fc2ブログ

新地図 『大菩薩連嶺 中央沿線の山 登山詳細図』 踏査 鶴ヶ鳥屋山一帯

2022-09-23
この週は鶴ヶ鳥屋山に出向きました(2022-9/15に実施。協力者 池田和峰氏)。

1-IMGP8981 (668x907)

この日は、奥武蔵図作者、池田さんが御参加下さりました。

2-IMGP8957 (680x498)(笹子駅より船橋沢の林道を進む)

船橋沢右岸の送電線巡視路のある尾根を調べる池田氏と、ここで分かれました。

3-IMGP8959 (680x510)

船橋沢沿いの登山道下部は、水害後にラインが大きく変わったようでした。

4-IMGP8962 (680x510)

5-IMGP8965 (680x499)

6-IMGP8966 (680x510)

7-IMGP8967 (680x510)

8-IMGP8969 (673x907)

稜線に出ました。傾斜のあるタフな道でした。

9-IMGP8972 (680x510)

林業用の櫓は残骸となっていました。

10-IMGP8971 (680x510)

11-IMGP8975 (680x510)

この日は晴れ予報でしたが、山域上部は、目に見えない霧雨に覆われていました。

12-IMGP8978 (680x510)

そして、鶴ヶ鳥屋山に到着。

13-IMGP8980 (680x510)

途中、コースアウトのロスタイムもあったので、予定より遅れての到着でしたが、池田さんを1時間も待たせてしまいました。

14-IMGP8982 (680x509)

林道まで下ると、リニア関連の送電線工事で、この一帯が大きく変化中でした。

15-IMGP8986 (680x510)

北側の破線ルートに降る池田氏と途中分かれ、近ケ坂橋への登山道を下ります。

16-IMGP8988 (680x502)

近ケ坂橋西側もリニア関連の大規模工事の真っ最中で、今後大きく変わりそうです。

17-IMGP8989 (680x489)

18-IMGP8993 (680x504)

初狩駅に下山。池田氏と無事合流し、この日を終えました。

19-IMGP8994 (680x506)

この日は、鶴ヶ鳥屋山エリアの5本の径を調査する事が出来ました。
この山は起伏が強く、歩数も三万歩を越え堪えましたが、成果が有り、良い運動にもなりました。
池田さんに感謝です。

宜しくお願い致します。
  ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 アウトドアブログ ハイキングへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ



スポンサーサイト



tag :
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://mordred1114.blog.fc2.com/tb.php/629-9161513d

<< topページへこのページの先頭へ >>