『 奥羽 栗子山系 栗子山 滑谷沢 』

2015-07-09
梅雨の晴れ間を縫って、奥羽、栗子山系で沢登りを楽しんできました。(同行者はN上、M野氏。)

1-IMGP6709 (680x510)

福島、山形県境の東栗子トンネル(福島側)より入山。

2-IMGP6670 (680x510)

ここより万世大路という明治初頭に作られた国道跡を辿って入渓しました。

3-IMGP6672 (680x510)

4-IMGP6674 (680x510)(二ッ小屋隧道)

烏川橋より烏川を下降します。

5-IMGP6676 (680x510)

6-IMGP6679 (680x510)

途中、岩陰に隠れた尺岩魚を掴み獲りした野人N上氏。残念ながら禁漁(残留線量対策)の為リリースしました。悪魔は、遠く離れたこんな美しい自然をも確実に蝕んでいます。

7-IMGP6683 (680x907)

滑谷沢出合まで下降し、滑谷沢へ入ります。

8-IMGP6689 (680x510)

9-IMGP6691 (680x510)

右俣に入り、上流部の二俣で幕営しました。

10-IMGP6695 (680x510)

翌日も晴れ。7:50、遅めの出発。

1-IMGP6703 (680x907)(源流部)

山頂直下の藪漕ぎを抜けると、栗子山山頂。

2-IMGP6705 (680x510)

一等三角点がありました。

3-IMGP6707 (680x510)

南側稜線には薄い踏み跡があり、最低コルを目指して進みます。

6-IMGP6718 (680x510)

4-IMGP6712 (680x510)(米沢方面、飯豊連峰遠望)

5-IMGP6715 (680x510)(栗子山を振り返る)

7-IMGP6720 (680x907)

コルより沢を下降し、滑谷沢左俣へ出ました。

8-IMGP6724 (680x510)

9-IMGP6727 (680x510)(出合下の美しい森)

10-IMGP6728 (680x510)

滑谷左俣を暫く遡行すると、頭上に大平橋が現れました。

11-IMGP6732 (680x907)

此処から奥への万世大路は跡形も無く消えていましたが、奥にはまだ杭甲橋、栗子隧道という歴史的建造物が現存しています。

12-IMGP6733 (680x510)

この橋から万世大路を辿って、東栗子トンネルに戻り、楽しかった沢旅を終えました。

13-IMGP6734 (680x510)

歴史古道と美しい沢を繋げた二日間でした。同行のお二人に感謝です。

(コースタイム)

7/7 東栗子トンネル 6:45~烏川橋 7:30~滑谷沢出合 9:30~AL830m二俣幕営地 15:30 泊
7/8 幕営地 7:50~栗子山 9:50~滑谷沢左俣出合12:10~大平橋 13:30~東栗子トンネル15:20 

どうぞ宜しくお願いします。
↓↓↓↓

にほんブログ村 スキースノボーブログ バックカントリーへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ



スポンサーサイト
tag :
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://mordred1114.blog.fc2.com/tb.php/235-f278c641

<< topページへこのページの先頭へ >>