『白馬 栂池~親不知(日本海) スキー縦走 2 』

2012-04-16
栂池~親不知スキー縦走の続きです。

長い登りの果てに長栂山に辿り着きました。

長栂山1

ここで初めてこれから辿る栂海新道の稜線が見渡せました。

栂海遠望

パートナーを一時間ほど待つ間に、飲み干してしまった水を作ったりしました。
到着後すぐに滑降に移ります。黒岩平まで標高差700mの大斜面です。

大斜面

北面で固くクラストしていました。

滑降1

愛読のガイド本に "北アルプスで一番の斜面" と紹介されていて憧れていた斜面でしたが、噂に違わぬ素晴らしいバーンでした。

滑降太陽

黒岩平に到着。風避けできる場所を見つけテントを設営しました。

テント

素晴らしい夕日に染まる初雪山。

初雪山

夕日

しかしこの後、未明より激しい暴風雨が30時間近くも続き、その間テントに閉じ込められてしまいました。

テント内


幕営地の地形がある程度が風を防いでくれましたが、テントもよくもったと思います。
この時テントがやられていたら、大事になっていました。

翌々朝、4/12(木)やっと雨風が収まり、朝日を浴びる事ができました。

朝

テントを撤収し、縦走再開です。まずは黒岩山を目指します。

朝3

黒岩山手前付近。バックは五輪山北面。

黒岩手前

黒岩山に到着です。

黒岩山

更に稜線を進みます。

稜線1

長栂山北斜面の全貌が見えます。

大斜面最終

黒岩沢源頭にカモシカが遊んでいました。

カモシカ遠望

カモシカ朝

小滝川西俣沢源頭。

西俣沢

サワガニ山に到着。

沢蟹山

剱岳北面、小窓尾根、早月尾根が見えます。

剣

しかし、快適だったのはこの辺り迄で、稜線はクレバスとブッシュの入り混じった、非常にシビアなコンディションへとなってゆきます。

クレバス1

サワガニ山の次の小ピークからの下降が、どうやっても不可能で、クラストした斜面を北又谷源流に向けて300mほどトラバースしながら下降しました。

下降

トラバース

源流右俣を詰め、何とか稜線に戻りました。犬ヶ岳が近づきます。

犬1

もう一度厳しい下降がありました。

犬手前

そして犬ヶ岳山頂。

犬山頂

かなりの時間を浪費してしまい、14:00近くにやっとの到着でした。
頂上直下にある避難小屋(栂海山荘)を目指します。

小屋

犬滑降

雪で埋まっていた入口を掘り出し、やっと中に入れました。

小屋1

この日はこちらにお世話になりました。

小屋歴史

この栂海山荘と白鳥小屋は、栂海新道を開拓したサワガニ山岳会の人々によって建立、運営がされています。
ドアに苦節の歴史が刻まれていました。

両小屋とも使用後は整理して退出しました。
また寸志を納めさせて頂きました。サワガニの皆様のご苦労に感謝です。

以降、続編に続きます。


どうぞ宜しくお願いします。
↓↓↓↓

にほんブログ村 アウトドアブログ ハイキングへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ



スポンサーサイト
tag :
コメント:
相当危険なように思いますが
わずか二人だけで雪山に行くのは極普通なのでしょうか。
もし遭難の危険などがある場合はこんな雪深い山でどのようにするのでしょうか。
景色はすばらしいですが計画性と勇気がないとできませんね。
[2012/04/16 23:47] | ユッカリン #- | [edit]
こちらは何よりも…
本当に素晴らしい夕日!!!!
美しすぎます…

暴風雨、耐えられて本当によかったです><
まずはお疲れ様でした!
ゆっくり体、休められてくださいね!
[2012/04/17 09:55] | たゆさり #- | [edit]
ユッカリンさん≫
コメントありがとうございます。
今回は日程に余裕があったので完登する事が出来ましたが、
暴風雨につかまったのと、雨で雪面の状態が悪くなった事で、
予備の日程も使い果たしてしまいました。
このルート、今後五月連休などは更に悪くなると思います。
ありがとうございました。

たさゆりさん≫
ありがとうございます。
夕日はとても綺麗でした。
嵐の前の夕日って輝くんですね。
また訪問します。
[2012/04/17 13:48] | 世話人 #WGv/JGO2 | [edit]
すっごい濃い内容と写真で圧倒されました。。。
しかしすごいですね~
[2012/04/17 17:28] | T-born #- | [edit]
T-Bornさん≫
書き込みありがとうございます。
また訪問させて頂きます。
[2012/04/18 21:06] | 世話人 #WGv/JGO2 | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://mordred1114.blog.fc2.com/tb.php/41-42d08fa7

<< topページへこのページの先頭へ >>