北ア-黒薙川-北又川上部~黒岩平

2015-10-02
禁漁前に念願だった北又川上部を訪れました。(2015-9/29-10/1に実施)

1-1IMGP7205 (680x510)(北又川上部 サルガ滝)

北又川は10数年前、増水により下部で敗退した苦い思い出があるルート。
今回の小滝~明星山下~小滝林道~中俣新道~黒岩平~黒岩谷下降~黒岩谷出合のアプローチで北又川上部に辿りつくプランは、その後10数年来温めていましたが、N上氏に誘われ、上部だけですが、再び北又川へ向かう事となりました。

小滝林道奥からスタートする中俣新道を辿りました。

1-IMGP7170 (680x510)(新道に入りすぐに現れる中俣小屋)

2-IMGP7173 (680x510)(犬ヶ岳への栂海新道の稜線)

稜線に近づくと紅葉が進んでいました。

3-IMGP7190 (680x510)

黒岩山に到着 (N上氏)。
数年前にスキーで縦走した想い出が甦りました。

4-IMGP7194 (680x510)

錦秋の黒岩平。

5-IMGP7198 (680x510)

黒岩谷を慎重に下降しました。

6-IMGP7202 (680x510)

北又川に降り立ちました。

7-IMGP7203 (680x907)

この日は、出合上の、選択の余地がない、決して出水には強いとは云えないに幕場にベースを張りました。


翌朝も朝から好天で、本流上部へ空身で遡上しました。

2-IMGP7207 (680x907)

35cmの大物も掛かりました。

3-IMGP7208 (680x510)

支流の吹沢谷に入ると、巨大な猪の亡骸が横たわっていました。

4-IMGP7211 (680x510)

右岸ルンゼに滝があり、ここから滑落死したと思われます。

5-IMGP7212 (680x907)

野生のプロである猪でも、滑落して命を落とすのだという現実を見せられて、山で遊ばせて貰っている下界の自分など、いつ何時こういった運命を辿ることになっても不思議でないなと身震いをしてしまいました。
再々度、安全登山の決意を新たにした一日でした。

N上氏とおかず分を幾匹か確保したところで、幕場に戻り、撤収しフィックスしていた荷を解き、再度ベースを張りました。

6-IMGP7215 (680x510)

7-IMGP7219 (680x510)
(34cmと35cm。)

N上氏がきれいに捌いてくれました。

8-IMGP7224 (680x510)

岩魚姫に遭遇。

9-IMGP7228 (680x907)

雑誌『山と釣り』(地球丸)の取材スタッフの皆様でした。

10-IMGP7230 (680x510)(以前、お世話になったMさん(中央)も見えられていました。出たら買いに行きます!)

11-IMGP7232 (680x510)

夜は苦労して担ぎ上げた美酒と北又川の恵みを肴に、溪の夜をゆっくりと味わいました。

12-IMGP7245 (680x510)(岩魚イクラ)

翌日は、黒岩谷を登り返して、まずは黒岩平へ戻ります。

1-IMGP7250 (680x510)

撮影隊の皆さんも先に到着されていました。

2-IMGP7252 (680x510)
(メンバーには、溪の達人、豊野さんもいらっしゃいました。)

黒岩平の紅葉は二日間で更に進んでいました。

3-IMGP7256 (680x510)(明星山、海谷、焼山方面遠望。佐渡も見えました。)

登山口に着いたあとは、行きにデポしたMTBで林道を下りました。

4-IMGP7262 (680x510)

3時間のコースタイムのところ、25分で着きました。

5-IMGP7265 (680x907)

懐かしの明星南壁を見学し、

6-IMGP7268 (680x510)

高浪の池も眺めて帰路につきました。

7-IMGP7269 (680x510)

今年最後の沢も、無事終わりました。

(コースタイム)
9/29  小滝林道ゲート 5:45 - 中俣新道登山口 6:45 - 中俣山 8:30 - 黒岩平 11:00 - 北又川黒岩谷出合 14:40 (泊)
9/30  北又川遡下降終日。
10/1  北又川黒岩谷出合 8:00 - 黒岩平 10:30 - 中俣新道登山口 13:25 - 小滝林道ゲート 13:55 

どうぞ宜しくお願いします。
↓↓↓↓

にほんブログ村 スキースノボーブログ バックカントリーへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ



スポンサーサイト
tag :
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://mordred1114.blog.fc2.com/tb.php/243-8a1853ac

<< topページへこのページの先頭へ >>