『 東丹沢詳細図補足踏査 秋葉山 仏果山 高取山 』

2014-06-11
仏果山エリアの補足踏査に出向きました。

1-IMGP3893 (680x510)

本厚木より半原行きバスで細野橋下車。この日は曇り予報でしたが、バス停を降りると本振りの雨が...

2-IMGP3878 (680x510)

幸いにも屋根付きバス停で、濡れずに身支度を整えられました。

山ヒル対策を万全に臨みたかったが、忌避剤残量が殆ど無くなっていた事が発覚。

十分とは云えない処置のまま出発。

3-IMGP3880 (680x510)(半原越分岐のトイレ。急な腹痛に襲われ、これに救われる。もしこの先の山道脇でキジ打ちとなっていた事を考えると、ゾッとします。)

4-IMGP3882 (680x510)(秋葉山への登山口)

5-IMGP3884 (681x908)(佐久間東幹線No390鉄塔)

林道が横切ります。

6-IMGP3886 (680x510)

秋葉山に到着。

7-IMGP3889 (681x908)

8-IMGP3887 (680x510)(秋葉大権現記念碑)

ここで、ふと手元を見ると、山ヒルが...
この日初の出血です。

9-IMGP3890 (680x510)

稜線に到着。
良く整備された登山道でした。正式名は『扨首子作業路』。

10-IMGP3892 (681x908)

雨もやみ、暫くで仏果山に到着。

11-IMGP3904 (681x908)

山頂にある、高さ13mの展望塔に登り、行動食を摂ったり、身支度を整えます。

12-IMGP3898 (680x510)(展望塔より宮ケ瀬湖方面)

この高さなら安心して床で身支度が出来ます。

服や靴、スパッツを全て脱いで点検したところ、20数匹が取付いていました。

13-IMGP3901 (680x780)(全て成敗してます。)

途中より雨が上がり、暑さに我慢できず、Tシャツで行動していたのも迂闊でした。

やはり、雨の日は蛭の活性がMAXとなり、低木や草上まで活動の範囲を広げているのでしょう。

雨の日、雨後も合羽着用は必須と認識しました。


気を取り直し、高取山へ。

15-IMGP3910 (680x510)

ここにも展望塔があります。

16-IMGP3909 (681x908)

17-IMGP3913 (680x510)(宮ケ瀬湖方面)

19-IMGP3915 (680x510)(仏果山)

愛川ふれあいの村方面に下ります。

20-IMGP3917 (680x510)(分岐地点)

21-IMGP3919 (680x510)(宮ケ瀬ダム)

この下りは、登り降りを行って、綿密に踏査しました。


ふれあい村先の広場で休んでいると、猫が遊びに来ました。

22-IMGP3920 (681x908)

23-IMGP3923 (681x908)

最後は、野外センター前バス停に到着しました。

次のバスまで少しあったので、再度、体、荷物を総点検したところ、また10数匹を発見。成敗しました。

25-IMGP3927 (690x682)(合羽の裏側にまで。)

今回の調査は、一定の成果があるものでした。

山蛭生態の雨天時経験則を重ねることも出来ました。


東丹沢にもまた何度か再訪予定です。


(追記)

しかし、これで終わりでは無かった..

バス内で、首裏に違和感を感じ、指でシゴいたところ、指先が血でべっとりに...

更に、帰宅後ザックを裏返して点検すると、数匹が...

雨の日の仏果山、恐るべしです。

(忌避剤が十分あったなら、これほどには成らなかったと思います。皆さん蛭対策を万全にして、夏の仏果山を楽しんで下さい。)

どうぞ宜しくお願いします。
↓↓↓↓

にほんブログ村 アウトドアブログ ハイキングへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ



スポンサーサイト
tag :
コメント:
お疲れ様です。いよいよ恐怖のヒルの季節がやってきましたね〜(笑)
本厚木から早朝に半原へ行くバス、なくなってしまったでしょう。
この間、大峰に行く時に乗ったんですが、横浜線の淵野辺か橋本から田名バスターミナルまで行って、そこから乗り換えた方が本数も多くて、早い時間に着けます!
[2014/06/11 09:59] | 目黒駅は品川区 #mQop/nM. | [edit]
仕事とはいえ、この時期、仏果山への登山ですか!
なんて言えばいいのか言葉が見つかりません。
蛭にやられることを承知の上、登るわけですから

雨天時だけは避けた方が・・・でも仕事ですもんね

[2014/06/13 12:34] | sailor #- | [edit]
目黒区さま

お久しぶりです。

書き込みありがとうございました。


半原方面のバス情報ありがとうございます。

参考にさせて頂きます。


今後とも宜しくです。
[2014/06/15 19:44] | 世話人 #- | [edit]
SAILORさま

書き込みありがとうございます。

曇り予報で出向いたら、麓で本降りでした。


梅雨時、雨の仏果山の恐ろしさを再認識させられました。

でも、雨上がりの宮ケ瀬湖方面の眺望は、美しかったですよ。


今後とも宜しくお願い致します。

[2014/06/15 19:49] | 世話人 #- | [edit]
雨天時の仏果山、恐るべし!
血を滲ませながらの踏査には、頭が下がります。

雨の日のヒルの生態について、また一文が書き加えられることを祈ります。
そうじゃないとこの苦労が報われませんよ~!

>指でシゴいたところ、指先が血でべっとりに...

背筋がゾゾゾ~っとしましたよ!
[2014/06/17 21:22] | かず #8g9fDn/I | [edit]
かずさん、

ありがとうございます。

土砂降りの中、登山道脇の茂みでキジ打ちをしなくて良くなっただけ、幸いでした。

そうなっていたら、と思うとゾッとします。


首と手の痒みが酷くて、いまもムヒが手放せません。

[2014/06/23 10:53] | 世話人 #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://mordred1114.blog.fc2.com/tb.php/181-e89e03bd

<< topページへこのページの先頭へ >>