北会津 飯森山

2018-04-02
遅い遅い今シーズンの初BCに行ってきました。(2018-3/27、同行者N上、M野氏)

IMGP1165 (680x510)

会津-米坂道の大峠トンネル、会津側より取付きます。

IMGP1124 (680x510)

IMGP1126 (680x496)

IMGP1127 (680x510)(飯森山遠望)

IMGP1129 (680x510)

稜線手前でトラバースして鉢伏山は大きく巻きました。

IMGP1136 (680x510)

IMGP1138 (680x510)

IMGP1139 (680x510)

デブリ帯の先にオアシスのようなブナ林がありました。

IMGP1140 (680x510)

トラバースを終え稜線のコル部分に出ました。

IMGP1141 (680x510)

山頂まであとわずか。

IMGP1145 (680x510)

山頂着。

IMGP1159 (680x510)

IMGP1152 (680x502)(飯豊連峰)

IMGP1158 (680x510)(朝日連峰)

同ルートを戻ります。

IMGP1163 (680x510)

動画です。
[広告] VPS


無事、大峠トンネル入口に戻りました。

IMGP1170 (680x510)

喜多方を通り、翌日登る予定の御神楽岳登山口、室谷を目指しました。

IMG_1598 (680x907)(銘店の来夢本店に立ち寄りました。)

宜しくお願い致します。
  ↓  ↓  ↓

にほんブログ村 アウトドアブログ ハイキングへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ



tag :

奥只見 袖沢 ミチギノ沢

2017-05-19
今シーズン最後のBC山行、奥只見のいつもの沢で、釣り、山菜、テレマークスキーを楽しんできました。
(N上氏同行。2017-5/16-18 )

1-IMGP0022 (680x510)

アプローチは小豆温泉より黒檜沢沿いで。

2-IMGP0008 (680x510)

3-IMGP0007 (680x510)(ルート上にはイワウチワが至る所に咲き乱れていました。)

4-IMGP0010 (680x510)

5-IMGP0013 (680x510)

6-IMGP0014 (680x510)(三ッ岩岳避難小屋)

御神楽沢方面へミチギノ沢を下降。

7-IMGP0015 (680x510)

動画です。
↓        ↓       ↓        ↓
[広告] VPS


二俣上にベースを設営。

8-IMGP0021 (680x510)

スキーを滑らせて釣りに出向きました。

9-IMGP0024 (680x510)

10-IMGP0026 (680x510)

ベースに戻り、岩魚刺身、山菜天麩羅などを作ってゆったり過ごしました。

11-IMGP0032 (680x510)

未丈ヶ岳に沈む夕日が美しかった。

12-IMGP0034 (680x510)

翌日も早起きして、釣と山菜採り、スキーなどを楽しみました。

1-IMGP0039 (680x510)

2-IMGP0038 (680x510)

ベースに戻り、料理を楽しみました。

3-IMGP0040 (680x510)

4-IMGP0042 (679x735)

この日はイタリア料理にして頂きました。

5-IMGP0044 (680x510)

最終日はベースを撤収し、5:30には歩き出しました。

6-IMGP0046 (680x510)

7-IMGP0049 (680x510)

三日目は小雨交じりで寒かった。

8-IMGP0051 (680x510)

桧枝岐に立ち寄って、風呂に行き、断ち蕎麦を食べ、歌舞伎所を眺めて帰りました。

9-IMG_1006 (2) (680x508)

10-IMG_1007 (2) (667x907)

11-IMG_1010 (2) (680x491)

12-IMG_1012 (2) (680x493)

今シーズン最後のスキー山行は、自分の山のスタイルの原点と云える、雪上での沢生活を楽しむ事が出来ました。
夏の沢登りよりも好きなスタイルです。

来週より新たな山生活と前向きなライフスタイルをおくっていきたいと考えています。

どうぞ宜しくお願いします。
↓↓↓↓

にほんブログ村 スキースノボーブログ バックカントリーへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ



tag :

仙丈ヶ岳 藪沢カール

2017-04-28
前回に続きます...

