『 西丹沢登山詳細図 最終踏査 』

2013-08-29
『西丹沢登山詳細図』(晩秋発売予定)の最終踏査が終了しました。

30-1IMGP1884.jpg(第六天下方よりの展望)

今週前半の二日間、Mさん、Sさんの御協力を得て、箒沢権現山、ショチクボノ頭エリアの残っていたルート、
ヤブ沢ノ頭~穴山沢ノ頭近辺の未トレース部分、高松山、第六天付近の残っていたラインを踏査しました。

初日は、単独で一軒家避難小屋よりマスキ嵐沢右岸の尾根を調べました。

2-IMGP1837.jpg

小屋手前の橋左岸基部より踏跡を辿ります。

3-IMGP1838.jpg

出だしは傾斜がありました。

4-IMGP1839.jpg

傾斜が落ちた最初のピーク状にあった標柱。

5-IMGP1841.jpg

美しく癒される尾根でした。

6-1IMGP1844.jpg

7-IMGP1846.jpg

8-IMGP1847.jpg(畦ヶ丸)

9-IMGP1849.jpg(箒沢権現山と小コウゲ)

歩き易くなだらかな尾根が続き、最後は畦ヶ丸~箒沢権現山の稜線に合流します。

10-IMGP1850.jpg

11-IMGP1852.jpg(稜線より尾根上部を望む)

尾根接続部付近からは、富士山の好展望が広がります。

12-IMGP1854.jpg

稜線には珍客がいました。

13-IMGP1855.jpg

14-IMGP1856.jpg(権現山分岐三叉路と目印土管)

旧登山道を下り(踏査済)、西沢本道にでて、下棚を往復しました。

1-IMGP1863.jpg

16-IMGP1858.jpg

そこから以前調べたルート経由で「ショチクボノ頭を目指します。

17-IMGP1866.jpg

ショチクボノ頭に到着です。

18-IMGP1870.jpg

19-IMGP1871.jpg

北に伸びる尾根を調べます。

20-IMGP1875.jpg

この鹿戸を通過した辺りから、バタバタしたルートになります。

21-IMGP1876.jpg

鹿柵を潜る部分。

22-IMGP1877.jpg

急な末端部は石堰下のこの踏跡が唯一の弱点でした。

23-IMGP1878.jpg

石堰下を飛び石で渡ります。(対岸より取り付き付近を望む)

24-IMGP1881.jpg

この地殻観測所が目印です。

25-IMGP1880.jpg

この日はSさん、Mさんも無事穴山沢頭近辺の踏査を終え、合流しました。

地元のSさんは帰宅し、Mさんと二人で常宿の落合館に泊まりました。


翌朝、落合館前にて。

30-01photo.jpg

去年暮れより10ヶ月にわたり本当にお世話になりました。


この日は高松山エリア、第六天付近の残っていた部分を三人で調べました。

30-IMGP1882.jpg

31-IMGP1888.jpg(尺里峠)

32-IMGP1894.jpg(第六天三角点)

33-IMGP1896.jpg(鉄塔田代幹線№375)

田代向手前の分岐。

34-IMGP1902.jpg

田代向のマス釣り場駐車場でSさんと合流して、この瞬間全ルートの踏査が終了しました。

35-IMGP1904.jpg


約10ヶ月間に亘った調査も無事終了し、あとは来週より編集に入ります。


御協力頂きました皆様方、本当にありがとうございました。



以降、またご報告させて頂きたいと思います。


どうぞ宜しくお願いします。
↓↓↓↓

にほんブログ村 アウトドアブログ ハイキングへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ



スポンサーサイト
tag :
<< topページへこのページの先頭へ >> 次のページへ >>