17 番 丹沢三峰縦走コース (東丹沢登山詳細図)

2012-01-03
17番 丹沢三峰縦走コース 
(三叉路バス停~高畑山~本間ノ頭~丹沢山 = 11,340m。登高差1530m。登360分。降260分。登山道A級+。
 体力度3.ヒル指数1)

宮ヶ瀬湖から日本百名山の丹沢山(標高1,567m)をダイレクトに目指す登山コース。
尾根上部にある 本間ノ頭、円山木ノ頭、太礼ノ頭の三つのピークは丹沢三峰と呼ばれ親しまれている。
円山木ノ頭(標高1,360m)付近より上部のブナの植生が美しい。5月にはシロヤシオが咲き乱れ別天地となる。

本厚木よりの宮ヶ瀬行きバスで、終点手前の三叉路バス停下車、宮ヶ瀬北原信号を右折、
255mで丹沢三峰登山口

1-P5280583-20 mm

入山すぐで山ヒル忌避剤のコーナーがあります。(決して持ち帰らないで下さい)
4月~10月、コース下部~中部に山ヒルが出現します。登山詳細図、山ヒル防御法を御試し下さい。安全です。

2-P5280584-20 mm

下部の広い道型。

3-P5280586-20 mm

20番 春ノ木丸南ルートを合わせ210mで御殿森ノ頭下道標。(1/25000地形図 御殿森ノ頭表示部分より下方に位置)

4-P5280591-20 mm

宮ヶ瀬湖が眼下に望まれます。

5-P5280594-20 mm

現在の登山道ラインは尾根左を大きくトラバースしています。
高畑山には巻道もありますが、立ち寄りたいピークです。

6-P5280601-20 mm

22番 青宇治橋コースを合わせると、ラインは、尾根右手(北側)を大きくトラバースして行きます。

7-P5280604-20 mm

ルンゼごとに崩壊が進んでいて、橋が多く架けられています。

8-P5280611-20 mm

9-P5280612-20 mm

金冷し付近。

10-P5280617-20 mm

1,047mAL手前登り。

12-P5280630-20 mm

1,047mAL先。

13-P5280633-20 mm

本間ノ頭。

本間の頭

円山木ノ頭への登り。森が美しくなってきます。

15-P5280641-20 mm

16-P5280643-20 mm

円山木ノ頭。

17-P5280644-20 mm

太礼ノ頭、丹沢山方面遠望。

18-P5280645-20 mm

太礼ノ頭過ぎのブナの道。

19-P5280652-20 mm

21-P5280661-20 mm

ブナの大樹。

5-ブナ 見上げる

ツツジ。

6-1つつじ01

シロヤシオ群生帯。

22-P5280665-20 mm

大山三峰遠望。

23-P5280669-20 mm

バイケイソウが咲き乱れる最上部堂平分岐付近。

7-山荘直下分岐

丹沢山山頂、みやま山荘。

8-みやま山荘 朝

24-P5280670-20 mm(これまでの画像 photo by Hiroki Mori)


丹沢三峰コースはアップダウンも多い長大な登山コースです。

健脚者なら日帰りも可能ですが、ブナや花を楽しみながら辿り、みやま山荘に一泊してゆっくりと深山の雰囲気を
味わいたい...そんな登山コースです。


20番 春ノ木丸南ルート 
(春ノ木丸~丹沢三峰縦走路分岐 = 1,115m。登高差160m。登40分。降30分。ルートB級。
 体力度1.ヒル指数1)

21番 春ノ木丸周遊コース 
(宮ヶ瀬湖バス停~春ノ木丸~GS脇登山口 = 2,425m。登高差190m。登50分。降50分。登山道A級。
 体力度1.ヒル指数1)

宮ヶ瀬バス停から南東に170m進み、道標より登山道に取り付く。
(宮ヶ瀬湖キャンプ場南の山中を辿る)

2-宮ヶ瀬

尾根をトラバースして回り込み、県道70号トンネル上に出る。

3-1下部

春ノ木丸周遊コースは整備の行き届いたハイキングコースで、途中、宮ヶ瀬湖を望むことができる。

春ノ木丸南ルートは、以前辿られていた旧登山道で1/25,000地形図には今も表示されているライン。
廃道化が進み、解りづらい部分があるが、丹沢三峰尾根から宮ヶ瀬バス停に直接アクセスできる。


どうぞ宜しくお願いします。
↓↓↓↓

にほんブログ村 アウトドアブログ ハイキングへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ



スポンサーサイト
tag :
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://mordred1114.blog.fc2.com/tb.php/76-dfa923b5

<< topページへこのページの先頭へ >>