『 和賀山塊 和賀川 大鷲倉沢遡行記 後篇 』

2012-09-22
和賀岳を巡る沢旅の二日目です。

19-1DSCF1931.jpg

前夜の宴の影響もあり、幕場出発は9:00過ぎでした。

19-出発DSCF1910

小鷲倉沢出合。

20-1こわしくらDSCF1912

幾つかの滝を高巻いて越えていきます。

20-2滝DSCF1914

20-3DSCF1921.jpg

暑くなってきたので、釜で戯れました。

20-4だいぶDSCF1917

20-5かまDSCF1918

綺麗なナメの渓相。

20-6なめDSCF1925

二段円形劇場の滝。左岸を高巻きました。

20-7円形劇場DSCF1929

10mチョックストーン滝では雨脚も強くなり、少々手こずりました。

20-8ちょっくストーンDSCF1933

右岸を大きく高巻きます。

20-9高巻きDSCF1935

懸垂で沢床に戻ります。

20-10懸垂DSCF1938

この滝から上部は源流の趣となってきます。

20-11-1なめDSCF1940

舗装道路のようなナメが続いてゆきます。

20-11DSCF1939.jpg

20-12DSCF1942.jpg

右岸上方には稜線が真近です。

20-13DSCF1941.jpg

最後は和賀岳南方の稜線に詰め上げました。

20-14げんとうDSCF1943

ガスの中、ザックをデポして和賀岳山頂を踏みました。

20-15和賀岳DSCF1945

15:00近くなってしまい、急いで薬師岳方面を目指し下山します。

20-16DSCF1954.jpg
(ガスが切れて和賀岳が顔を出します)

稜線にはリンドウが咲き誇っていました。

20-17りんどうDSCF1949

遡ってきた大鷲倉沢が眼下に望まれます。

20-18峡谷俯瞰DSCF1961

薬師岳遠望。

20-20薬師岳DSCF1965

素晴らしい稜線でした。

20-19りょうせんDSCF1964

薬師岳山頂。

20-21薬師DSCF1970

ここから雨脚が強まり、途中からはヘッドランプの光を頼りに、19:00前に車に帰還しました。
その後、脇に建つ立派な避難小屋で乾いた衣服に着替え、快適な一夜を過ごしました。

楽しみにしていた国内有数といわれるブナ大森林の光景は、闇夜で真髄を味わうことは出来ませんでしたが、
暗がりからもその鼓動を感じることは出来ました。

翌朝は早めに出発し、山里の風景を楽しんだりして帰路につきました。

20-22差とDSCF1980


憧れだった和賀山塊は素晴らしい山々でした。

次回は早春にテレマークスキーで駆け巡ってみたいです。


(コースタイム)

9/18 真木林道終点 7:00 - 甲山分岐 9:30 - コル 10:00 - 和賀川本流 - 12:00 - 
   - 下流幕場 12:30 (泊)

9/19 幕場 9:00 - 大鷲倉沢出合 9:20 - 10mCS滝上 13:00 - 稜線 14:30 - 和賀岳 14:45
   - 薬師岳 17:10 - 真木林道終点 18:50 避難小屋(泊)


どうぞ宜しくお願いします。
↓↓↓↓

にほんブログ村 アウトドアブログ ハイキングへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ



スポンサーサイト
tag :
コメント:
こんにちは~

今回もダイナミックな行程でしたね。
このぐらいになると、
相方もレベルが必要ですし、
そう簡単にはできないですね。
年齢的なものありますし、
うらやましいです。

悪あがきできるあと数年で、
もう少し上級なことにチャレンジしたくなりました。
[2012/09/23 12:25] | flowerh #- | [edit]
素晴らしい景色ですが
相当ハイレベルで体力がないと無理そうですね。しかも雨では
雨での行程は体力的にかなり負担になりませんか。
[2012/09/24 23:05] | ユッカリン #- | [edit]
flowerhさま》
いつもありがとうございます。
自分も結局、今シーズンは沢にはこの一度しか行けませんでした。
来シーズンから少しづつ回数を増やして、このジャンルにも復帰したいと思ってます。

お互い、体の動くうちに悔いなく山を楽しんでおきたいですね。

失礼いたします。
[2012/09/25 09:50] | 世話人 #- | [edit]
ユッカリンさま》

いつも素敵なイラストありがとうございます。

雨は、夏でも恐ろしいですね。

一番困るのは、折角の素晴らしい景色が見えなくなる事ですね。

でも楽しい山行でした。

失礼いたします。
[2012/09/25 09:55] | 世話人 #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://mordred1114.blog.fc2.com/tb.php/70-a72680cb

<< topページへこのページの先頭へ >>