『 奥多摩詳細図 踏査 大栗尾根 長沢背稜 カロ―大滝 』

2014-07-15
『奥多摩登山詳細図 西編 』 6/30踏査の模様です。

1-IMGP4137 (681x908)(カロ―大滝)

大栗尾根、七跳山~ハンギョウ尾根間の長沢背稜、カロ―谷経路を、J 山岳会友Hさんに御協力頂き、調査しました。

2-IMGP4112 (680x510)(大栗尾根取付は、末端からではなく、犬麦谷出合手前のこの木段より。H さん。)

大栗尾根交差までは快適な仕事道が続く。

3-IMGP4113 (680x510)

大栗尾根は上部に岩の混じる急登の悪場があります。
上級者向きのルートであると感じました。(下りロープ必携)

5-IMGP4121 (681x908)(悪場上の大岩)

長沢背稜縦走路に出ます。

6-IMGP4122 (510x680)

大栗山山頂へ。

7-IMGP4123 (680x510)

補足計測で七跳山を往復。

8-IMGP4127 (510x680)

9-IMGP4129 (680x510)(怖い橋。)

ハナド岩下には絶景が、

10-IMGP4130 (681x908)

ハンギョウ尾根経由でカロ―大滝へ。

11-IMGP4132(681x908).jpg

カロ―大滝

12-IMGP4139 (681x915)

13-IMGP4138 (681x908)

カロ―谷経路は複雑で、苦戦しました。

帰路では、久々に自然の驚異を傍観。

14-IMGP4147 (680x571)

大栗尾根は登山としてはかなり楽しめる内容で、拾い物でしたが、表記には注意して記したいと思います。

H さん、御協力ありがとうございました。

どうぞ宜しくお願いします。
↓↓↓↓

にほんブログ村 アウトドアブログ ハイキングへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ



スポンサーサイト
tag :
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://mordred1114.blog.fc2.com/tb.php/189-e226cdbd

<< topページへこのページの先頭へ >>