『奥多摩 六ッ石山スキー登山 石尾根滑降』

2012-01-26
山頂 板2

石尾根に雪が沢山あるとの情報に、またスキーを担いで出掛けました。

1月26日、始発電車に乗り奥多摩駅で下車。バスに乗り継ぎ、水根で下車。
8:00前にスタートです。
水根

登山道入口。六ッ石山、榛の木尾根に詰める支尾根を目指します。
登山口

植林帯の急登を抜けると、支尾根に出ました。
中間部

榛の木尾根合流手前で板を履きました。
板を履く

影

榛の木尾根合流点
尾根合流部

積雪は豊富で、奥多摩とは思えない世界となっていました。
南東尾根1

ラッセルシュプール。
上りシュプール

なだらかな傾斜と広い防火帯幅の尾根で、雪はモナカ状ですが、吹き溜まりにはパウダーもありました。
南東尾根3

奥多摩で雪庇!!
雪庇

快適な登りを堪能し、六ッ石山頂上到着。
山頂1

鷹ノ巣山遠望。雪がかなりありそうです。
鷹ノ巣山

三頭山方面。
三頭山

石尾根縦走路に合流。
石尾根1

アップダウンがあり、シール滑降で進みます。
石尾根2

シュプール。
シールを外し、滑る。何とかターンに成功。
シュプール

榛の木尾根が見えます。
あちらにすれば良かった。六ッ石から下の石尾根滑降は自分には難し過ぎました。
南東尾根遠望

御前山北面。かなり雪がありそうです。
御前山北面

標高900m付近で板を脱ぎました。
板を脱ぐ

石尾根登山口。
入山口

奥多摩駅に戻ってきました。
奥多摩駅

山行の成功を祝して、美酒を頂きました。
酒

今回は六ッ石山、榛の木尾根が拾い物でした。
積雪はかなり(80cm近く)あり、暫らくは溶けそうにない感じでした。
水根から六ッ石山に登り、榛の木尾根の快適部分を滑り、登り返してから水根に下れば、かなり充実しそうです。
今週末は、ほぼこの状態で残っていると思われます。

バックカントリー愛好家で節約中の貴兄、お勧めです!


(コースタイム)
水根 8:00 - 南東尾根合流点 10:00 - 六ッ石山 10:50 - 奥多摩駅 13:20

標高差 登り930m、下り1130m。


どうぞ宜しくお願いします。
↓↓↓↓

にほんブログ村 アウトドアブログ ハイキングへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ



スポンサーサイト
tag :
コメント:
石尾根すごい雪ですね〜
日曜日に石尾根歩きはどうかな?と思ってたんですが
こんなに雪があるのでは違う場所を検討しなくては・・・w
[2012/01/26 19:20] | カシラ #- | [edit]
旅行をした気分になりました。
すてきな写真をありがとうございます!!
[2012/01/27 00:11] | セシルです #- | [edit]
奥多摩・奥武蔵で山とスキーとはうらやましいかぎりですね。
[2012/01/27 09:38] | 谺 拓山 #mhSi3P9M | [edit]
すごくきれいな景色ですね。
山に登れば、日常の些細なことなんかどうでもよくなる
と、登山をされる方から聞いたことがあります。
私は登山をする体力がないので、
自分勝手なことを書いて、ストレス発散しています。
どうぞまた私のブログを見に来てください・・・・
とは、とても言えません。
でも、私は時々、きれいな写真を見せていただきに訪問させてください!

ああ~~!ホンマにきれいやわ(*^_^*)
[2012/01/27 12:56] | 宇宙人 #- | [edit]
隊長様≫
どうもです。
週末は石尾根に沢山人が入るかもですね。
トレースには期待できそうですね。
自分的には、水根からのハンノ木尾根がお勧めです。
自分のトレースは残っていると思います。
でも本当に今年に入って雪が多いですね。

セシルさん≫
ありがとうございます。
また訪問させて頂きます。

拓山様≫
どうもでございます。

宇宙人さん≫
ありがとうございます。
カーネーションの記事、いいですね。
3姉妹の今後が楽しみですね。
また訪問させて頂きます。

[2012/01/27 14:22] | 世話人 #WGv/JGO2 | [edit]
前回の奥武蔵丸山同様、近場で滑られている記録を探しているうちにたどり着きました(苦笑)。
いやはや、頭が下がるばかりです。。。。

この土日は、私も近場で滑ってこようと思います。
[2012/01/27 17:50] | Mt.Racco #4A9T8td. | [edit]
Mt.Racco さん
どうもです。
日光に行かれたそうで、羨ましいです。
またご訪問させて頂きます。
[2012/01/31 21:32] | 世話人 #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://mordred1114.blog.fc2.com/tb.php/24-216bb450

<< topページへこのページの先頭へ >>