『白馬 栂池~親不知(日本海) スキー縦走 3 』

2012-04-18
栂池~親不知スキー縦走の続きです。
前篇①はこちらです。→http://mordred1114.blog.fc2.com/blog-entry-40.html
前篇②→http://mordred1114.blog.fc2.com/blog-entry-41.html

翌、4/13(金)早朝、小屋を立ちました。

犬下り

稜線の出だしは、概ね快適でした。

最後1

最後2

しかし、菊石山手前の1291mピーク辺りでクレバスが多くなり、加えてガスにまかれます。

最後3

視界の悪い中、かなり急な悪い下りを暫く続けました。

最後5

しかし、高度計で300m近くも下ったところで、沢の音が聞こえてきて異変にやっと気づきました。

最後6

残していた虎の子の電源でGPSを作動させ確認すると、やはり似虎谷北谷のほうに消える尾根を下っている事が判りました。
稜線が東に向きを変える部分で、ガスの中そのまま北へと進んでいたようです。
すぐに下ってきた尾根を上り返しました。
幸いガスも切れてくれ、正しいルートが判りました。

最後7

ガスの中、夢中で下っていましたが、かなりの斜度でした。
稜線に復帰した時には、3時間以上を浪費していました。

ここから菊石山まではスキーが使え、少し時間を短縮できました。

菊石山を下った辺りで間違って下った尾根が見えました。殆ど末端まで下っていました。

最後8

この辺りからルート状態がとても悪くなり、クレバスが避けられなくなってきました。

最後9

最後10

下駒ヶ岳南面の斜面が、とても越えられない状態で、スキーで右上へトラバースし、何とか突破しました。
北側の雪面は快適で、なぜか茶色く変色していました。

shimo.jpg

この後もクレバス帯に悩まされ、危険個所は、常に四つん這いになって進みました。

最後11

白鳥山まであと少しのところで、今日のルートを振り返ります。

最後12

やっと避難小屋の屋根が見えました。

最後13

到着しました。

最後14

日本海が眼下に横たわっていました。

最後15

この日中に親不知まで抜ける予定でしたが、時間ロスが響き、時計は17:00前を示していたので、この避難小屋に泊まる事にしました。(小屋二階窓から本日のルートを振り返る)

最後16-1

夕刻に明日の最終ルートを遠望。

最後17

ここで携帯が繋がり、登山本部への連絡、翌日の天気確認を行いました。
翌日は朝から雨の予報でしたが、白鳥山~坂田峠の部分は、過去3度滑っていたので、何とかなると思い、この夜はゆっくりと休息しました。

翌、4/14(土)は朝から小雨がパラついていました。
視界の利くうちにと、5:00に出発、坂田峠までは稜線を辿らず、フォールラインのバーンを滑り、林道滑走を使って時間短縮しました。

最後18

林道地帯は標高が500mほどとは思えない雪量となっていました。

最後19

この時期、ここで、これほどの積雪量は初めてでした。

最後20

途中、橋が流されていました。

最後21

渡渉して這い上がりました。

最後22

林道を上り返し、栂海新道に復帰です。

最後23

二本松峠

最後24

入道山

最後25

入道山を過ぎると濃霧に襲われ、ルートが判りづらくなります。

最後26

地形が広く複雑で、積雪が多く、目印等も無く難儀します。
ここで虎の子電源でGPSを作動させようとしましたが、温存しておいた筈の電源が空になっています。
このM社のGPS、地図踏査でも使っていますが、トラブルが非常に多く、今回は一番重要な時に用を成しませんでした。やはり高価でも電源に安心のあるG社のものが良いと痛感した次第でした。

なんとか地図、コンパスを頼りにルートを発見し、ついに登山口に降り立ちました。

最後27

余力で日本海まで。

最後28


雨の日本海は、我々に優しげでした。

その後、栂海新道入口の『親不知観光ホテル』のドアを、ずぶ濡れで叩き入浴をお願いしました。
まだ午前中で、風呂の準備が出来ていないと一度断られましたが、親切で美人の奥様が、特別に準備をしてくれる事になりました。しかも着替えを持たない我々に、乾いた下着類、トレーナーまで無償で下さいました。

風呂に浸かり、乾いた衣服に着替えると、長かった6日間の想い出が掛け廻ってきました。

その後、ご主人に親不知駅まで送って頂きました。

最後29

美人の奥様は北ア、船窪小屋のお嬢様だそうで、ご主人とは栂池のスキー場で出会われたそうです。
とても山屋に理解のあるホテルで、栂海新道を走破された際は、必ず立ち寄る価値のある宿だと思いました。
親不知観光ホテル

