奥羽山脈 皆瀬川 虎毛沢

2017-09-16
秋田の奥深い沢に行ってきました。(2017-9/12前泊、13-15に実施。同行、N上、M野氏。)

1 (680x510)

前日に登山口の秋田、湯ノ又温泉跡まで車で入り、翌朝、湯ノ又沢沿いの登山道を詰めて、高松山~虎毛山の稜線に出ます。

2-IMGP0535 (680x500)

3-IMGP0536 (680x509)

4-IMGP0538 (680x907)

5-IMGP0539 (680x510)(稜線に出ます)

周囲の山が見渡せました。

6-IMGP0540 (680x510)(高松山方面)

遙か東方に栗駒山も望むことが出来た。

8-IMGP0542 (680x510)

三日目に辿りつく予定の虎毛山の山頂には、避難小屋があり、遠くからでもよく視えた。

9-IMGP0543 (680x510)

稜線を30分ほど南下し、赤湯又沢左俣源頭から下降を開始。

10-IMGP0544 (680x510)

11-IMGP0546 (680x907)

傾斜の少ない、下降に適した沢を進む。

12-IMGP0547 (680x510)

赤湯又本流に合流し、すぐで温泉の湧き出ている場所(AL640m付近)に到着。

13-IMGP0552 (680x510)

ここにタープを張り、この日の幕場としました。
このテン場、地面が程よく暖かく気持ちが良くて、正に”オンドル”でした。

15-IMGP0566 (680x510)

幕場の脇には丁度良い湯加減の釜が自然に発生していて、皆で天然の温泉を満喫しました。

14-IMGP0556 (680x907)

翌日は、赤湯又沢を下降し、虎毛沢を合わせてからは虎毛沢を上流部まで遡る予定でしたが、N上氏が初日の下降時に捻った膝の調子が悪くなり、この日の行動はNGとの申し出があり、虎毛山は断念し、三日目に同ルートを戻って下山する事となりました。

折角なので、M野氏と二人で虎毛沢に行ってくることになり出発しました。

16-IMGP0568 (680x510)(幕場周辺では、温泉の煙が至る所から沸きだしていました。)

17-IMGP0570 (680x510)

一時間ほど下り虎毛沢出合へ。

18-IMGP0578 (680x508)

硫黄毒素の影響が全くない虎毛沢に入って直ぐに魚影が走り、竿を出すと、尺ヤマメが釣れました。

19-IMGP0576 (680x510)

岩魚とヤマメが混生している美しい溪でした。

21-IMGP0582 (680x510)

おかず分を確保して、テン場に戻りました。

20-IMGP05801 (680x507)

9寸から尺サイズのヤマメが4匹もいて、マリネ、ソテー、なめろう、ホイル焼き等にして頂きました。

22-IMGP0588 (680x510)

23-IMGP0590 (680x510)

三日目は、早起きして下山を開始。
N上氏の脚も何とかなる状態で、辿ってきたルートを慎重に戻りました。

24-IMGP0593 (680x510)

25-IMGP0596 (680x508)

その後は、昼前に無事、車に戻る事ができ、何とか大事に至らずに、この山行を終えることができました。

山の達人とはいえ、気を抜くと、易しい場所でも事故は起きるという事を痛感させられた今回の山行でした。
これを糧とし、今後の山行に役立てていきたいと感じました。

(コースタイム)
9/13 湯ノ又温泉跡 8:00 - 稜線 10:30 - 赤湯又沢左俣下降 - 赤湯又沢640mAL付近幕場 14:00。泊。
9/14 赤湯又沢幕場 7:00発、15:00帰着。泊。
9/15 赤湯又沢幕場 5:30発 - 稜線 9:45 - 湯ノ又温泉跡 11:50。

(ルート概要)
26-図2 (680x541)

どうぞお宜しく願い致します。
  ↓  ↓  ↓  ↓

にほんブログ村 アウトドアブログ ハイキングへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ



スポンサーサイト
tag :
<< topページへこのページの先頭へ >> 次のページへ >>