『 奥多摩詳細図 踏査再開 臼杵山、戸倉城山 』

2015-02-06
奥多摩登山詳細図の踏査を再開しました。

1-IMGP5892 (680x510)

当日は、戸倉三山の臼杵山(うすぎやま)北面~戸倉城山にかけての登山道を調べました。

5-IMGP5880 (680x510)(臼杵神社)

6-IMGP5884 (680x510)(山頂を往復、別ルートを調べて貰ったNさんと合流し、戸倉城山への縦走路を進みました。)

7-IMGP5885 (680x510)

737ALピーク一帯の植林を伐採中で、好展望が広がる部分がありました。

9-IMGP5893 (680x510)

10-IMGP5895 (680x764)

12-IMGP5898 (680x510)

荷田子峠で二手に分かれ、お二人には、地形図掲載の南面作業道類を調べて頂き、自分は荷田子バス停までの登山道をピストンし、再び縦走路を進みました。

11-IMGP5897 (680x510)

16-IMGP5900 (680x510)(盆堀山)

このあと、十里木への登山道を再びピストンし、峠で南面部隊と合流、城山を目指しました。

13-IMGP5907 (680x510)

城山は戦国時代、戸倉城という山城があった山。
五日市の街並みを眼下に見下ろせる眺望は、予想以上のものでした。

14-IMGP5908 (680x510)

15-IMGP5911 (680x510)

奥多摩詳細図の踏査も再開されましたが、池田和峰氏が中心となって行われている 『 奥武蔵登山詳細図 』の踏査もスタートしています。
池田氏は、『 奥多摩/西編 』の製作に御協力頂き、その才能の片鱗を示された探究者で、現在は氏が中心となって、『奥武蔵登山詳細図』の踏査、作成を行って頂いています。

こちらにその活動が紹介されています。
↓    ↓    ↓    ↓
奥武蔵登山詳細図踏査日記

奥武蔵の山々には、自分も思い入れが深く、踏査に出向く予定です。
健康や安全に留意して、踏査活動を継続していきたいと思います。


宜しければお願い致します。
↓↓↓↓

にほんブログ村 アウトドアブログ ハイキングへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ



スポンサーサイト
tag :
コメント:
ブログの宣伝してくれてありがとうございます。
それよりなにより、奥武蔵登山詳細図の作成に協力できること、感謝感激しております。

尾根から麓へのピストン、踏査をするようになってから、よくやるようになりました。
自分としては、新しい登山スタイルなので、けっこう楽しいです。

戸倉城山はまだ行ったこと無いのですが、戦国時代と同じような展望の良さには驚きました。
これからもよろしくお願いいたします。
[2015/02/09 19:56] | 池田和峰 #8g9fDn/I | [edit]
池田さん、ありがとうございます。

登り返しピストン、辛いですね。さすがです。
城山展望は驚きでした。

奥武蔵もまず丸山より頑張りたいと思います。
[2015/02/10 12:58] | 世話人 #WGv/JGO2 | [edit]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[2015/04/09 17:37] | # | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://mordred1114.blog.fc2.com/tb.php/212-81dd99f0

<< topページへこのページの先頭へ >>