その後、糸魚川の食堂で祝杯をあげ、6日間の山旅を締めくくりました。

最後30

今回は、装備の質、重量、メンバーの力量等、多くの反省点を残した山行でした。
もっと濡れに有効な装備を吟味して選択し、ギアーの総量を極限まで切り詰めて、ライト&ファストで臨まないと
このルートは厳しいと感じました。
とにかく力不足の山行でした。

しかし、素晴らしい長栂山北面の大斜面、嵐の前の夕日の素晴らしさ、
動物たちとの出会い等、良き想い出となる山行でした。

この経験を生かして次なる山に臨んでいきたいです。


(コースタイム)

4/9 栂池自然園 12:30 - 振子沢 - 蓮華温泉 15:30
4/10 蓮華温泉 7:00 - 兵間ノ平 - 長栂山 15:00-16:00 - 黒岩平 17:00
4/11 停滞
4/12 黒岩平 6:00 - 犬ヶ岳、栂海山荘 14:30
4/13 栂海山荘 6:00 - 白鳥小屋 17:00
4/14 白鳥小屋 5:00 - 二本松峠 8:30 - 入道山 10:00 - 親不知 11:30

どうぞ宜しくお願いします。
↓↓↓↓

にほんブログ村 スキースノボーブログ バックカントリーへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ



スポンサーサイト
tag :
コメント:
グレイト!
でもスキーずっと背負って歩いてるような。
[2012/04/18 11:20] | 目黒駅は品川区 #mQop/nM. | [edit]
はじめまして。
山登りもしないのに、時々お邪魔させていただいています。

先日、御岳山の山歩きをしただけで筋肉痛になりましたが、
記事を読ませていただいて驚いたり、恐くなったり。
ご無事で何よりでした。
またお邪魔させていただきます。
お身体に気をつけてくださいね。
[2012/04/18 14:23] | おばんです #- | [edit]
目黒駅は品川区さん≫
いつもありがとうございます。
確かにサワガニ山~白鳥山間は殆どスキーは背負っていました。
コンディションが良ければもっとスキーが使えて、時間も掛からなかったと思います。
また宜しくお願いします。

おばんですさん≫
ありがとうございます。
とても嬉しいです。
これからも宜しくお願い致します。
また伺います。
[2012/04/18 21:13] | 世話人 #WGv/JGO2 | [edit]

初めまして!
こんばんは!たっけと申します!
初めて訪問させていただきましたが、トップから素晴らしい写真でつい見続けていました!

読んでいくうちに、自然の素晴らしさと厳しさが伝わってきました!
風景はとてもきれいだし、とても寒そうだしなどと考えながら見ていました!

これからもお体に気を付けながら登山を楽しんできてください♪
[2012/04/18 21:24] | たっけ #HqIPYW/. | [edit]
たっけさん≫
ありがとうございます。
勉強、部活、頑張って下さい。
また訪問させて頂きます。
[2012/04/18 22:38] | 世話人 #WGv/JGO2 | [edit]
たいへんな山行きでしたね。
見入ってしまいました。
ずぶ濡れになって体温低下など危険と隣り合わせのようで
相当体力がないとできませんね。
普段からどんなトレーニングをしているのですか。
[2012/04/18 23:04] | ユッカリン #- | [edit]
ユッカリンさん≫
読んで頂いてありがとうございました。
いろいろと反省点の多かった山行でした。
トレーニングではないですが、毎週末、小仏峠という山に
地図(30キロくらい)を担いで登っています。
でもまだまだ体力不足を感じました。
また宜しくです。
[2012/04/19 09:51] | 世話人 #WGv/JGO2 | [edit]
お疲れ様でした!
スゴイ~~さすがです。
栂池から親不知、いつか行ってみたいです。
日本海に到達したときの感動と充実感は、最高でしょうね。
いやあ、強い!すごい!


