『 奥只見 二岐川本流 平ヶ岳先ノ沢 遡行 』

2015-07-24
以前から興味のあった、二岐川本流 平ヶ岳先ノ沢を遡行してきました。2015-7/22-24に実施。同行者、N上氏。

1-IMGP6766 (680x510)(平ヶ岳先ノ沢中流部の雪渓内部)

中ノ岐川を渡る雨池橋より入山。

2-IMGP6746 (680x510)

中ノ岐林道に入りすぐに現れる大岩壁。

3-IMGP6747 (680x907)

二岐川出合の大ナメ。

4-IMGP6749 (680x510)

廃道化している二岐林道に入り、藪漕ぎで進む。

5-IMGP6753 (680x510)(錆びれた橋から荒沢岳南面を遠望)

6-IMGP6754 (680x510)(遙か先に平ヶ岳方面を遠望。)

7-IMGP6758 (680x510)(兎沢出合より入渓。)

8-IMGP6759 (680x510)(ウドの恵みも..)

平ヶ岳先ノ沢に入ります。

9-IMGP6762 (680x907)

かなり下から雪渓が現れる。

10-IMGP6763 (680x510)

今年、このエリアはかなり雪が多い。

11-IMGP6769 (680x907)

雪渓はかなりデリケートな状態で、状況に即して上を進んだり、内部も一度潜ったが、大半は草付を大きく高巻いた。

12-IMGP6770 (680x907)(核心部の100m6段滝。ロープを使って慎重に越えた。)

1420m地点に辛うじて増水に耐えうる台地があり、幕営した。

1-IMGP6772 (680x907)

すぐ上流に雪渓がある為か、ひんやりとした幕場でした。
夜半より雨となり、翌日は雨が上がるのを待って、10:00頃出発。

2-IMGP6773 (680x510)

上部はほぼ雪渓通しで通過。

3-IMGP6778 (680x510)

4-IMGP6780 (680x907)(源頭部の詰め)

姫ノ池から北に延びる稜線に詰め上げました。

6-IMGP6784 (680x510)

5-IMGP6781 (680x510)

7-IMGP6786 (680x510)

稜線を密藪漕ぎ一時間で、平ヶ岳山上部の二子池に出たました。

8-IMGP6791 (680x510)

9-IMGP6794 (680x510)

雨脚の強くなる中、水場横の板場ににタープを張りました。

10-IMGP6801 (680x510)

此の夜は猛烈な豪雨に見舞われ、ずぶ濡れになりましたが、タープ下にツエルトを張ってからは快適に寝ることが出来ました。

11-IMGP6800 (680x510)

三日目は朝から大雨が止まず、平ヶ岳は割愛し玉子石に立ち寄りました。

1-IMGP6802 (680x907)

中ノ岐林道終点へ下山。

2-IMGP6805 (680x510)

3-IMGP6806 (681x863)

12.2kmの長い林道を延々と歩き通し、スタート地点の雨池橋に戻りました。

4-IMGP6810 (680x510)

N上氏に感謝です。

(コースタイム)
7/22 雨池橋 6:30 - ジョウ沢出合 11:30 - 1420m地点幕場 16:10 幕営。
7/23 幕場発 10:00 - 稜線 12:40 - 姫ノ池 13:45 - 水場脇 14:30 幕営。
7/24 幕場発 9:00 - 玉子石 9:30 - 中ノ岐林道終点 11:00 - 雨池橋 14:00。

どうぞ宜しくお願いします。
↓↓↓↓

にほんブログ村 スキースノボーブログ バックカントリーへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ



スポンサーサイト
tag :
<< topページへこのページの先頭へ >> 次のページへ >>