『 奥多摩詳細図 本仁田山集中踏査 平石尾根 花折戸尾根他 』

2014-04-03
M氏、W氏にお手伝い頂き、奥多摩、本仁田山の集中踏査を行いました。

1-IMGP3216 (680x510)(本仁田山頂。一番乗りだったW氏。)

奥多摩駅より三手に分かれて平石尾根、大休場尾根、ゴンザス尾根を調べました。

2-IMGP3186 (680x495)

自分は平石尾根へ。日原川沿いにマス釣り場のある平石橋まで車道を行きます。

3-IMGP3189 (680x510)

最初は立派な道から始まります。

4-IMGP3190 (680x510)

古い立派な道標が残っています。

5-IMGP3192 (675x900)

尾根に乗るまでの植林帯の中に、遺跡のようなものが現れます。

7-IMGP3198 (680x510)

古いトロッコ鉄道の隧道跡でした。

8-IMGP3197 (675x900)

尾根に出たところには、送電線日原線No12鉄塔がありました。

9-IMGP3200 (680x510)

しばらく進むと、安寺沢方面へと続く旧道と分かれ、平石尾根をそのまま進みます。

11-IMGP3203 (680x510)

平石尾根は自然林が広がり、新緑、紅葉の時期は特に楽しめそうなルートだと感じました。

12-1IMGP3205 (680x510)

最上部には雪が残っていました。

12-IMGP3211 (680x510)

本仁田山山頂に到着です。

13-IMGP3215 (680x510)

大休場尾根を調べて先に到着していたW氏と合流し、ゴンザス尾根を登ってくるM氏が到着後、自分は花折戸尾根を下りました。M、W氏には、北方へ出てから鳩ノ巣へ下る二本の登山道をお願いしました。

14-IMGP3217 (680x510)(大休場コース分岐)

15-IMGP3219 (675x900)(チクマ山)

16-IMGP3221 (680x510)(ゴンザス尾根分岐)

途中、萱の広がる部分があり、御岳山方面の展望が広がりました。

17-IMGP3224 (680x510)(中央手前は鳩ノ巣城山)

20-IMGP3231 (680x510)

この青い橋が入口です。

21-IMGP3233 (680x510)

入口に道標はなく、今後廃道化が進んでゆく径となるでしょう。
入口の民家も廃屋になっていて、以前は登山者を泣かせた猛犬の居た犬小屋もひっそりと朽ち果てていました。

22-IMGP3234 (680x510)

鳩ノ巣駅で両氏と合流し、細やかな宴の場へと向かいました。


この日は、両氏のお力を頂き、6本のコースを調べる事が出来ました。
W氏、M氏に深く感謝致します。

この日感じたのは、奥多摩北地区には、地図に無いシッカリとした古道や踏跡がかなりあり、それらを全て調査すると膨大な日数と経費も掛かるなという事でした。

とは言え、取り敢えず平石尾根南面、安寺沢方面を、今度は川苔山を調べた下山途中などに立ち寄って、効率良く再調査したいと思いました。

今後もコツコツと頑張って奥多摩に通いたいと思います。

興味ある方は御連絡下さい。


どうぞ宜しくお願いします。
↓↓↓↓

にほんブログ村 アウトドアブログ ハイキングへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ




スポンサーサイト
tag :
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://mordred1114.blog.fc2.com/tb.php/167-658436d4

<< topページへこのページの先頭へ >>