『 西丹沢登山詳細図 8月度集中踏査-1 』

2013-08-06
西丹沢登山詳細図の踏査もいよいよ大詰めを迎えてきました。

1-IMGP1558.jpg(椿丸山頂)

8/3~5の三日間、トータル十数名が御参加下さり、蛭ヶ岳~臼ヶ岳~檜洞丸一帯、菰釣山~椿丸エリア、小川谷エリア、高松山一帯、犬越路トンネル、世附権現山東面等を踏査しました。

初日、自分たちの班は早朝都留市よりタクシーで菰釣山北面に入り、まずは菰釣山を目指します。
メンバーはMさん、歩く丹沢の辞書M氏、岡山のMさん、自分の四人で、全員イニシャルがMです。

2-IMGP1538.jpg(菰釣避難小屋)

3-1IMGP1539.jpg(菰釣山頂)

菰釣山より真南に延びる椿丸への尾根に入ります。

3-IMGP1540.jpg(出だしは踏跡が笹で隠れている感じです。)

すぐに現れる見事な大木。

4-IMGP1542.jpg

この尾根上に本来の菰釣山三角点があります。

5-IMGP1543.jpg

500mほどはこの様な感じが続きました。

6-IMGP1544.jpg

その後はスッキリした風景となります。

7-IMGP1547.jpg

大栂山頂。

8-IMGP1550.jpg

大栂先の尾根分岐で、富士見峠へ延びる尾根を調べる班と椿丸への班に分かれました。

9-IMGP1551.jpg

織戸峠付近。

10-1IMGP1553.jpg

椿丸北面の切り開き斜面。

10-IMGP1555.jpg

椿丸からの眺望。雲の切れ間から屏風山方面が望めました。

11-IMGP1560.jpg

椿丸から南は以前調査済の為、織戸峠に戻り、富士見峠へ水平に繋がる旧東海自然歩道の古道を調べます。

12-IMGP1561.jpg(崩壊部。この部分が悪かったです。)

13-IMGP1562.jpg(沢を横切る部分も不明瞭です。)

林道に出ました。

14-IMGP1563.jpg

富士見峠を経由し途中、南東に延びる尾根に入り、古道を調べます。

17-IMGP1566.jpg(歩く丹沢の辞書M氏)

この古道は判りやすいルートでした。
法行沢林道に合流後、1700mで林道合流点です。

15-IMGP1571.jpg

M、Mパーティーと合流し浅瀬橋を目指し山を降りました。

この日の収穫です(M、M班が収穫)。

16-IMGP1572.jpg

この立派なたまご茸、合宿所の落合館さんで天麩羅にして頂き、皆で舌鼓をうちました。


踏査は二日目以降に続きます...


どうぞ宜しくお願いします。
↓↓↓↓

にほんブログ村 アウトドアブログ ハイキングへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ




スポンサーサイト
tag :
コメント:
西丹沢の伝説「織戸峠」!
行ったことないんだけど、ものすごい笹薮の中に朽ちかけたベンチがあるんじゃなかったっでしたっけ?
私が昔写真で見た場所と違うのかな?
それとも笹、全部鹿が食べてしまったのかな?
それがちょっと気になります。
[2013/08/07 11:01] | 目黒駅は品川区 #mQop/nM. | [edit]
目黒駅さま

織戸峠、笹薮は無くなっていました。

鹿さんの仕業でしょう。

ベンチも見つけることが出来ませんでした。

富士見峠からの峠越えの径は、往時の繁栄を感じさせる道相と凄まじい崩壊とが交互に

現れる感じで、過ぎ去った歴史を感じることができる道でした。


またご訪問下さい。
[2013/08/10 22:30] | 世話人 #WGv/JGO2 | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://mordred1114.blog.fc2.com/tb.php/131-ebbec5bf

<< topページへこのページの先頭へ >>