『東丹沢登山詳細図 5月 集中踏査 - 1 』

2012-06-01
『東丹沢登山詳細図』、5月度最終の集中踏査を行いました。

1-三峰尾根上部01

2012-5/28、岡山隊と合流した総勢6名で、宮ヶ瀬湖バス停、三叉、青宇治橋の3ルートに分かれて丹沢三峰尾根を目指します。(春木ノ丸ルート下部より宮ヶ瀬湖キャンプ場)

2-宮ヶ瀬

トンネル上より三叉路方面

3-1下部

御殿森ノ頭。市販の地図の表記よりかなり下方にありました。ここから分岐する旧道は廃道化していました。

4-1.jpg

高畑山 766m

3-高畑山

やっと三峰の西峰、本間ノ頭に到着です。次回調査予定の栂立尾根の分岐を確認したりしました。

4-3.jpg

ここからは辛いアップダウンが続きます。
しかし、美しいブナの林帯が心を打ちます。

5-ブナ 見上げる

4-ぶな林三峰

ツツジも満開でした。

6-1つつじ01

ぶな林は続きます。

6-1三峰尾根上部1

シロヤシオも満開でした。

6-シロヤシオ

堂平方面への分岐。明日のルートです。

7-山荘直下分岐

丹沢山々頂、みやま山荘に到着です。全長11キロ、累計登高差1500m、下降差400mの丹沢屈指の体力ルートでした。小屋に入るとすぐに雨になりました。

8-みやま山荘 朝

翌日は堂平方面往復と棚沢ノ頭、塔ノ岳西尾根の2班に分かれ塔ノ岳集合の行程です。
棚沢ノ頭を目指します。(途中、稜線にて)

9-稜線蛭へ01

棚沢ノ頭。道標が朽ちかけています。

10-棚沢ノ頭

分かりづらいガレ場帯より蛭ヶ岳遠望。

11-1棚沢尾根より蛭ガ岳遠望

荒れたガレ場を過ぎると素晴らしいブナの林が広がっていました。

11-棚沢尾根ぶな01

ここもツツジが満開でした。

12-ぶなとつつじ

ブナヶ岳南尾根と富士山。吉田大沢にはまだ大量の雪が...

13-01富士山と西丹沢

高差700m下り熊木沢出合に。箒杉沢本流を渡る橋が一部流されていました。

13-1橋分断1

設置されていた梯子を使って渡ります。

13-熊木沢上崩壊橋

玄倉林道最奥部は、荒れている箇所が目立ちました。

14-林道崩壊箇所

途中、オカラ沢~鍋割山の旧道を検証し、塔ノ岳西尾根から塔ノ岳を目指します。
尊仏ノ土平では道標が土砂に埋没寸前でした。

15-埋没道標

この尾根もブナの広がる気持ちの良いところでした。(上部にて)

16-1上部

頂上下400mにあった不動の水場。尊仏山荘ではここの冷たくて美味しい水が使われています。

16-不動の水場

最上部よりの鍋割山稜。

18-2鍋割山稜遠望

塔ノ岳山頂到着です。

17-塔ノ岳

ブナの宝庫、棚沢ノ頭尾根を遠望します。

18-1棚沢ノ頭ルート遠望

このあと本谷林道に下り、登り返してきた別班も到着し、尊仏山荘に一晩お世話になりました。

18-尊仏猫

パート2に御期待下さい。


どうぞ宜しくお願いします。
↓↓↓↓

にほんブログ村 アウトドアブログ ハイキングへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ



スポンサーサイト
tag :
コメント:
いよいよシロヤシオのシーズンですね。ヒルのシーズンでもありますが。
丹沢三峰の道は、ヒルがいるのでおいそいれと休憩できないのが欠点でしょうか。
で、いつも後半休みなしでいく。
[2012/06/01 10:46] | 目黒駅は品川区 #mQop/nM. | [edit]
こんにちは。
今回、宮ヶ瀬から丹沢山まではヒルに遭遇しませんでした。
そのかわり後半の低山帯でしっかりやられました。
シロヤシオ、きれいでした。
[2012/06/01 11:19] | 世話人 #WGv/JGO2 | [edit]
ご苦労様です。

きちんとした調査があって、
林道が整備されるので頭が下がります。

丹沢はこのところ歩いてはいませんが、
結構、メイン以外の山は、
ルートが崩れていたような気もしますので、
コレでより安全なほうに整備されるのだと思います。

がんばって下さい。
[2012/06/02 12:46] | flowerh #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://mordred1114.blog.fc2.com/tb.php/52-9551d19b

[2012/06/01 11:38]
<< topページへこのページの先頭へ >>