『今日の峠人④、⑤』

2012-02-06
先日も土日と小仏峠に登山詳細図のご紹介に出向きました。(小仏峠より富士山遠望)
DSCF0165.jpg

山の雪は固く凍りつき、登り下りに困難な中、この週末も多くの登山者の方々が小仏峠を通過されて行きました。
今回も2名の方をご紹介します。

2/4は、旧小仏茶屋を管理されている原口さんにお話をお伺いしました。
DSCF0135.jpg

お名前   原口菅生 さん
お歳     83歳
お住まい  品川区

*毎週火曜、土曜に始発電車に乗り、欠かさず小仏峠に通われています。
 戦後間もない10代の頃より高尾山系で遊ばれていたそうです。
 その頃は高尾~陣馬を走って往復されていたそうです(今のトレランのはしりですね)。
 
 小仏茶屋の先代と深い親交があり、先代が茶屋を閉められた後、茶屋の管理、補修を依願され、
 義心にて今日まで続けられています。

 以前は木工製品の工場を営まれていて、その道では熟練の技をお持ちです。
 茶屋の周囲にある竹製のベンチも峠の竹林から切り出して、ご自分で製作、補修をされています。
 登山者の為に竹の杖を作って、無償で提供されているのは有名な話で、
 この週末では、その杖の恩恵に多くの軽装ハイカーの方々が助けられていました。
 世話人にも、いつも温かい言葉を掛けて頂き、土曜は心強く活動する事ができます。

 日当たりの少ない小仏峠に温かい日差しが差し込むお昼時の時間、
 原口さんは日差しを一身に浴びて、幸せそうに寛がれます。
 お昼を過ぎて、冷たい日陰の小屋に戻る頃、夢から覚めたように下山されて行きます。

 原口さん、いつまでもお元気で小仏峠に通って下さい。



お2人目は、2/5にWさんにお話を伺いました。

DSCF0163.jpg

お名前    Wさん
お歳     40代後半
お住まい   八王子市
お仕事    会社員
好きなスタイル  
       トレイルラン
好きな場所  景信山
山歴     もうすぐ1年。

*以前からランニングをされていて、自宅から高尾山口をよく往復されていたところ、ある日急に山を走って
 みたくなり、そのまま高尾山に走って登られたたそうです。
 今では高尾~陣馬往復を6時間を切るところまで精進されたそうです。

 高尾山系での3大トレランレースにも参加され、中盤タイムで完走されたそうです。
 天狗トレイルの時は、小仏峠通過時に世話人にもお声掛け頂きました。

 この日は、慎重に登山靴、アイゼンで入山されていました。
 今年の目標は、奥多摩、丹沢で走る事だそうです。
 登山詳細図もご活用頂いていて、北高尾などのマイナーコースも少しずつトレイルしてみたいそうでした。


この2日間は先週にはフカフカだった雪が、凍って固くなり、登山者の方は苦労されている様子でしたが、
アイゼンの感触を楽しみながら歩かれているかたも多く、皆さん雪と氷の山道散策を楽しまれているようでした。


どうぞ宜しくお願いします。
↓↓↓↓

にほんブログ村 アウトドアブログ ハイキングへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ



にほんブログ村 スキースノボーブログ バックカントリーへ
にほんブログ村



 
スポンサーサイト
tag :
コメント:
世話人さん、こんばんは早速の掲載ありがとうございます
こんな大きく載せていただきまして光栄です(笑)
土曜日はお疲れ様でした、寒い中大変ですよね
また高尾~陣馬への通りすがりで声をかけさせていただきますね
ありがとうございました。
[2012/02/06 20:54] | わくわく #- | [edit]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[2012/02/07 09:11] | # | [edit]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[2012/02/07 16:13] | # | [edit]
wさん≫
コメントありがとうございます。
また山でお会いしましょう。
失礼します。
[2012/02/09 08:38] | 世話人 #WGv/JGO2 | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://mordred1114.blog.fc2.com/tb.php/27-c2d4d402

<< topページへこのページの先頭へ >>