『 奥多摩東編踏査 妙指尾根エリア 』

2015-06-11
本仁田山西方、平石尾根支尾根の妙指尾根と、関連する幾つかの水平道を調べました。
(2015-06/10に実施。協力者、N澤氏。)

1-IMGP6527 (680x907)(向寺地のアカガシ)

大沢バス停よりスタート。

2-IMGP6516 (680x510)

以前、平石尾根を調べた時に分岐した3本のトラバース径を下から順に検証。1本目は直ぐに行止りに、二本目は寺地方面に繋がっていた。

3-IMGP6518 (680x510)

途中、奥多摩工業曳鉄線と合流する部分があった。
動画を撮ってみました。ご覧下さい。
↓   ↓   ↓   ↓
[広告] VPS
ケーブルに曳かれて、ドコドコと不気味に動くトロッコは、手塚治の火の鳥望郷編に出てくる、異様な星での光景を連想させた。

下部水平道は、向寺地橋への径と交差。橋を渡り、一旦、寺地バス停まで計測した。

5-IMGP6524 (680x510)

交差部に戻り、少しでアカガシ巨樹となる。(幹回り4.5m、樹齢不祥)

7-IMGP6528 (680x510)

この少し西方にコンクリートの遺物があり、そこから妙指尾根を直登する。

8-IMGP6531 (680x510)

9-IMGP6533 (680x510)(尾根下部)

送電線日原線10号鉄塔と交差。

10-IMGP6534 (680x907)

その上方で中段水平道と交差、平石尾根合流部まで行き往復、荒廃がかなり進んでいました。

11-IMGP6536 (680x510)

妙指尾根に戻り、平石山を目指します。

13-IMGP6540 (680x510)(上部では自然林の美しい部分も。)

平石尾根との合流部。ここで登路を引き返し、途中から安寺沢方面に伸びる支尾根を下ります。

14-IMGP6543 (680x510)

この支尾根は、傾斜がかなり強く、一般向きとは云えない尾根でした。

15-IMGP6547 (680x510)

中段水平道と交差、妙指尾根まで往復し計測。

16-IMGP6548 (680x510)

戻って、最後は送電線巡視路となった径を下り、安寺沢の車道へ。

17-IMGP6550 (680x510)

奥多摩駅に出てこの日の踏査を終えました。

18-IMGP6553 (680x510)

この複雑なエリアが全て解明でき、有意義な一日となりました。
お手伝い頂いたN澤さんに感謝致します。

どうぞお宜しく願い致します。
  ↓  ↓  ↓  ↓

にほんブログ村 アウトドアブログ ハイキングへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ



スポンサーサイト
tag :
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://mordred1114.blog.fc2.com/tb.php/231-2bc68ef3

<< topページへこのページの先頭へ >>