頚城 火打山 影火打ルート

2016-04-21
火打山北面の影火打ルート~焼山北面台地滑りました。

IMG_0171 (680x456)
(高谷池よりの焼山残照)

今週は、再来日した友人マイク氏と、雪のありそうな火打山エリアに向かいました。

1-IMGP8020 (680x498)

入山口の笹ヶ峰牧場に雪は少なく、雪を拾いながらスキーで進む。

2-IMGP8026 (685x913)

川を渡り、十二曲り~富士見台下まで雪は少なく、板を担いで登る。

3-IMGP8038 (680x503)(富士見台)

焼山、火打が見えてきた。

4-IMGP8040 (680x510)

この日は、二日前より営業を開始した高谷池ヒュッテにお世話になった。

1-1IMG_0167 (680x680)(焼山残照)

翌朝は5:30出発で火打山を目指しました。

1-IMGP8045 (680x510)

3-IMGP8047 (680x510)(高谷池ヒュッテを振り返る。)

4-IMGP8050 (680x510)

5-IMGP8052 (680x510)

6-IMGP8054 (680x510)

そして山頂へ。

10-IMGP8064 (680x510)

大展望が広がっていました。

9-IMGP8062 (680x510)(三田原、妙高方面)

8-IMGP8059 (680x510)(天狗原山、金山と北ア、白馬方面遠望。)

これから滑る焼山北面台地、影火打ルートを視察。

7-IMGP8057 (680x487)

11-IMGP8067 (680x510)

何とか行けそうで、影火打のコルに向かって慎重に滑りました。
動画です。
↓       ↓       ↓       ↓       ↓       ↓
[広告] VPS


焼山をバックに雄大な景色が広がっていました。

12-IMGP8075 (680x510)

ルンゼを移る際にマイク氏が難儀した悪場。

13-IMGP8081 (680x510)

14-IMGP8084 (680x510)(焼山の半径2キロ圏内外でしたが、ここが最接近地点。)

急傾斜の堅いバーンが続く。

15-IMGP8085 (680x510)

急斜帯を抜け一安心。

16-IMGP8087 (680x510)

振り返ると先刻までいた斜面が、そそり立っていました。

17-IMGP8093 (680x510)

そして最後の関門、賽の河原の横断。本当に雪が少なく、今迄で一番難儀しました。

18-IMGP8097 (680x510)

最後はマントリングで這い上がる!

19-IMGP8096 (685x913)

20-IMGP8099 (680x510)

21-IMGP8100 (680x510)

アマナ平からは、長い林道歩きを想定していましたが、何とか末端付近まで雪を拾って滑る事ができ、幸運でした。

笹倉温泉までもう僅か。

22-IMGP8102 (680x510)

春の恵みを少々。

23-IMGP8104 (680x510)

ゴールの笹倉温泉には雪は全くなく、桜が満開でした。

24-IMGP8105 (680x510)

温泉で汗を流した後、のんびりとバスに揺られて、糸魚川へ。

バスの後窓から振り返ると、火打、焼山が屏風絵のように広がり、我々を見送ってくれました。

25-IMG_0177 (680x510)

(コースタイム)

2016-4/18 笹ヶ峰牧場 10:00 ~ 十二曲り 12:20 ~ 高谷池ヒュッテ 14:45
4/19 高谷池ヒュッテ 5:30 ~ 火打山 7:00 ~影火打ルート ~ 賽の河原 10:20 ~ 笹倉温泉 12:30


どうぞ宜しくお願いします。
↓↓↓↓

にほんブログ村 スキースノボーブログ バックカントリーへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ



スポンサーサイト
tag :
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://mordred1114.blog.fc2.com/tb.php/283-bf215efd

<< topページへこのページの先頭へ >>