『 奥多摩詳細図踏査 大丹波川源流部 真名井北稜 』

2014-04-24
清東橋から大丹波川源流帯、真名井北稜を調べました。

1-1IMGP3416 (680x510)

早朝、川井駅からバスに乗り清東橋へ。この日は、奥多摩東部以降お世話になっている山岳ガイドのSさんにお手伝い頂きました。

1-IMGP3378 (680x510)

大丹波林道を進むと登山道分岐です。

2-IMGP3390 (680x510)

二手に分かれました。

登山道に再び合流し、沢沿いを進みます。

3-IMGP3394 (680x510)

このラインのすべての入口が通行止めとされていて、その最大の元凶であったのが、この橋の崩落でした。
今回の大雪でやられたようです。

4-IMGP3398 (680x510)

5-IMGP3400 (680x510)(山葵田の防獣ネットも被害を受けていました。)

6-IMGP3402 (680x510)(獅子口小屋跡。ここから二手に分かれます。)

Sさんの進む本流沿いの径も通行止めに。

7-IMGP3403 (680x510)

左に分かれる径に掛かる橋が雪にやられていました。

8-IMGP3405 (680x510)

横ヶ谷平で稜線にでます。

9-IMGP3407 (680x510)

赤杭尾根へと進み、真名井北稜を下りました。

10-IMGP3409 (680x510)

明瞭で明るい尾根でした。

11-IMGP3412 (680x510)

12-IMGP3422 (680x510)

途中、アカヤシオの群生帯があり、丁度満開でした。

13-IMGP3424 (680x510)

下部には、送電線新秩父線の鉄塔が尾根上に連なり、径は整備されています。

14-IMGP3425 (680x510)

珍客の出現に驚かれてしまいました。

15-IMGP3429 (755x900)

ここが真名井北稜の入口です。

16-IMGP3430 (680x510)

上日向バス停でSさんを待ちました。

17-IMGP3431 (680x510)

大丹波川沿いの登山道は雪の影響でかなり荒れていました。

崩壊箇所を全て特定しましたので、地図には表記していきたいです。



今回はこのエリアを熟知されているSさんに御協力を頂き、とても助かりました。
これだけ荒れた状態でしたが、適切なアドバイスを頂いたお蔭で、安全に調査することができました。

Sさんに深く感謝致します。


真名井北稜は花や動物などの、自然味に溢れる美尾根でした。


奥多摩の調査はまだまだこれからです。


どうぞ宜しくお願いします。
↓↓↓↓

にほんブログ村 アウトドアブログ ハイキングへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ





スポンサーサイト
tag :
<< topページへこのページの先頭へ >> 次のページへ >>