13-SAM_1797 (680x510)(仙丈ヶ岳)

停滞日は雨がしとしとと降り続き、翌27日は小雨の中を5:00に出発しました。

14-IMGP9962 (680x510)

直ぐに雨は上がりましたが、2,200m付近からは新雪が20cmほど積もっていました。

15-IMGP9964 (680x510)

16-IMGP9966 (680x510)(鋸岳 2200mから上に新雪のライン)

17-IMGP9968 (680x510)(アサヨ峰、鳳凰三山)

18-IMGP9969 (680x907)

19-IMGP9972 (680x490)(甲斐駒)

20-IMGP9970 (680x510)(富士山と北岳。No1とNo2.)

小仙丈ヶ岳からはタップリ雪に覆われた稜線を進みます。

21-IMGP9975 (680x510)

22-IMGP9980 (680x510)

23-IMGP9983 (680x505)(北岳)

24-IMGP9985 (680x510) (2)(仙丈小屋)

25-IMGP9987 (680x510)

途中、小仙丈カールを見下ろしました。
停滞日に滑る予定でしたが、また次回です。

26-IMGP9988 (680x510)

28-IMGP9991 (680x509)(大仙丈ヶ岳)

そして山頂。6.5hも掛かって到着。

29-IMG_0974 (680x510)

山頂脇から仙丈小屋に向かって藪沢カールを滑ります。

30-IMGP9993 (680x493)

31-IMGP9996 (680x510)

素晴らしいところでした!

32-IMGP9998 (680x503)

動画です。
↓        ↓       ↓        ↓       
[広告] VPS


33-IMGP9999 (680x496)

34-IMGP0001 (680x510)

藪沢は中下部でハーフパイプ状になり、今年は雪も多く、快適な滑降を楽しめました。

35-IMGP0004 (680x509)

しかし、大滝高巻き部分の夏道ラインが腐れ雪で悪く、難儀してやっと林道に辿りつきました。

36-IMGP0005 (680x510)

空のザックを背負って小屋を往復しデポ品を回収、16:15の最終バスに何とか間に合いました。

37-IMG_0975 (680x499)

一度、やってみたかった南アルプスでの山スキー、
中々大変なものでした。
しかし、労あってこその最上の果実が味わえます。
今年のような大雪のシーズンには、訪れる価値があると感じました。

岳友マイク氏も来週帰国します。
毎週付き合ってくれた氏に感謝です!

明日からの五月連休は小仏峠で頑張ります。

(コースタイム)
2017-4/27
北沢峠 5:00 ‐ 仙丈ヶ岳 11:30 - 大平小屋下林道出合 14:00~14:40(北沢峠往復) - 歌宿バス停 15:55

どうぞ宜しくお願いします。
↓↓↓↓

にほんブログ村 スキースノボーブログ バックカントリーへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ



tag :

小仙丈ヶ岳 雪投沢

2017-04-28
南ア、仙丈ヶ岳に行ってきました。(2017-4/24-27、同行者 マイク氏)

1-1IMGP9990 (680x510)

初日は移動日で、経由地の高遠で、丁度満開となっていた桜を愛でてきました。

2-IMG_0936 (680x505)

翌日は、仙流荘前から、この日が初日の8:05発、南アルプス林道バスで歌宿へ(6/15以降北沢峠まで就航)。

3-IMG_0944 (680x479)

歌宿からは6.7キロの林道を登り、北沢峠、こもれび山荘に10:30過ぎに到着。
余分な荷をデポし、仙丈方面に向かいます。

4-1IMGP9953 (680x510)(藪沢大滝ノ頭)

例年に比べて雪が多く、ワカンが必要な程でも無かったですが、ツボ足では踏み抜きもあり、苦労しました。

4-2IMG_0945 (2) (680x510)(甲斐駒ヶ岳)

4-IMG_0954 (680x510)

小仙丈ヶ岳で時計は14:30。ここから雪投沢を降りました。

5-IMG_0955 (680x493)(北岳)