僕なんて、足元にもおよびませんが、
自分なりに、充実した山に行きたいと 記録と写真、楽しく拝見しました。
[2012/04/19 11:53] | じゅげむ プラチナ #- | [edit]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[2012/04/19 12:13] | # | [edit]
じゅげむ プラチナさま。
どうもです。お元気ですか?
書き込みありがとうございました。
とても光栄です。
また山にご一緒しましょう!
失礼します。
[2012/04/19 22:06] | 世話人 #WGv/JGO2 | [edit]
はじめまして!
時折お邪魔させていただいております。
いつも、感心しております。
パンダは根性がないため、登山には不向きだと思いますので、いつもすごいな~?と思って拝見しております。
くれぐれも健康にお気をつけてくださいませ。
でわ。see you~~
[2012/04/19 22:20] | パンダの夢 #- | [edit]
スゴすぎです。
まるで修行僧のようで、凄すぎです。
登山の詳細図を作られてるって、素人的には地図ってことなんですか?
ホント敬服いたします。 すごい。
[2012/04/19 23:03] | T-born #- | [edit]
はじめまして。
初めてこちらのブログにお邪魔させていただきました。
わたしは雪山に行ける自信も体力もないので、夏山か雪のない山ばかりで、
皆さんの山行記事で旅気分を味あわせていただいているのですが、
こちらの記事はドキドキしながら拝読しました!
写真のガスとクレバスの中、ご無事でなによりです!
[2012/04/19 23:11] | もこ #- | [edit]
今回は読んでいて、写真を見て、怖かったです。
実家の父の友人で、大学生のころ、登山をやっていて、
後輩と二人で登山することになったそうです。
後輩のお母さんは見送りに来て「どうかよろしくお願いします」
と、深々と頭を下げたそうです。
しかし山に入ってから霧がいっぱい出てきて、
全く今どこにいるかもわからなくなったそうです。
後輩は「先輩、どうするんですかあ?」
と言ってくるんだそうです。
さてどうするか、と思った瞬間がその時までに経験した
最高の恐怖だったそうです。
その時、後輩のお母さんの顔が浮かんだそうです。
自分は仕方ない、
しかし後輩だけは生きて返さなくてはいけないと、
必死だったそうです。
かなりの時間の後、霧が晴れて、下山出来たそうです。
もう60年くらい前のことだそうですが、
鮮明に覚えていて、話されてました。
その話を今回、思い出しました。
山は美しいですが、本当に恐ろしいです。
でも恐ろしさを超える、美しさがあるから、
登山はやめられないんでしょうね。
[2012/04/19 23:27] | 宇宙人 #- | [edit]
私が世話人さんのブログを訪れるようになったのがお正月辺りから・・・
ずっと素敵なお写真の虜でしたが、こんなに難儀された登山は初めてみたような気がします。
やはり道が分からなくなるというのは、凄く怖いことなのだと思います。
まず、無事に下山されて本当によかったです。
そして、自然の美しさはもちろん、厳しさも教えてくれるお写真、ありがとうございました。
まずはお体、休められてくださいね☆
[2012/04/20 07:32] | たゆさり #- | [edit]
パンダの夢さん≫
ありがとうございます。
頑張ります。
また伺います。

T-Bornさん≫
また見て頂きありがとうございました。
高尾山と奥多摩東部の二種類の詳しい登山地図を作って広めています。
いまは東丹沢エリアを踏査作成中です。
また宜しくお願い致します。

もこさん≫
見て頂きありがとうございました。
まだ未熟者なので精進してゆきたいです。
ページ見させて頂きます。

宇宙人主婦さま≫
その恐怖解ります。
自然の網に絡め捕られているような恐ろしさと不安感です。
対処スキルや装備を向上させて、今後、余裕をもって臨めるよう精進します。
また伺います。

たさゆりさん≫
本当にありがとうございます。
自分の未熟な力を超えた山行だったので、その恐怖感が伝わったのかも知れないですね。
今後、精進します。
ありがとうございました。
[2012/04/20 09:12] | 世話人 #WGv/JGO2 | [edit]
コメント有難うございました!m(_ _)m

時折、訪問させて頂いておりますが、
自然のダイナミズムがそのまま伝わってくるような
大迫力の写真に(いつも)圧倒されております!

そこに自分も存在しているかの錯覚を覚えます。

これからもどうかお身体大切にされつつ、ご活躍を。

また伺います^^!
[2012/04/21 19:58] | silverwinger #- | [edit]
silverwingerさん≫
ありがとうございます。
とても光栄です。

またお邪魔して音楽の息吹を嗅がせて頂きます。
[2012/04/23 11:49] | 世話人 #WGv/JGO2 | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://mordred1114.blog.fc2.com/tb.php/42-f07a6cee

[2012/04/18 11:25]
<< topページへこのページの先頭へ >>