FC2ブログ

蔵王連峰 刈田岳

2021-03-04
不忘山の翌日は、宮城から山形への蔵王越えに向かいました。(2021-2/25。同行者Sさん。)

1-IMGP6074 (680x907)
(刈田岳山頂)

そらまめの山岸さんに、すみかわスキー場まで送って頂きました。

2-IMG_0062 (680x510)

すみかわスキー場からは、先ず刈田岳を目指しました。

3-IMGP6068 (680x510)

4-IMGP6070 (680x510)

しかし、麓は晴れていましたが、山域上部は悪天で、厳しいツアーとなっていきました。

5-IMGP6072 (680x510)

6-IMGP6073 (680x510)

7-IMGP6078 (680x510)

11:30、刈田岳山頂に到着。

8-IMGP6076 (680x510)

結局この日、山形越えは諦め、宮城側へと戻りました。

9-IMGP6084 (680x510)

動画撮影に失敗しましたが、パウダーの吹き溜まった良い沢状バーンなども有り、敗退しましたが、宮城側への降りは楽しかったです。

10-IMGP6086 (680x510)

11-IMGP6089 (680x510)

13-IMGP6091 (680x510)(二口山塊、大東岳遠望)

遠苅田温泉で入浴後、バスを乗り換え、白石蔵王駅へ。帰京は夜遅くでした。
同行のSさんに感謝でした。

14-IMG_0065 (680x510)

最後にそらまめと山岸さんについて少し。
彼とは、彼が奥多摩消防署におられた頃に、当方の『奥多摩詳細図/東編』初売りイベントに新刊図を買い求めに来られた事があり、その時に知り合いました。
登山詳細図の有効性を評価下さり、地図踏査合宿にも参加下さりました。黒姫山BCツアーで山行をご一緒したりもしました。
その後、三条の湯小屋番になられてからも、三条の湯に泊まって一帯を調査した際に、踏査チームでお世話になったりもしました。
飲むと、「三条の湯小屋番は修行で、旅人を暖かく持て成す、自分の宿を持ちたい」、という夢を語られていました。

今回は、第一号の客として、その宿願成就を祝福でき、光栄でした。
このエリアは、BCの良いルートもまだ多くあり、今後も再訪させて頂きたいと思います。
旅行業の船出には、大変なご時世、タイミングですが、ペンションそらまめと山岸御夫妻のご多幸を願っています。
頑張って下さい!

宜しくお願い致します。
  ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 アウトドアブログ ハイキングへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ


スポンサーサイト



tag :
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://mordred1114.blog.fc2.com/tb.php/549-0bbbbef4

<< topページへこのページの先頭へ >>