6-IMG_0956 (680x510)(小仙丈カール。小屋のかたが滑った真新しいシュプールが輝いていました。)

7-IMG_0958 (680x510)

動画です。
↓         ↓        ↓         ↓         ↓        
[広告] VPS


8-2IMGP9960 (680x510)

林道から標高差300m上迄は非常に快適なルートでしたが、そこからなぎ倒された木が大量に転がる大デブリ帯となり、一旦板を脱いで進み、左方の密林を慎重に降りました。

8-SAM_1784 (680x510)

林道に何とか達し、峠に戻ります。

9-IMG_0962 (680x510)

ヨセミテ的な摩利支天、仙水峠方面の景色。

10-IMG_0963 (680x510)

16:30に小屋に戻りました。

11-IMG_0964 (680x504)

この後、翌26日は悪天となり、小屋に停滞。翌々日27日に再び仙丈ヶ岳を目指しました。

12-IMG_0968 (680x510)(小屋のおいしい夕飯)

②へ続きます...

(コースタイム)
2017-4/25 歌宿バス停 9:00 ‐ 北沢峠 10:30-11:00 - 小仙丈ヶ岳 14:30 ‐ 北沢峠 16:30

どうぞ宜しくお願いします。
↓↓↓↓

にほんブログ村 スキースノボーブログ バックカントリーへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ



tag :

仙ノ倉山 毛渡沢 東俣

2017-04-17
念願だった仙ノ倉、毛渡沢東俣を下降しました。(2017-4/14、同行者 マイク氏)

1-IMGP9939 (680x510)

7:00過ぎに元橋から入山。

2-IMGP9913 (680x487)

3-IMGP9914 (680x510)

稜線に出ると、仙ノ倉が目の前に。

4-IMGP9919 (680x510)

5-IMGP9924 (680x510)(苗場山遠望)

平標山は割愛して、笹穴沢源頭を大きくトラバースしました。

6-IMGP9927 (680x490)

仙ノ倉への稜線。普段は3月でも土が出ている事が多いのですが、4月中旬でこの様子。

7-IMGP9928 (680x474)

8-IMGP9929 (680x506)(平標山)

仙ノ倉までもうすぐ。

9-IMGP9930 (680x510)

そして山頂。

11-1IMG_0915 (680x509)

10-IMGP9932 (680x502)

11-IMGP9933 (680x510)

12-1IMG_0913 (680x498)

山頂北方より東俣に入ります。

12-IMGP9935 (680x510)

最上部はかなりの傾斜で、3割ほどが氷結していましたが、雪崩れる心配もなく、まずまずのコンディションでした。

13-IMGP9937 (680x510)

動画撮影にことごとく失敗し、唯一の動画がこれです。
↓         ↓         ↓         ↓
[広告] VPS


14-IMGP9940 (680x510)

下部は安全な尾根に逃げ、滑ってきた大斜面と自分たちのシュップールを振り返りました。

15-IMG_0919 (680x510)

16-IMG_0922 (680x510)

毛渡沢本流で一服。

17-IMGP9944 (680x509)

18-IMGP9945 (680x510)

一回だけ徒渉となりました。

19-IMGP9947 (680x510)

群大小屋付近から奥に、地形図に無い新しい林道と橋が出来ていました。

20-IMGP9949 (680x510)

除雪地点からは板を担いで土樽駅を目指しました。

21-IMGP9951 (680x510)

22-IMGP9952 (680x509)

急いで何とか水上行きに間に合いました。
この次は3時間後の越後湯沢行き。

23-IMG_0925 (680x502)

念願のルートをトレース出来て幸せでした。
今シーズン、雪が多くて、まだまだ融けなそうですね。

(コースタイム)
2017-4/14 本橋 7:00 ‐ 仙ノ倉山 11:20-12:00 - 毛渡沢本谷出合 13:00 ‐ 土樽駅 15:00

どうぞ宜しくお願いします。
↓↓↓↓

にほんブログ村 スキースノボーブログ バックカントリーへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ



tag :
<< 前のページへ << topページへこのページの先頭へ >> 次のページへ >>