『 西丹沢登山詳細図 5月度踏査 2、3日目 加入道山北面 檜洞丸北尾根 源造尾根 』

2013-06-04
踏査2日目、3日目は4つの班に別れて、大界木山~加入道山~前大室の北面、鳥ノ胸山、秋葉山を調べました。

32-IMGP0428.jpg(ギンリョウソウ、ヤケハギ尾根にて)

この日もSさんに御協力頂きます。
まずは道志の湯先から加入道山を目指します。

17-IMGP0404.jpg

18-IMGP0405.jpg

途中、立派な鹿戸が..

19-IMGP0406.jpg

白石峠への旧道分岐にある東屋。廃道記述のある旧道も一応踏査しました。

20-IMGP0408.jpg

暫くは割と明瞭な踏み跡が続きました。

21-IMGP0409.jpg

しかし700mほど進み、沢の左岸に取付く辺りで完全に廃道化していました。

22-IMGP0410.jpg

引き返し一般道を進みます。

23-IMGP0411.jpg(稜線手前の崩壊箇所。要注意です)

加入道山南西の稜線に出ました。

24-IMGP0412.jpg

加入道山頂

25-IMGP0413.jpg

加入道避難小屋

26-IMGP0416.jpg

加入道山から東への稜線。霧で幻想的でした。

27-1IMGP0415.jpg

29-IMGP0419.jpg

前大室からは北に伸びる尾根を下ります。

30-IMGP0420.jpg

31-IMGP0421.jpg

500mほど進んだのち、北西のネイチャーランドオムに下る一般ルートと北のヤケハギ尾根の二手に分かれて下りました。

33-IMGP0429.jpg(ヤケハギ尾根の不明瞭な取付き)

3日目は、檜洞丸~犬越路の北面の5本のルート、神ノ川林道、神ノ川~袖平山を4つの班に別れて調べました。

36-IMGP0433.jpg(神ノ川林道ゲートよりスタート)

37-IMGP0436.jpg(檜皮橋)

ヒワタ橋先、林道が大きくヘアピンカーブする部分のカーブミラー基部に、檜洞丸北尾根、源造尾根の取付きがあります。

38-1IMGP0438.jpg

まずは北尾根に取り付きます。

39-IMGP0439.jpg(明瞭な踏跡が続いていました。)

中間部からブナの自然林となり、美しい景色が続きました。

42-IMGP0447.jpg

43-IMGP0448.jpg

44-IMGP0449.jpg

上部はシロヤシオの宝庫となっていました。

45-IMGP0450.jpg

檜洞丸山頂直下

46-IMGP0455.jpg

山頂。モノクロで撮られていました。

47-IMGP0457.jpg

檜洞丸から稜線を蛭ヶ岳方面に40分ほど進み、北面の源造尾根を下ります。

48-IMGP0459.jpg

源造尾根は複雑な地形の尾根ルートでしたが、目印のテープが大量に付けられていて、進み易いルートでした。

49-IMGP0464.jpg

取付きの堰堤横断部がやや不明瞭です。

50-IMGP0468.jpg

51-IMGP0469.jpg

最後は檜洞丸北尾根との径と合流しすぐに林道ヘアピン部でした。



檜洞丸北尾根はブナの素晴らしい森と大量のシロヤシオが印象的だった素晴らしいルートでした。

踏査報告は4日目、5日目へと続きます。



どうぞ宜しくお願いします。
↓↓↓↓

にほんブログ村 アウトドアブログ ハイキングへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ




スポンサーサイト
tag :
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://mordred1114.blog.fc2.com/tb.php/119-17c0c81f

<< topページへこのページの先頭へ >>