FC2ブログ

北丹沢集中踏査 初日 神ノ川林道、地蔵尾根、風巻尾根

2020-11-10
自宅から遠く、公共交通の便が無い道志エリアの宿に連泊し、北丹沢一帯を再調査しました。
(2020-11/4.5.6に実施。)

IMGP5412 (680x510)

初日は、Yさんと橋本駅で早朝に合流。Yさんの車で神ノ川林道へ。

IMGP5377 (680x510)(事前情報通り、長者舎手前で完全封鎖されていました。)

IMGP5378 (680x503)(この部分、斜面が崩れ、巨大なコンクリートの法面補強部材が幾つも浮いていて、いつ落下してもおかしくない状態でした。これを直すにはかなりの年月が掛かるかも知れないですね。)

IMGP5383 (680x510)(神ノ川ヒュッテ奥は、悪くてこの程度でした。)

IMGP5387 (680x510)(神ノ川を渡り、地蔵尾根へ)

地蔵尾根取付きは急な壁で、威圧感がありました。

IMGP5388 (680x510)

IMGP5391 (680x907)

上部、【鹿落とし】付近の悪場。

IMGP5397 (680x510)

地蔵平に詰め、先で主脈登山道に合流。

IMGP5403 (680x510)

IMGP5404 (680x510)(道標地蔵平)

IMGP5409 (680x510)

姫次、袖平山経由で風巻尾根を下降します。

IMGP5411 (680x510)

IMGP5416 (680x510)

IMGP5420 (680x510)(鎖が新設されていた)

IMGP5424 (680x510)

IMGP5427 (680x510)

車に戻る頃には、暗くなっていて、沢山動いたハードな初日でした。

地蔵尾根はかなり悪いルートで、特に複雑な枝尾根が多く広がる最下部の下降は、相当危険であると感じました。
最新版の登山地図から削除されたのも理解できました。
伝統あるラインであり、記載は継続しますが、注意書き等に留意したいと思います。

Yさんは、山スキー歴35年のベテラン山屋さんで、10年前に小仏峠で詳細図を購入下さって以来、時折、峠で山スキーの話等をさせて頂いてましたが、今年6月に偶然、大室山山頂で邂逅し、その際に踏査への参加希望をお聞きしていて、今回の合宿にご参加下さったという経緯でした。
地蔵尾根は登りでもかなり悪く、単独では不安でしたが、ベテランのYさんが同行してくれて、本当に心強かったです。
Yさんは、三日目までフルで参加下さいました。
Yさんに感謝の一日でした。

二日目に続きます....

宜しくお願い致します。
  ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 アウトドアブログ ハイキングへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ



スポンサーサイト



tag :
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://mordred1114.blog.fc2.com/tb.php/532-ce24f054

<< topページへこのページの先頭へ >>