IMG_0729 (680x510)

4-IMGP9578 (680x491)

5-IMGP9579 (680x510)

6-IMGP9583 (680x498)

7-IMGP9584 (680x510)

8-IMGP9586 (680x510)

9-IMG_0731 (680x486)

10-IMG_0733 (680x506)

11-IMG_0736 (680x501)

12-IMG_0732 (680x510)

13-IMG_0738 (680x505)

14-IMG_0740 (680x510)

15-IMGP9587 (680x510)

16-IMGP9588 (680x510)

17-IMGP9590 (680x510)

18-IMG_0742 (680x488)

19-IMGP9591 (680x510)

2017-2/8に実施。お二人に深く感謝。

どうぞお宜しく願い致します。
  ↓  ↓  ↓  ↓

にほんブログ村 アウトドアブログ ハイキングへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ



tag :
<< topページへこのページの先頭へ >> 次のページへ >>