『 桂北~子孫山ノ頭付近 最終踏査 』

2013-02-22
今週頭より、脇腹裏付近の疼痛に悩まされています。

腎臓より3ミリ大の石が排出され、途中の管の中で痛みを生み出しているらしいです。

今週予定していた山スキー、地図調査をキャンセルしましたが、医師より治癒促進の為、運動をするよう指示され、明日からは、痛み止めを携行して、予定通り小仏峠に出向きます。(その後は地図調査、山スキーへも)

写真は、その前週に行った孫山北面の最終踏査のものです。

1-DSCF2938.jpg(桂北の集落)

桂北、八坂神社より新しい沢沿いの踏跡を辿ります。

2-DSCF2928.jpg

ブッシュが濃い部分もありますが、道型は明瞭でした。

3-DSCF2929.jpg

AL450m付近で大きく南西にトラバースし、桂北コースに合流しました。
トラバース分岐点に戻り、直接、子孫山ノ頭を目指し直登を試みます。

4-DSCF2931.jpg

子孫山ノ頭東方付近に出ましたが、一般向きではなく、モノにはならない感じでした。

5-DSCF2934.jpg

桂北コースを再計測して下りました。

6-DSCF2937.jpg

桂北集落からは、KI氏に頂いた情報の検証に、長福寺より子孫山ノ頭東尾根を目指します。

長福寺から急斜面を暫く登ると、ロープのフィックスされた明瞭な踏跡が現れます。

8-DSCF2941.jpg

KI氏の情報では、地元の愛好家により整備され、相模原市にも道標整備を申請中のルートとの事でした。

程なく東尾根上部のベンチ下に合流します。

9-DSCF2943.jpg

帰路は長福寺へは取らず、ロープに導かれ、踏跡を辿ります。

10-DSCF2944.jpg(春日不動)

11-DSCF2945.jpg
(桂北集落と中央道)

しかし、途中からブロックの敷かれたこの踏跡は、最終的に民家の駐車場裏に出てしまいました。

掲載は見送らねばと落胆しますが、一応この民家を訪ねました。

すると、出てこられた、この民家の主こそが、このルートを整備された藤本博道氏である事が判り、御家に招き入れて頂く事になりました。

12-DSCF2946.jpg

詳細図の説明や、このルートを詳細図に掲載させて欲しい旨などをお話ししたところ、敷地内の通行と併せて快諾頂き、他の貴重な情報等も頂く事が出来ました。

13-DSCF2947.jpg(藤本氏敷地。ガレージ先から入山します。)

藤本氏によると、裏山である子孫山ノ頭山頂付近には、イカリソウの群生地があり、4月中旬に見頃を迎えるそうで、この味わい深い裏山をもっと多くの登山愛好家に訪れて欲しいと思い、道を整備したとの事でした。

このような地道で理念のある活動には、本当に頭が下がります。


桂北からは相模湖駅に帰路を取りました。

14-DSCF2948.jpg

駅前のかどや食堂で寛いで帰りました。

15-DSCF2951.jpg(今はこれも我慢ですが)

かどや食堂の御主人には、いつも小仏峠でお声掛けを頂き、励まされています。

今回、かどや様に初めて伺ったのですが、奥様に詳細図を観て頂いたところ、
高尾山と東丹沢の詳細図を置いて頂けるとの御言葉を頂きました。(現在展開中)


今回の調査は、人の縁の大切さを再認識させられた有意義なものとなりました。

KIさん、藤本様、かどや様、誠にありがとうございました。


どうぞ宜しくお願いします。
↓↓↓↓

にほんブログ村 アウトドアブログ ハイキングへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ




スポンサーサイト
tag :
コメント:
お身体お大事にしてください。
協力的な方が多くて助かりますね。
[2013/02/22 23:25] | ユッカリン #- | [edit]
お大事に。
写真いつも素晴らしいです。
スキーうまいっすわ。
負けました...
[2013/02/23 18:02] | オー青 #- | [edit]
ユッカリンさま≫

ありがとうございます。

最近、厄が続きます。

頑張りたいと思います。

[2013/02/26 05:30] | 世話人 #- | [edit]
オー青さま≫

書き込みありがとうございます。

いろいろお褒め頂き、光栄です。

ありがとうございます。

今後とも宜しくお願い致します。
[2013/02/26 05:32] | 世話人 #- | [edit]
おおおおおおお!
ついに行かれたのですね~。
八坂神社からの沢沿いのルート気になっていたのですが、トラバース道に出るのかあ。参考になりました。
また歩きに行かないとなあ。
多分、あのトラバース道を歩いた人って林業関係の人を除けば僕と、世話人さんくらいですよ。(笑)

え?あのヤブを直登して子孫山ノ頭に出たの~!すごすぎです。

うわ~~~!
藤本氏とツーショットや~!
そうそう、僕が遭遇したのもこの人です。

タイル敷きの道を下って行くと、焚き火をしている男性がいて、思いっきり民家の敷地だったんでやばいなあ…と思って、おそるおそる挨拶したら、これがけっこう気さくな方で、「この道歩いてもいいんですかね?」「どんどん歩いていいよ!」って言われて感激しました。
こりゃもう、世話人さんに教えるしかないと思った次第です。

地図に載せても良い道かどうかの判断てひじょうに難しいですが、こういった協力的な方がいると助かりますね~。

できれば、ガレージにも指導標を設置して欲しいところですね。
[2013/03/12 22:49] | かず #8g9fDn/I | [edit]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[2013/03/14 06:42] | # | [edit]
かずさん

どうもです。

八坂神社奥の沢沿い径は藪が酷く、篤志家向けですね。

子孫山ノ頭まで直登するなら、有効なラインとなりますが、直登は悪すぎでした。


藤本氏、いい方でしたね。

ガレージ脇に立てたい道標も作ってお持ちしてみようかと思います。(笑)

また宜しくです。
[2013/03/15 13:36] | 世話人 #WGv/JGO2 | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://mordred1114.blog.fc2.com/tb.php/99-c9d680af

<< topページへこのページの先頭へ >>