『 登山詳細図 ルート紹介① №26 小仏城山東尾根コース 全長3300M 』

2011-11-17
登山詳細図のルート紹介の第一弾として、高尾山登山詳細図の №26 小仏城山東尾根コース 全長3300Mを紹介します。

このルートは北東尾根とも呼ばれていて、日陰沢林道の北にある尾根上を忠実に辿るルートです。
一般ルートではない為、道標等はありませんが、判りやすい一本道でもあり、地図を読みながら歩けば静かな尾根歩きが満喫できます。林道歩きが苦手な人にも、日陰沢林道のかわりに一度試して欲しいルートです。

城山よりスタートします。
城山

日陰沢林道とトイレの間にある径を下って行きます。
トイレ

城山巻き道へ下る分岐を直進します。
道票1

日陰沢林道にでます。
林道

日陰沢林道と巻き道との合流点。
道票

林道を70m下り、東尾根との接合点より尾根道に入ります。
合流点

入ってすぐの部分。台風で出来た倒木がありました。
上部倒木

上部の明るい道相。
上部1

高尾主脈を右手に見ながらのアングルは、新鮮です。
主稜線

570M進むと農工大の朽ちかけた記念標識があります。
農工大

途中、小さな登り返しがあり、登りきると621AL地点。
上り返し

すぐに送電線『八王子大月線高尾分岐』 №10鉄塔。
送電線鉄塔

快適な径。
中部2

徐々に針葉樹の森から自然林にかわってきます。
中部1

注意箇所① 前回の台風で出来た倒木箇所。
崩壊箇所1

傾斜があり注意して下ります。
崩壊箇所

そして尾根末端手前付近のコルにて、ルートは右に折れ、尾根の北側をトラバースする形で下ります。
右折箇所

注意箇所② 道が外傾していて滑りやすく、ロープが張られている。
骨折事故発生現場。
ロープ箇所

日陰沢合流手前部分。
日陰沢合流点

左岸ロープ奥へは立ち入れない(植生保護中)
立ち入り禁止標識

渡渉部分。平水時は石の上を伝って渡れる。雨後の増水時は注意!
渡渉

日陰沢林道に合流。目印の看板。
看板

電柱 中継支6
ミラー電柱

210mで小仏道と合流。終了です。
日陰沢林道合流部


登りより下りに良いルートです。

中部~下部の自然林は心が安らぎます。

東尾根、お勧めです。


これからも、登山詳細図収録ルートの検証を兼ねて、ご紹介を行っていきます。



どうぞ宜しくお願いします。
↓↓↓↓

にほんブログ村 アウトドアブログ ハイキングへ
にほんブログ村

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ



スポンサーサイト
tag :
コメント:
コメントいただきました、わんこの飼い主です。
素敵な詳細地図を本当にありがとうございました。

お茶屋さんで見つけたときは、
思わず小躍りしてしまいました。

混雑する高尾山域も、ルートしだいでは静かな山を楽しめるのを
知ってはいたのですが、
地形図を買って検討して、というところまでは重い腰が上がらずで。

でも、世話人さんの作成された地図さえあれば、
本当に安心してお山を歩くことが出来ます。

活用させていただきますね。
ありがとうございました☆

[2011/11/22 10:17] | vini@小雪飼い主 #vl0.ymII | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://mordred1114.blog.fc2.com/tb.php/16-81afeff7

<< topページへこのページの先頭へ >>