FC2ブログ

袖平山北西尾根 北尾根 再踏査

2021-01-21
袖平山北西尾根 北尾根再踏査 2021-1/20に実施。協力者Yさん。

1-IMGP5851 (680x510)(袖平山山頂より)

年頭にエビラ沢右岸径の寂滅を確認したので、袖平山北西尾根末端からの経路を調べてきました。

2-IMGP5821 (680x503)(社宮司橋前の取り付きにて。Yさん。)

3-IMGP5822 (680x509)(取付き。明瞭な踏み跡を辿る。)

4-IMGP5823 (680x510)

5-IMGP5824 (680x496)(キャンプ場を見下ろす。)

急斜面ですが、良く踏まれた径が蜿蜿と続いていて、今後も安全に北東尾根が楽しめる事が判りました。

6-IMGP5829 (680x510)(エビラ沢右岸径が出合うコルと手製道標。)

7-IMGP5834 (680x510)

8-IMGP5839 (680x510)(袖平山が近づく。)

9-IMGP5840 (680x504)

この日は巨大な高気圧が日本全体をすっぽりと覆う気圧配置で、無風快晴、八ヶ岳、南アまで良く見渡せ、最高の登山日和でした。

10-IMGP5841 (680x501)(風巻ノ頭、富士山)

11-IMGP5843 (680x510)

ルート上部の印象的な岩稜帯では、7年前に友人H氏と踏査した記憶も追懐されました。

12-IMGP5844 (680x510)

13-IMGP5846 (680x510)(最上部には残雪も。)

そして山頂へ。

14-IMGP5847 (680x492)(Yさん。)

15-IMGP5848 (680x503)(大室山、南ア 塩見~北岳)

16-IMGP5850 (680x510)(檜洞丸)

山頂はカラマツが点在し、静寂で風情がありました。

17-IMGP5853 (680x510)

下山は北尾根を辿り、こちらも台風による径の大きな変化部分が記録でき、大きな成果が有りました。

18-IMGP5854 (680x510)

19-IMGP5856 (680x498)(焼山)

20-IMGP5857 (680x510)

北尾根は一般道と同等以上に快適で、道型が整備された径でした。

21-IMGP5858 (680x484)

アクシデントもあり、途中より左膝外側が痛くなり、下山に難儀しました。
膝には古傷もありましたが、ここまで痛むのは10年以上振りで、身体に色々とガタがきていると痛感、膝痛予防トレーニングや、タイツ、サポーターによる事前予防を誓った一日でした。

22-IMGP5860 (680x502)

Yさんには本当に助けて頂き、パーティー行動の有難さ、単独行の怖さを感じた一日でもありました。
Yさんに深く感謝致します。

宜しくお願い致します。
  ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 アウトドアブログ ハイキングへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ



スポンサーサイト



tag :
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://mordred1114.blog.fc2.com/tb.php/543-307fcddc

<< topページへこのページの先頭へ >>