『 和賀山塊 和賀川 大鷲倉沢遡行記 前篇 』

2012-09-20
秋田の名峰、和賀岳を巡る沢旅に行ってきました。

1-1-1DSCF1930.jpg

大曲より斉内川、真木林道の詰めにある立派な避難小屋から今回の沢旅は始まります。
(今回のメンバーは岳友のN上氏、M野氏。)

1-小屋SCF820


甘露水で薬師岳への道を分けて、大甲、甲山方面への道を辿ります。

1-1DSCF1823.jpg

ブナ林の間から薬師岳が見えてきます。

2-薬師嶽遠望DSCF1826

美しいブナの森。

3-ぶなDSCF1830

稜線に出ると、南に鳥海山が広がっていました。

4-鳥海山DSCF1831

甲山分岐からは、和賀岳を遠望し、稜線を薬師方面に辿ります。

6-稜線DSCF1850

甲山と角館方面。

7-下部と山DSCF1851

和賀川本流に下降する支沢の源頭であるコルを目指します。

8-アン部DSCF1853

コルから急傾斜の支沢を標高差で400mほど下降します。

9-下降DSCF1855

なんとか和賀川本流に降り立ちました。

10-和賀川DSCF1856

本流を少し下り、和賀岳自然環境保全地域エリア外で釣り糸を垂れてみます。

11-1DSCF1862.jpg

すぐに良型の岩魚が食付いてきました。

11-いわなDSCF1867

大自然の恵みを、夕飯用に少々頂きました。

12-岩魚全体DSCF1871

13-いわな2-DSCF1909

本流を遡り、大鷲倉沢出合上の河原にタープを張りました。

14-タープDSCF1876

皆で薪を拾いに行き、火を熾しました。

15-火おこしDSCF1879

担ぎ上げた美酒で乾杯です。

16-1-1DSCF.jpg

まずは、岩魚のハーブソテーを作ります。

16-1-ハーブソテーDSCF1881

もう一品、イワナを白ワイン、トマト、ニンニク、黒オリーブ、ケイパーで煮込み、パスタに絡めました。

16-2-共青DSCF1890

焚火の焔が漆黒の夜を美しく照らします。

17-焚火DSCF1899

沢の夜はゆったりと更けていきました。

18-談笑DSCF1903


後編に御期待下さい。


どうぞ宜しくお願いします。
↓↓↓↓

にほんブログ村 アウトドアブログ ハイキングへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ




スポンサーサイト
tag :
コメント:
こんにちは。。。
いつも山の景色
楽しく見させてもらってます。

天然イワナに出会える
環境の中でのお仕事
良いですね!!!

応援しております。。。
[2012/09/21 06:03] | SBR #KVLmlD.E | [edit]
こんばんは!

岩魚のお料理…めっちゃおシャレで、おいしそうデス
←絶対美味しいですよね(((o(*゚▽゚*)o)))

子供の頃少年団?で山へキャンプをしに行ったことを思い出しました。
その時の夕食は、カレーでしたが(笑)
今はこんな素敵なお料理ができちゃうんですね〜。

自然の美しさ、楽しさを改めた思い出し、
また登山&キャンプしに行きたいな〜と思いました!

[2012/09/22 00:47] | 気まぐれちい #- | [edit]
SBRさま≫

書き込みありがとうございます。

今回は仕事ではなかったんです。

これが仕事なら最高ですね。

また訪問させて頂きます。

[2012/09/22 04:56] | 世話人 #WGv/JGO2 | [edit]
気まぐれちいさま≫

いつもありがとうございます。

イワナはほかにも王道の焚火串焼きや、刺身、寿司、天麩羅、骨酒、等々...
いろいろ楽しめます。

子供の頃のキャンプ&飯盒炊飯、カレーは、自分もですが、皆さんの心の奥底に刻まれている原体験なのでしょうね。

登山、キャンプ、是非行かれて下さい。

また伺います。

[2012/09/22 05:03] | 世話人 #WGv/JGO2 | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://mordred1114.blog.fc2.com/tb.php/69-68bf2041

<< topページへこのページの先頭へ >>