fc2ブログ

六甲東編再踏査 最終日六日目 逆瀬川源流 社家郷山エリア

2021-10-19
最終日は四日目のアクシデントで未踏となっていた表題のエリアへ(2021-10/8に単独で実施)。

1-IMGP7442 (680x501)(逆瀬川源流域 時代劇に出てきそうな風景です。)

阪急逆瀬川駅からバスで終点、エデンの園BSで下車。

2-IMGP7437 (680x510)

3-IMGP7441 (680x510)

降り口はこの車道の切れ目です。

4-IMGP7443 (680x510)

社家郷山山稜を西から東へ。

5-IMGP7447 (680x510)

北面に魅了的なザレた細尾根を見つけ、記録も多数あり、登り口、降り口共にしっかりとした径も確認できたので、今後踏査して新図に加えたいと思います。

6-IMGP7451 (680x510)

7-IMGP7454 (668x907)(馬の背)

8-IMGP7457 (680x510)

9-IMGP7460 (680x510)

残っていた樫ヶ峰ルートで六甲保養荘側に降り、西宮カントリークラブとの接続部の確認などを行い、保養荘で入浴し汗を流して山を降りました。

フル稼働で山を駆け巡った六日間でしたが、収穫は多かったです。現地の協力者の皆様にも本当に御世話になり、助けて頂きました。深く感謝を申し上げます。
次回ですが、来月には行かなければと考えております。
関西のかたで、踏査に興味のあるかたは、お知らせ下さい。

この日は後日談があり、神戸在住の旧友と30年振りに再会し、盃を酌み交わしてきました。
二日連続で六甲ケーブル下にバスで通った三日目、この日もK大前を通過した際に、K大に進学した高校時代の友人、K君の事を思いだし、何気なくネットで検索したところ、今はK大で偉い先生となっている事が判り、踏査中に山中からK大の代表番号に電話したところ、彼に繋いで下さり、自分が帰京する最終日であれば時間が取れるとの事となり、六日目最終日の夜に会う約束をしました。
そして最終日夜に、阪神御影駅前で彼と無事に落ち合う事ができ、東京への終電までの暫しの間でしたが、楽しい時間を過ごす事ができました。
六甲東編を進呈すると、熱心に見てくれ、自分の家の裏山に、こんなに多くの登山コースがあるのか、と驚いて、『今迄、裏山の六甲には興味がなかったが、今度、是非行ってたくなった』、と言ってました。
次回再訪時も飲もうと約束し、六甲行きの楽しみも加わりました。

スポンサーサイト



tag :
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://mordred1114.blog.fc2.com/tb.php/578-4b73e863

<< topページへこのページの先頭へ >>